FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

トロツコーの謝肉祭(前)

3月に入り、大寒波がやってきた。
大雪はまたたくまに氷に変わり、
大地は厚い雪と氷で覆われてしまった。
私たちがトロツコーを目指したのは、
ちょうどその日最高の寒さが訪れた直後だった。

国道から山沿いの道へとそれ、
両側を山に挟まれた渓谷の間を奥へ奥へと入っていく。
しばらく行くと、目の前に巨大な山が姿を現した。
通称「セーケイの岩」と呼ばれる山である。
トロツコーはその山の裾に位置する、世にも美しい村である。

torockoi farsang 
村人たちのご先祖は、鉱山で働くために、
このような美しい場所を選んで移り住んだ。
光を浴びない、過酷な暗闇の生活から
週末になると、この美しい村へと帰ってきたのだった。
白い漆喰の壁には花や柱のレリーフが浮き上がり、
土台は石で固められたどっしりした強固な家。
女性たちは、祝日のために
手仕事の腕を磨き、世にも美しい衣装や布を作り出し、
週末のご馳走を用意した。

花嫁衣装は、金糸のボビンレースで作り上げた花嫁の冠、金のベルトにメダルなど、
とても村の衣装とは思えないほど、豪華なものである。
そうした品々は作ることもなくなり、
今や村でも数えるほどしか残っていないという。
謝肉祭は、衣装を着ている姿が見られる貴重な機会なのである。

謝肉祭の前日、私たちは村に到着した。
ペンションの部屋に荷物を降ろし、軽い軽食をとってから、表へと出かける。
村に個人博物館があるのだが、
前回は管理人が不在だったため見ることができなかった。
私が初めてトランシルヴァニアを訪れた99年の夏に、
ここに連れて来てもらい、イダおばあさんに衣装を着せてもらったことがある。
そのおばあさんも90歳になり、動けないので、
今は娘に管理してもらっているそうだ。
娘さんの家を訪ねて、博物館をみたい旨を申し出る。
「今は誰も住んでいないので、雪が深いから・・・。」
となかなか承諾してくれない。
「明日ここで着付けをしなくちゃならないから、今日は無理ね。」
それでは、せめて着付けをするところを見せて欲しいと懇願して、
明日の1時頃に訪ねることになった。

もしかしたら、他にも衣装や清潔の部屋があるかもしれないと
旦那と話しているとき、後ろから声がした。
「ああ、それなら。妹のところに案内するよ。」
見ると、小柄なおじさんが赤い顔をして酔っ払っているようである。
私たちが相談する間もなく、ついてこいと、
おじさんはどんどん歩いていく。
整然と古い家が軒を連ねる村の中心から、奥のちいさな通りへと坂を登っていく。

「明日の謝肉祭には来るかい?
俺が、一番の役になるんだ。
みんなにハートをつけるからね。」
ふらふらとした足取りで、話しつづける。
「俺が一番、背が高くなるのさ。」
女の私より小さなおじさんが真面目な顔で言うので、
「ああ、竹馬に乗るのね。」と合点した。

そうしている内に、妹さん宅に着いた。
迷惑な客の突然の訪問に関わらず、部屋を見せてくれた。
淡いグリーンの背景に、細やかな花模様の描かれた
小箱や木枠など制作したばかりの品々が並んでいた。
「あの、刺繍などは・・。」
「ないわ。」
おじさんは、手仕事と聞いて絵付けのことを考えたのだろう。
それから鳩小屋も見学させてもらい、
今度はこっちだとおじさんの案内はつづく。

おじさんが会う人会う人と言葉を交わすと、
相手が苦笑しながらも、やさしく笑顔を返すところに、
ヤニおじさんの人となりが伺えた。

次はパン屋さん。
5キロもの巨大なパンが棚に並び、
入れ替わり立ち代りに村人たちが買いに来る。
村ではパンを買うのにも、
あらかじめ予約をしないといけない。
「明日がお祭りなので、こっちも大忙しよ。」とおばさんが言った。

村のはずれはひっそりと静かで、人の住む気配がない。
それもその筈だ。
炭鉱者の村だったトロツコーは、鉱山が閉鎖されると
人々は生きていく糧を観光に見出した。
ペンションや観光業で生きていくのにも、
冬場はほとんど収入がない。
若い働き手はよそへ出ていき、
次々と空家はハンガリーの観光客に手に渡っていく。

「ここが村で一番古い家だよ。
17世紀にご先後がここに移住した頃に建てられたんだ。」
斜めに倒れかけてはいるが、屋根もきれいに修復されている。

家と家との間の隙間におじさんが入っていく。
「ここが近道だ。」
わずかに大人一人がやっと入るくらいの小道。
石造りの壁を手で触れながら下り道を行くと、
まるで子供時代の探検を思い出す。
気が付くと、村の中心に出ていた。

今度は橋を渡り、村の反対側の通りへと向かった。
「俺たちは毎晩、子供たちが寝静まってから
山に登ってソリをするのさ。
ホットワインを飲みながら、村の坂道をすべり降りるのは最高だ。」
と嬉しそうに話す。
娯楽の少ない村にあって、こんな楽しい夜の過ごし方を知っているのは幸せなこと。

通りの脇に溝があり、鯉が泳いでいる。
「この水路も俺が作ったんだ。」
石で積み上げられた水路、そして古い水車が立っていた。
おじさんはここでも我が家のように門をあけて、どんどん中へ入っていく。
水車小屋の中には、17世紀古い木製の粉砕機が立っていた。
「隣の部屋に持ち主が住んでいて、
粉が挽きおわると、このベルが鳴るんだ。」
正面には、美しい印が刻まれている。

torockoi farsang (5)


 隣の住まいは、展示室に改装してあった。
時間にゆとりのあった、古き良き時代に思いを馳せることができる。

torockoi farsang (1) 
6時もすぎ、夕食の時間が近づいてきた。
そろそろペンションに帰らないと、と言っても、
おじさんはまだ先があると請け合わない。
村の湧水を通って、何を思ったのか
雪深い山道を進んでいく。
幸いにもスノーブーツを履いていたから良かった。
真っ白な道に足あとを残しながら、日が陰りゆく村のはずれを歩き続ける。
目の前に巨大な山の岩肌が迫っていた。

torockoi farsang (3) 
山の端に来た頃、
「生まれたてのヤギを見せてあげよう。」とウィンクする。
村へ降りると、そこはヤギの牧場だった。
活気のある動物の鳴き声が響き渡る、
柵の横には、生まれたばかりの子ヤギが倒れていた。
「昨夜は、氷点下20度を下回っていたわ。
動物たちもこの寒さでは大変。
たくさんのヤギの中で可哀相だけれど、死んでしまう子もいるの。」
とおかみさんが語る。

村に下った頃は、もうすっかり暗くなっていた。
思いがけない一日の締めくくりに、
「パーリンカを飲もう。」と知人の家に入った。
ちょうど夕食時で忙しいはずなのに、
キッチンに入るヤニおじさんと私たちに
おかみさんが蒸留酒をそそぐ。
突飛のない行動であちこちに出没するけれど、
誰しも苦笑を浮かべながらも、迷惑そうではない。
おじさんの人格のなす技なのだろう。
明日はどんな姿でおじさんを見かけるのか、楽しみだ。









スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|イベント|2018-03-10_14:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
真冬並みのすごい雪ですね~。寒そう・・・
ちょっと怪しいおじさんの案内は けっこう不安ですね。笑
さあ、明日はどんなものが見られるか、私も期待してしまいます。
Re: No title
霧のまちさん、この冬は雪がほとんど降らなかったのに、
3月になって大雪と寒波がきました。
あれから10日が過ぎましたが、もう小春日和です。

女性だけなら、怪しいおじさんの案内は遠慮したかもしれません。
旦那も一緒だったので、楽しめました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。