FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

霧のなかのお正月

2018年の幕開けはことに静かだった。 
大晦日は集まらず、町外れの森のなかの泉で家族だけで お祝いをした。

「黄金の水」という言い伝えがある。
大晦日の深夜12時に湧水を汲みに行き、
その水を一年間ずっと大切に取っておくと幸運がやってくるという。
オレンジ色の電球がともる森の中で、
湧水の流れる音を聞きながら過ごした。


その翌日、朝目覚めると珍しく空が青かった。
太陽の光がそそぐ冬の日は、短く貴重だ。
心が急かされるように外に飛び出した。

  telikirandulas (2) 
何もない原っぱの中でも落ち葉を拾ったり、
小枝で家を作ったり。
自然は果てしない想像力を培ってくれる。

telikirandulas (3) 
木の上にレモン色に輝く実を見つけた。
寄り木だ。
旦那は手に取り、その実がくっつくことを見せて、
小鳥が食べて遠くへと運んでいくことを話していた。


telikirandulas (4)

どこまでも散歩をしたい、うららかな昼下がりだった。
しばらく行くと、谷間にぶつかってしまった。
遠回りをしようか迷っていると、近くに犬が二匹いた。
私たちに気づいているのかどうか。
「近くに羊の群れがいる。」
そういう状況に何度となく合ってきたので、
どれだけ危険かということは熟知している。
隠れる場所もどこにもないので、仕方なく、
その木に娘をのせて、次に私がよじ登り、
次に次男を旦那から受け取って抱きかかえて、
最後に旦那がよじ登った。

低木に家族4人がぶら下がる、不思議な光景。
しばらくして、羊の群れがゆったりと目の前を通り過ぎていった。
先ほどの犬はかなり近くまできて、吠えている。

やっとのことで、羊の群れをやり過ごして引き返そうとすると、
不思議なことが起こった。
白い雲が降りてきて、見る見るうちにあたりを包み込んだのだ。
先程までの青い空も、遠くの丘も何もかもが姿を消した。
見えるのは、影絵のような木々だけ。

 telikirandulas (5) 
太陽がぼんやりと照らしているのが、
まるで投影機のようだった。
すっかりミルク色の霧に包まれてしまった。
先ほどまで見ていた風景が一変して、
木々のかたちが墨絵のようで美しい。

telikirandulas (8)

先が見えない原っぱの中、
私たちはおそるおそる車を止めた小道へと引き返していく。

telikirandulas (9) 

森の中でも、木々が濃淡に色を変えて、佇んでいる。
森の動物たちもさぞ、この気まぐれな天気に驚いていることだろう。


telikirandulas (7) 
天の恵みのような、お正月の散歩。
今年もたくさん、自然の不思議に触れられる年になるといい。




スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2018-02-26_01:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。