トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ジプシー市場の贈り物

まだ冬の入口にさしかかった、ある日のこと。
町に寄ったついでに、ジプシー市場に立ち寄った。
トランシルヴァニアにはさまざまなジプシーが定住しているのだが、
特にガーボル・ジプシーと呼ばれる人たちは、流浪の民としての歴史が長く、
民族衣装に身を包み、伝統に固執することで有名だ。

男性は大きな帽子をかぶり黒づくめの服を着て、大きな髭を生やしている。
一方、女性はというと華やかな花柄の衣装を身に付け、長い髪をスカーフで覆っている。
そうした商人ジプシーたちが、古着などを売っている。


車から降りて、私は次男を抱き、
旦那は長女の手をとって買い物をしていた。
それほど寒さも厳しくなかったので、
子供たちにそれほど厚着をさせずにいたのだが、
ジプシーの売り手のおばさんがそれを見て、驚いた風にこういった。


「まあ、子供たちが風邪をひいたら大変。」
すぐに、売り物のスキースーツや帽子をご主人に持ってこさせ、
「これを着させなさい。」と言って手渡した。
赤いスキースーツと青いスキースーツを頭から被せて、
耳まで隠れる毛糸の帽子をかぶせると、子供たちはいかにも雪国育ちのようだ。
1歳の息子と3歳の娘を抱きしめると、
金髪で青い目をしたおばさんに笑顔で手を振った。





スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2017-02-14_11:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
聖子さん、旅は定員に達してよかったですね~。
ジプシーの方々、ちょっと怖そうですが いいとこありますね。
とっても人間的なんでしょうね。
インドの西部 ラジャスタンが発祥の地と言いますが
流れて流れて 各地に散ったんですね。
Re: No title
霧のまちさん、1月中にすぐにお集まりいただいたので、
決行となりました。ありがとうございます。

市場のジプシーは、裕福な商人のジプシーなので、
怖そうな人たちも確かにいますが、比較的信頼できます。
子ども好きな人が多く、子供がいると優しくしてもらえます。
ルーマニアはもう定住しましたが、
ヨーロッパの中でも、ブルガリアとならんでジプシーが多いと聞きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。