FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

花の日曜日-信仰告白式

イースターのちょうど一週間前。
町のルター派教会で、長男の信仰告白式が行われた。
この日のために、この二年間、聖書の時間で勉強をつづけてきた。

160問からなるカーテーと呼ばれる小冊子に、
聖書や教会についての知識が詰まっている。
プロテステスタント教では、生まれてすぐに信者になるのではなく、
本人の自覚と意志をもってはじめて信者になれるという決まりがある。
子どもたちは一昨年に洗礼をしたばかりなので、
いきなりの大行事に面くらってしまったが、
普通は子どもが生まれてすぐに洗礼をするので、
それから長い間ゆっくりと、信仰告白のために準備をしていく。

昔は成人式といえるほど、大人になるための重要な試練だった。
その日のために、親たちは祝日用の最も豪華な衣装を作って備え、
カロタセグ地方では、この式を済ませるとパールタと呼ばれるビーズの冠を被ることができた。
つまり、その日からいつでも嫁に行けるという意味合いがある。

土曜日の夕方に、試問の日がやってきた。
セーケイ地方なので、皆がセーケイの衣装に身を包んでいる。
女の子は赤い手織りのベストにスカート、そして白いエプロン。
男の子は白いシャツに黒いウールのベストやジャケット、
そして白いウールのタイトパンツを装う。

  konfirmalas_201804071345368e5.jpg

セーケイ地方の、特に3つのセークと呼ばれる
この辺りでは、100年以上民俗衣装を日常に着ることがなかった。
というのも、ブラショフという工業都市に近かったため、
早くに町の流行が流れつき、
人々の衣装も都市化してしまった。
そのため、セーケイの衣装、特に古いものを一式揃えるのは難儀である。

息子の衣装も一見してセーケイ風ではあるが、
実はジャケットはクルージ周辺のジュルジ村、
ウールパンツはブラショフ周辺のバルツァシャーグ地方のルーマニア人のもの、
シャツは、ブーツはというように、セーケイのものは一つもない。
つまり、寄せ集めである。

 konfirmalas (3)

この日は、教会の地下の集会所で、
家族や親戚、洗礼親たちに見守られる中、
牧師さんの質問に、それぞれが応えるという質疑応答の形式で行われる。
昔は、日曜の礼拝の後、
村じゅうの人々が注目をする中で行われたというから、
若者たちがどれだけ緊張していたかが伺える。

トランシルヴァニアではルター派は少なく、
昔はドイツ系のザクセン人がほとんどだった。
ザクセン人がドイツに移住してしまった現在では、
ザクセン地方に近い村や町に住むハンガリー人がその多くを占める。
8人の少年少女たちは、無事に試練を乗り越え、
その日は帰途についた。

そして、翌日。
「花の日曜日」と呼ばれる祝日の日に式が行われる。
礼拝の後、はじめて聖餐(せいさん)といって、
キリストの体を象徴するパンや、
キリストの血を象徴するワインを口にすることができる。
それによって、神を五感で感じることができるのだろう。

konfirmalas (6) 
若者たちの両親が教会の掃除をして、飾りつけをした。
ベンチには、モミの葉と白いカーネーションの花が飾られる。

konfirmalas (1)

祭壇の前で、信者となる若者たちはひざまずき、誓いの言葉を述べる。
牧師さんに祝福の言葉をもらい、晴れてルター派の一員となった。

 konfirmalas (4)

礼拝の後、扉の前で牧師さんと握手をするしきたりがある。
この日ばかりは、13歳の若者たちもすべての参加者の手を握る。
私の身長をすでに追い越した息子の手を握り、「おめでとう。」といった。
時の流れは速く、
トランシルヴァニアで生を受けた長男は、
生後半年で日本へ渡り、3年半の時を過ごした。
そして4歳になる前に、またこちらに帰ってきて、
新しい生活をはじめた。
想えば、息子が生まれてからしたさまざまな苦労も、
子どもがいるからこそ乗り越えてこれたのかもしれない。
子育ては、親をも成長させてくれる。
たくさんの洗礼親や家族に見守られて、
ひとつ大人への階段を上ったのだろう。

konfirmalas (5) 
式の後は、古民家でにぎやかに昼食をとった。
大きなイベントが終わって、私たちの肩の荷もおりたのだった。

スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|イベント|2018-04-07_14:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント