トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

羊を追うひと


冬の合間に、ふと温かな日がやってくることがある。
そんな時に青空が見えたら、それは遠足に絶好の機会だ。
裸の大地も、太陽の光のおかげで温かく見える。


juhasz (1) 

何もない大地でかけっこをする子どもたち。
突然、娘が大声をあげて駆けてきた。
羊の群れが目の前に現れたのだ。
羊の群れには猟犬がつきものであるから、緊張が走る。


juhasz (5) 

そのとき、心配は無用と羊飼いの声がした。
羊飼いのおじさんはロバをひいてゆっくりと歩いていく。
「ロバに乗せてあげると言っているよ。」ルーマニア語を通訳する旦那の声がする。
勇敢にも、娘はひとりでおじさんに向かっていった。


juhasz (10) 

町からの旅行者に慣れているのか、
おじさんは娘を抱き上げて、ロバの背に乗せてくれた。
「写真を撮ってあげなさい。」
子供好きそうに、やさしく微笑んだ。


juhasz (9) 

やがて、おじさんが行くと、
私たちを警戒して足踏みをしていた羊たちが
一斉に丘をすべり降りていく。


juhasz (4) 

まるで川が堰を切ったようだ。
その勢いは、動物ではなく水の流れを見ているように錯覚させる。


juhasz (8) 

あるものは脇目もふらず、ただひたすらに主人めざして駆けてゆき、


juhasz (7) 

またあるものは、こちらを心配そうに覗いながら、
子を想い、兄弟を想い、
「気をつけてね。」と声をかけながら歩いていく。


juhasz (3) 

しばらく無言でこの大移動を眺めていたのが、
群れの終わりが見えてくると、名残惜しくなったのか、
子供たちは後ろをついてく。


juhasz (2) 

あっという間に点になっていく、羊たち。
無駄とは知りながらも、その群れを必死になって追いかけていく子供たち。
冬の遠足は思いがけない体験をもたらしてくれた。


juhasz (15) 
この大地が、若草色に染まるのはいつになるだろうか。
冬の終わりはなかなかやってこない。


スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2018-03-21_01:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
羊飼いの人がいるんですね~。  彼の細長い帽子が面白いです。
羊からは羊毛を取るのでしょうか? または食用??
北海道以外には日本に無い風景ですね。
ちょっと寒くて春にはまだ間がある静かな素敵な景色です。
ロバ体験、良かったですね!!
Re: No title
霧のまちさん、今でも町や村のはずれは羊の群れが多いです。
細長い帽子も羊の毛でできています。
ルーマニアでは、チーズにすることが多いですが
イースターの時期は子羊がご馳走になります。
日常の中で、こういう沢山の動物に囲まれると
一気に非日常が訪れる感覚です。


羊飼い
私はルーマニア北部で、初めて羊飼いを見ました。 
じーっと立っている姿をみたときは、なんとも言えない気持ちでした。

やっぱり、詩のような別の世界だなーと、思います。

Re: 羊飼い
Kiyaさん、ご無沙汰しております。
お元気でいらっしゃいますか?

ルーマニアの羊飼い、
時間がまったく別のペースで流れているのを感じます。
またのんびりした風景を見にお越しくださいませ。