トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅の終わりに

久しぶりの長旅だった。
セーケイ地方からカロタセグ地方へ、
トランシルヴァニアを東から西へと横切る、400キロの旅。
何度通っても、うんざりするほど
味気ない平坦な村が続いている。
ちょうど半分のところに位置する、マロシュ地方。

すでに日は沈んで、空はだんだんと青から暗闇へと変わるところだった。
もう6日も家を留守にしているので、上ふたりの子供たちが気がかりだった。
気もそぞろに車を走らせていたのだが、
不意にトイレに行きたくなり止まることになった。

村の公民館の前、
裏へと回ると、先は見渡す限り枯れ色の畑が広がるだけ。
もの寂しい風景に、荒れ果てたトイレが立っていた。
用をすませて戻ってくると、
旦那と次男のそばで誰がが話しているのを見た。
小柄の老人は、どうやら飲んでいるらしい。
大げさに、私の手に口づけをして挨拶をする。

先程買ったブドウを洗いたいので水を分けて欲しいと旦那がいうと、
「もちろん、もちろん。うちへ来なさい。」と張り切って案内する。
公民館のすぐ横に、家があった。
門を開け、家の裏手のほうにまわって行く。
「先に失礼。今日はトウモロコシの刈り取りで疲れて内のが寝ているから・・。」
扉はいっぱいに放たれると、
赤々とした灯りの下でおばあさんがベッドに寝そべっていた。

老人は、旅の夫婦と知り合ったことを話し始めると、
ものすごい剣幕で怒鳴りだした。
「あんた、嘘ばっかり言って!呑んだくれの、このくそったれ。」
痩せた老人がさらに小さくなって気の毒なほどだ。
戸口で目を丸くしたまま、どうしていいか分からず立ちすくんでいると、
「この、馬鹿バーリント!」
と追い打ちがかかる。
同時に、内のと同じ名前だと笑いがこみ上げてきた。
さぞ、旦那は後ろでビクビクしていることだろう。

やっと、鬼ばあさんは起き出して、戸口に私たちがいるのを見つけると、
「まあ、可愛い赤ちゃんまで。どうぞ中へお入り。」
と先程と打って変わった様子が変わった。
それから、和やかに談話がはじまって、
コーヒーはいかが、娘や孫たちを紹介しようと歓迎気分がふくれあがる。
先を急ぐとやっとのことで辞退をして、
車の中に乗り込んだ。
「また、この村に通りかかったら、立ち寄ります。」
そう約束をして。

再び、車は家路に向けて動き出す。
しかし、先程まで感じていた疲れも退屈さもきれいになくなった。
外の暗闇にたいして、あの明るい部屋の中は喜劇そのものだった。
いつか、また旅の途中に
ふたりのバーリントは出会うだろう。

















スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-10-17_05:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
そんなに長い旅をされてたんですね。
その家の有り様がなんかの古い映画を見てるような
映像が鮮やかに感じられました。
どこでもオトコは飲んだくれですね・・・。
その長い旅の成果はまたこのページでご紹介される事でしょう。
楽しみに待っています。
Re: No title
霧のまちさん、旅の手段が車になると
どうしてか旅の緊張感がなくなってしまうのを感じます。
むかしは深夜列車に飛び乗り、
どんな車両か(暖房はあるか、座る場所はあるか)など予測できない旅をしていました。
徒歩やヒッチハイクで行ったり、
宿も決まらないまま現地で探すこともありました。
小さな子供連れなので、快適なものになるのは仕方ないですが、
そういう刺激をこの一夜の出来事は思い出させてくれました。

また旅の成果をご報告できますのを楽しみにしています。