トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トロツコーの刺繍を訪ねて

宿を出ると、村のはずれの博物館へ向かった。
中庭のある建物の二階へ登ると、渡り廊下の前にもやはりダイナミックな岩山がそびえていた。

まず鉱山で働く人々に必要な鉄器具の展示物を眺め、
それからやさしい赤色が私たちを迎えてくれた。
閉ざされた環境でいかに長い冬を過ごしてきたか、
名もない女性たちの息遣いが感じられる。

  torocko (6) 
赤と濃い青の枕カバーを積み上げた、飾りベッド。
クロスステッチとサテンステッチのふたつの刺繍が見られる。
ふっくらと立体的なサテンステッチは、図案も入り組み、見ごたえがある。

torocko (5) 
年代や既婚未婚の違い、夏冬などの季節に応じて、
ひとつの村でもさまざまな衣装が見られる。
白いヴェールをかぶった花嫁衣装は、とくに美しい。
ザクセン人の影響を受けているのは、
銀のメダルやベルトなどの装身具。
赤い刺繍のブラウスは、いかにもハンガリー人らしい。

むかし、村のおばあさんにトロツコーの衣装を着せてもらったことがある。
とびきりの美人の後輩は、赤い刺繍にリボンの冠をいただく花嫁衣装に身を包み、
私はその横で青い刺繍のブラウス、スカーフを頭に巻いていた。
きのうの宿のおばあさんによると、
青いブラウスはお嫁にいけなかった女性の象徴ということだ。
ともいうおばあさんの妹さんも、青いブラウスを身につけていたらしい。
閉鎖的な村社会の中で、いかに屈辱的な思いをしたに違いない。

トロツコーには、ボビンレースも有名だった。
トロツコーのレースと呼ばれ、エプロンの端などに施されたが、
カロタセグ地方にまで輸出されたのは面白い例である。

torocko (11) 
いつか出会ったおばあさんが個人の展示室を持っているのだが、
おばあさんは高齢のため案内できず、家族のものも不在とのことだった。

今でも、この村で刺繍をする女性はいるのだろうか。
村で聞き込みをして、村のはずれまで訪ねて歩いた。

torocko (3) 
ドアをノックして、おばあさんがやさしく迎えてくれた。
刺繍を見せてほしいと告げると部屋に通される。
あたたかい空気とともに青い刺繍が目に飛び込んできた。
「今ちょうど刺繍を広げて刺していたところよ。」

刺繍枠を使い、サテンステッチでできた花模様のトロツコーの刺繍は、
80年代に図案集としても刊行された。
まるで織り機のような、自家製の頑丈な木の枠に巻いてある。

torocko (12) 
図案も自分で描くのかと尋ねると、
「私は、トロツコーのとなり村で生まれたの。
そこで図案を描き、刺繍をする人がいて、彼女に習ったのよ。」
長いあいだ、町で暮らしていたが、定年後に夫婦で村に帰ってきたという。

torocko (14) 
上から針を入れて、下の手で受け止め、
さらに下から上へと運ぶ。
吸い込まれるようにうっとりとその手の動きを眺めていると、
時間を忘れてしまいそうだ。
旦那に出発をせかされて、
今度来るときに刺繍を教えてほしいと頼むと、
おばあさんは「もちろんよ。時間ならいくらでもあるから。」と答える。

torocko (1) 
車に乗り込む時には、もう青空が広がっていた。
手がとどくほどの美しい山に手仕事のある村。
後ろ髪を引かれる思いで、この旅の目的である洗礼式のために
カロタセグ地方へと旅立った。





スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|その他の地方の村|2016-11-07_19:49|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
少なくなったとはいえ、このような刺繍をとても大事にしている
村の方々の気持ちが伝わります。
ここは青い糸一色で刺すんですね~。 多色を使ってカラフルにする
やり方は意外に少ないんですね。
きっと図案の一つ一つに意味が含まれているんでしょうね。
Re: No title
トロツコーは、カロタセグとは違い、
ひとつの村なので共同体も小さいです。
村は観光で栄えるところですが、
やはり若い人たちは出て行ってしまうようです。

トランシルヴァニアのハンガリー刺繍は、単色使いが一般的です。
それも、古い起源のものが良い状態で残っていることを示すものさしだと思います。
図案についても、どのようにして残されているのか、興味があるところです。
冬の謝肉祭の時期に、お祭りを見がてら村に行く計画でいます。