トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグ、空色の教会

1月のある日、
私たちはカロタセグ上地方の村を訪れた。
村の中心にある、教会の中へと入る。
真っ白な壁に、まるで青空のようなブルーが鮮やか。
壁にはドロンワークのタペストリー、
その白が清々しい。


kektemplom (8) 

カルバン派教会に描かれているのは、
キリストでも聖人でもなく、素朴な植物模様だけ。
まるで村の民家にいるような、温かさを与えている。


kektemplom (5) 

天井から下がるのは、村人たちが麦の穂でつくったシャンデリア。
つり鐘の形をしている。


kektemplom (1) 

「天井を見てごらん。」とささやき声がする。
あの鮮やかな空色で囲まれた中に、
さまざまな物語が浮かんでいるでしょう。
四季折々の植物に、太陽に月、そして星たち、
知恵の実を守る蛇に、海の神さまポセイドン。


kektemplom (7) 

「あの2つの頭をもつ鳥はなに?」
あれは、オーストリア・ハプスブルクの紋章にもあるシンボル。
「双頭の鷹」と言われるもの。
それに、夏にやってくるコウノトリだっている。


kektemplom (6) 

教会の入口には、花びんから花が伸びるモチーフが描かれている。
刺繍にだって同じものが見られるでしょう。


kektemplom.jpg 

これは、牧師さんがお説教するときに上がる台。
ここで話をするつかの間は、この教会の王様になるんだ。
その証拠に、台の上に王冠がかぶさっている。
ここにもカロタセグならではのモチーフが見られるでしょう。


kektemplom (2) 

教会のブルーのように、澄んだ青色の瞳をもつ、
鍵番のおじいさんがこう言った。
「パイプオルガンを弾いてあげよう。」


kektemplom (3) 

おじいさんは、軽々と古い木の階段を登っていく。
「これは、古いオルガンだからね。
空気を送ってあげないといけない。」
旦那が木製のペダルを押している間、
おじいさんは厳かにオルガンを奏ではじめた。
その音は、太くてやさしく、
天から降りそそいできた。
冷たく静かな教会に、温かく染み入るような音色。

83歳のアンドラーシュおじさんは、
日曜日がくるたびに、こうして清らかな音階を奏でつづけている。


kektemplom (4) 

正面から見たところ。

 

そして、横から見たところ。

 
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2018-03-18_00:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
何て素晴らしい教会でしょう! 教会と手仕事は切っても切れない関係
なんですね~。 麦の穂のシャンデリアも天井の造りもため息が出るほどです。
長い間かかって村の有志が寄贈したりしたんですね。
これはもう世界遺産ですね。
消してはいけない素晴らしいものがいっぱいそちらにはありますね。
Re: No title
霧のまちさん、カロタセグ地方には
各地にこのような古い天井画が残っています。
私もこの四角く区切られた天井画について調べてみたのですが、
日本のお寺にもよく似たものがあるので気になっていたら、
インドのアジャンダ遺跡が起源のようです。
ヨーロッパはここだけなのか、
まだ他にも古い物が残っているのかわかりませんが、面白い関係性ですよね。

村人たちが力を合わせて手作りした教会、
カルバン派教会はまさにそんな雰囲気です。