トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イースターのカロタセグ、手芸の旅ツアー

4月のトランシルヴァニア。
冷たい大地がやわらかな若草色に染まると、
人々は新たな季節を迎えるために身支度をはじめる。
色とりどりの衣装に身をつつんで、
厳かな足取りで教会へと向かう。
イースターの日曜日。

IMG_3720_20170115161356d28.jpg 
カロタセグ地方に残る、清潔の部屋。
村人たちは、先祖から受け継いだ
極上の手仕事を大切に守りながら、
聖なる空間を生み出しています。

IMG_2391.jpg 

おばあさんたちが紡ぐ伝統刺繍。
いくつかの村には未だに昔ながらのやり方で、
美しい手仕事を生み出す黄金の手があります。

kalotaszeg10_2017011516135707a.jpg 
イースターのカロタセグを訪ねる旅。
異国の地で、春を迎える祭典に参加しませんか?
ご希望の方はこちらまでご連絡ください。
(8名様の定員に達した時に、募集を終了させていただきます。)

*たくさんのお問い合わせ、ならびにお申し込みをありがとうございました!
おかげさまで定員に達しましたので、次回の企画を楽しみにお待ちくださいませ。

スポンサーサイト
comments(6)|trackback(0)|その他|2017-01-15_06:24|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
8名のツアーなんですか? 素晴らしい・・・。
出来たら参加したいのですが なかなか事情が許しません。
昔、少し交流のあった みやこうせい氏の美しい写真集のそのままの
世界ですね。 思いが遠くのその地に飛びます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
霧のまちさん、手芸ツアーはずっと構想していたのですが、
カロタセグ地方の村の観光化は思い悩むところでした。
村のペンションや民家に宿泊して、
一番美しいイースターの礼拝を見ること、
村に残る手芸を受け継ぐおばあさんたちとの触れ合いが目的です。
来年もぜひ企画したいと思いますので、
いつかこちらでお会いできるのを楽しみにしています。
Re: No title
Sさま、申し訳ございません。
メールアドレスが開けませんでしたので、
こちらまでご連絡頂けませんでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。
tououzakka_iciripiciri@yahoo.co.jp

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 手芸の旅ツアーに関して
Nさま、ご連絡をありがとうございます。

まだ手芸ツアーは募集しております。
時期は4月中旬となります。
航空券を早くに抑えないといけませんので、
1月から2月はじめまでに本予約をしていただくことが条件となります。
詳細をお伝えしたいのですが、
以下のメールアドレスまでご連絡頂けませんでしょうか?
tououzakka_iciripiciri@yahoo.co.jp