トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

海を越えるイーラーショシュとハワイアンキルト

4月になって、不思議な縁が舞い降りてきた。
タイのバンコクで暮らす女性からの、突然のメッセージだった。
イーラーショシュのワークショップをしに来てほしいというお誘いだった。
彼女は現地でキルトショップのオーナーをし、
さらに日本手芸普及協会のタイ局長をしているという。

数年前に、文化出版局の「トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ」が
タイ語版でも出版された。
当時は、どうしてタイで出版されたのかが疑問で仕方なかった。
丸くうねった独特の文字が見慣れた本の隙間を埋めているのに、
エキゾチックな異文化の香りが漂った。
その本がきっかけで、ルーマニアのトランシルヴァニア地方の刺しゅうが
思ってもみない土地で知られるようになり、
刺繍文化が遠い国へと伝播していく。


彼女と英語でチャットをして、
さまざまな打ち合わせが進んでいった。
12月はじめの週末、2日間のワークショップ。
4時間+4時間という、これまでにない長い講習となる。
天皇陛下の通訳もしたという、タイで一番の通訳の女性に依頼してくれるという。

せっかくならハワイアンキルト歴30年近くになる母も誘って、
何か一緒にできないかと思いついた。
パッチワーク会の大御所の講習に何度も参加している彼女は、
母の経歴や作品などさまざまなことを聞いてきた。
主催者である以上、もちろん講習に責任がある。
きちんとした講師を呼ばないといけないという気持ちはよく分かる。

日本の父や親せきにお願いして、展示会の写真を送ってもらった。
これだけのキルト歴にもかかわらず、彼女の作品は数が少ない。
というのは、彼女のグループ
50名ほどの生徒さんの作品をすべて自身の手でデザインするからである。
自分の元には作品はほとんど残らず、
生徒さんの名前で展示されている。
布に下図を描いて、そのまま切っていくので、
数知れないデザインも手元には残っていない。
母のデザインと生徒さんの手縫いによる手の力が
融合することによってできる作品群。

この作品群を見たとたん、彼女から美しい、
なんてクリエイティブなデザインだろう、
彼女はアーティストに違いないと賞賛の声が届いた。
その経歴、受賞歴など関係なく、その才能を分かってくれたのだ。


  IMG_20180502_0006.jpg
hawaiian.jpg

 IMG_20180502_0002.jpg 
想えば、私はもの心つかない幼い頃から
外国の布やキルトに囲まれて育った。
部屋にはデザイン関係の洋書があふれ、
知らず知らずのうちにアーミッシュ族のシンプルなキルト、
ウィリアムモリスのデザイン画や
レヒネル・エデンの彫刻のような建築など、
さまざまなものを吸収してきたのだと思う。
今の私があるのも、多分に母の仕事、ライフワークが影響している。

そして40の誕生日を迎えた日に、私はタイ行きのチケットを買った。
10年この土地で暮らし、
40年生きてきた自分へのご褒美にしたかった。
そして、長年夢見てきたベトナム北部の少数民族を訪ねに行く旅も想定に入れている。

母のハワイアンキルトを、タイの植物や花をモチーフにデザインしたら、
どんなものができるだろう。
この12月に母、私、娘の三人に、敬愛する「大阪の母」もいっしょに
バンコクへと旅立つ。


スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|アート|2018-05-10_00:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
この3点のキルトはお母さまの作品でしょうか?
素晴らしい 素晴らしい!!! デザインは国境など関係ありません。
そして手仕事は万国共通の宝物です。 どんな事が起きるか本当に
分からないものですね。
ベトナム北部の少数民族にぜひ会いに行って下さい。ハノイから
素敵な寝台車が出ていますよ。 終点のラオカイからサパと言う村まで
またクルマでしばらく掛かりますが、赤ザオ族や花モン族の衣装は
目を見張ります。 私のブログに少しUPしています。
だから人生は面白いですよね~。
Re: No title
霧のまちさん、ありがとうございます!
生徒さんの作品ですが、デザインは母がしたものです。
生徒さんのためのデザインにすべてを注いでいるので、
母は自分の作品は大したものはないのですが・・・。
毎年2×2メートルの大作を4、50名の生徒さんのためにデザインします。
それを20年以上続けているので、
もしも形に残していたら、本が作れたかもしれません。
私も今できるだけ記録に残していかないとと思っています。

ベトナム北部は私も友人から数年前に聞いて、以来ずっと心に留めていました。
霧のまちさんは、14年にいかれたのですか?
サパもバクハーにも行ってみたいです。
今回は子どもと年寄り連れなので、トレッキングは無理かもしれませんが、
車でモン族などの村を見て周れたらなと思っています。
ブログ、参考にさせていただきますね。