FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

イースターのカロタセグ、手芸の旅ツアー

4月のトランシルヴァニア。
冷たい大地がやわらかな若草色に染まると、
人々は新たな季節を迎えるために身支度をはじめる。
色とりどりの衣装に身をつつんで、
厳かな足取りで教会へと向かう。
イースターの日曜日。

IMG_3720_20170115161356d28.jpg 
カロタセグ地方に残る、清潔の部屋。
村人たちは、先祖から受け継いだ
極上の手仕事を大切に守りながら、
聖なる空間を生み出しています。

IMG_2391.jpg 

おばあさんたちが紡ぐ伝統刺繍。
いくつかの村には未だに昔ながらのやり方で、
美しい手仕事を生み出す黄金の手があります。

kalotaszeg10_2017011516135707a.jpg 
イースターのカロタセグを訪ねる旅、今年も開催いたします。
3/29(木)~4/4(水)までの期間となります。
(うち現地滞在は3/30(金)早朝~4/3(火)午後の5泊5日)
異国の地で、春を迎える祭典に参加しませんか?
ご希望の方はこちらまでご連絡ください。
(8名様の定員に達した時に、募集を終了させていただきます。)

*今年は募集定員に達しなかったため、
見送らせていただきます。また次の募集をお待ちください。

スポンサーサイト
comments(6)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2017-12-31_21:54|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

旅を、思い出します。
民族衣装も、刺繍であふれる部屋の様子も、古い立派な門の前のベンチでおしゃべりする老人たちの姿、12/5の写真の道や民家の風景、そして荷馬車、・・・・・どれも、5年前の春に旅して、郷愁をそそられたルーマニアの風景です。

ちょうどイースターの時期で、、車を止めて子共たちが、カラフルなタマゴをもらう様子を見ていたら、その家のお婆さんに招かれて、刺繍であふれる部屋に案内され、サルマーレやお菓子なども、御馳走になりました。

ルーマニアは、何で、こんなに心に滲みるのでしょうね。
ルーマニアは素晴らしいと、旅の知人に話したら、彼ら夫妻も2年ほど前に、私が現地で買った道路地図を持って、出掛けました。

その彼ら夫妻とは、今月の12月に、クロアチアのザグレブで合流して、ヨーロッパNO.1と言われるクリスマス・マーケットを楽しみました。
私自身は、ヨーロッパ・レンタカーの旅は、年齢的にももう店じまいだな~!と、そんな思いで居ます。

彼の旅のサイトにも、掲示板・海外をクリックすると、そのクリスマスの様子がチョコっと乗っています。
http://don-quijotes.com/
Re: 旅を、思い出します。
Kiyaさま、ご無沙汰しております。

今年もヨーロッパの旅に出かけられたのですね!
知らない土地で慣れない車を運転するのは大変なことですが、
それ以上に旅の魅惑がそうさせるのでしょうね。

クリスマス市の様子、拝見させていただきました。
同じ旧社会主義国でも、ザグレブの華やかな様子に驚きました。
こちらは地方都市ですし伝統も長くないので、
クリスマス市はそれほど賑わいません。

いつかまたルーマニアの我が家に列車で訪ねて下さいませ。
私も運転しますので、車で近郊ならご案内できます。
車がないといけない素敵なところもたくさんあります。

イースターのルーマニアには、特有の清々しさ美しさがありますね。
人々のやさしい信仰心がそうさせるのでしょうか。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: イースター手芸ツアーについて
2018年は3/29(木)~4/4(水)となります。
イースターの日曜が1日に当たりますので、
現地滞在はそれをはさんだ前後5日間です。
去年のパンフレットなどお送りいたしますので、
よろしければこちらからご連絡くださいませ。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01117000
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 初めまして。
Ryokoさま、はじめまして。

ルーマニアに移住されてこられたばかりとのこと、
これからさまざまな新しいことばかりだと思います。
クルージは大学都市でにぎやかな街ですし、
日本人をはじめ外国人が多いので住みやすいかと思います。
私は2000年に半年間、クルージで学生として暮らしていました。
あの頃から比べると、多くが変わったと思います。

どうかルーマニアの暮らしが充実したものとなりますように。
またお越しください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。