トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

赤い刺繍の革ベスト

やっとのことで旅の支度が整ったのは、10時過ぎだった。
オーブンから焼き立てのケーキを布で丁寧に包み、
沢山のプレゼントと、
6日分の着替えやおむつ、ベビーカーに寝袋を詰め込むと
車のトランクはもうパンパンに膨れ上がっていた。

今回の旅に同行するのは、1歳を迎えたばかりの次男だけ。
どんよりとした曇り空の下、薄暗いボガートの森を越えて
ザクセン地方のおとぎ話の村々を眺めながら、
マロシュ地方に入って昼食を取った。

今回は、いつもと違う道筋をいき、寄り道をする計画だ。
道に迷いながらも、渓谷のような道に入り込んだ。
両側には黄色く色づいた木々がカーテンののようにかかり、
秋の見事な色が夕暮れ時の空に美しく映える。
「なんて美しいところなんだ。」と思わず運転席から感嘆の声がもれる。
さらに、山のそそり立つ方に道が曲がっていくと、
まさに秘境といっていい風景が広がっていた。
村についた時には、雨が激しく降り始めていた。

一度だけ、ここに来たことがある。
今からちょうど18年前、まだ大学生だったころだ。
初めてルーマニアを訪れた時で、ハンガリー語科の学生たちと一週間のキャンプに参加した。
一日の遠足でバスに揺られ訪れたのが、ここだった。
大きな岩山の麓に抱かれた神秘的な佇まい、
白い漆喰とどっしりとした石造りの民家に、
ドイツ系ザクセン人の影響を受けた豪華な衣装、
そして博物館のやさしいおばあさんのことをよく記憶している。

「どうして、今までここに来なかったのだろう。」と旦那はしきりに感激している様子。
しかし、私の心はすぐれなかった。
土砂降りの中、今夜の宿を探さなければならないからだ。
前の晩に下調べをしたのだが、驚くことに村は民宿だらけだと知った。
いくつか選んで見せようとしても、「いや、すぐに見つかる。」と無下に断られた。
それで電話番号も控えずに、旦那にすべて委ねるつもりだった。

長いこと車の中で雨の音を聴きながら、次男と待っていると、
「そこのおばあさんと話してきた。」と旦那がずぶ濡れでやってきた。
「今、暖房をつけてくれるって。」
美しい家は沢山あるのに、私たちが門を押したのは、
至って平凡な住まいだった。
おばあさんが一人暮らしの傍ら、民宿を営んでいるようだ。
夏には観光客が多いだろうが、10月ともなればシーズンオフでがらんとしていた。
よりにも寄ってこんな雨の晩に、
行き当たりばったりで訪れる親子も珍しいに違いない。
観光用に作った奥の建物の、二階の一室に通されたが、
寒いので上着を脱ぐこともできない。
「もうすぐ、暖かくなるから・・。
大人だけなら断ったのだけれど、子どもがいると聞いたので受け入れることにしたのよ。」
と大人しそうなおばあさんが話す。

荷物を部屋に詰め込んで、簡単な夕食をとっていると、
「おばあさんが薪を切っているらしい。手伝ってくる。」と旦那が外へ出た。
部屋の中を見回すと、ブダペストの観光の本が二冊と、
テレビが置いてあるだけ。
窓辺には、青いクロスステッチのカーテンがかけてあり、
辛うじて村にいることを感じさせてくれた。
なかなか部屋が暖まらず、隣のシャワー室も使えそうにないので、
寒さで凍えるのではないかと不安に駆られながらも眠りについた。

朝がきた。
暖房が夜には効いたらしく、毛布のお蔭で暖かかった。
早起きをして旦那が部屋を出ていき、
私は持ち込んだパンをかじっていた。
「こんな美しいのに、どうして外に出ないんだ。」と
外から見える山の美しさをしきりに褒めたたえていた。
「おばあさんは、この村で一番古い鉄職人の娘だったそうだ。」
とすっかり宿の主人と親しくなり、仕入れたばかりの情報を披露していた。

秋らしく、風の冷たい朝だった。
灰色の雲が流れていき、岩山はその見事な輪郭をゆっくりと広げる。
セーケイの岩と呼ばれるその山は、
二度太陽が昇るという。
日中は高い山に太陽が隠れてしまうので、
朝と午後に顔を出すのはおそらく冬の間のことだろう。

torocko (2) 
トロツコーの住民がこの地を選んだのは、
景色の美しさではなく、鉱山で働くためだった。
天然資源で村は潤い、堅固な作りの家に、
見事な衣装を生み出すこともできた。

やがて旦那が帰ってくると、興奮した面持ちでこういった。
「今、そこで信じられないものを目にしたよ。」
おばあさんが仕事をしているそばで話していると、
何気なしに柵にかけてある革のベストが目にかかった。
「それ、どうしたんですか?」と尋ねると、
「そうね。もうじき暖炉にくべることになると思うわ。」とそっけなく答えた。
そうして、慌てて譲ってもらうように頼んだという次第だ。

漆喰のような白い革に赤い刺繍が連続模様となって、表面を鮮やかに彩る。
コーチングステッチでできた線をなぞって見ていると、
バラやチューリップなどさまざまな形が浮かんでくる。
襟から前の打ち合わせにそって、
キツネだろうか、ふわふわとした毛が覆っている。
ポケット部分の片側は、確かに虫食いでところどころ損失しているようだ。
それでも年代を考えると、十分に良好な状態だ。

私たちは、二日分の宿代を置いて帰った。
不思議な縁で私たちのもとに、世にも美しい革のベストが巡ってきた。

torocko (13) 
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-10-30_13:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント