FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅のはじめに

出発は、私の思い違いで一週間延びてしまった。
信仰告白式を写真に収めるのが、大きな目的だ。
その翌週は、すでにクルージに行くことが決まっているから、
週末の二日間だけを過ごすために7時間以上かけて夜行列車で旅することになる。
昨年の夏に、セークの結婚式に行けなかったこと、
カロタセグでカティおばあちゃんの最後の元気な姿を見られなかったことが
大きな後悔として残ってしまった。
時間は、もう巻き戻せない。

深夜12時半、娘とふたり列車に飛び乗った。
何かを感じたのか、次男は寝付かれず、
とうとう駅まで見送りに来ることになった。
長い夜行列車が大きく軋む音を立てながら止まり、
車両を探して右往左往していると、「こっち、こっち。」と車掌が叫ぶ。
座席を見つけると、ほっと胸をなでおろす。
二人席の小さな座席に横になり、いつしか眠りについていた。

車掌に起こされて、チケットを手渡すと、
「この車両はビストリツァ行きだから、あちらの車両に移るように。」
と言い残して、他の客のところへ行った。
朝5時、車窓の外はうっすらと暁色に染まっていた。
他の乗客とともに、大移動を開始する。
この列車は途中で切り離されて、
バイアマーレ、クルージ・ナポカ、ビストリツァと別方面に進むらしい。

朝7時、私たちはハンガリー語で「サモシュの新しい城」という呼び名の、
小さな町に降り立った。
中心の広間には、大きなカトリック教会がそびえている。

szekiutazas (2) 

ここは、アルメニア人が作った街で、
彼らはヨーロッパで最も早くにキリスト教を国教とした民族であるらしい。
巨大な石の建築は、見るからに古くてがっしりとして、
信仰深い民族の魂を映し出すかのようだ。


szekiutazas (3) 


トランシルヴァニアのアルメニア人は、ユダヤ人のように商業に携わっていて、
その多くは都市部に住んでいたという。
他にも、ジェルジョーセントミクローシュも同様にアルメニア人の作った町だ。
やがてハンガリー人に同化し、その苗字だけが異国の名残を残している。
旦那の祖母の家系も、アルメニア人を祖先とするらしい。
町の至るところに、古い彫刻が見られる。


szekiutazas (1) 

人が柱を支えて、アーチになっている。


szekiutazas.jpg 


ここは学生時代に、今の旦那と一緒にヒッチハイクで訪れた
懐かしい思い出がある。
今は娘とふたりでここにいるのが、不思議な感覚だ。

バスターミナルから、10時のバスでセークに向かった。
昔は、民俗衣装を着るおばあさんが多いことで有名だったのだが、
不思議と町でもバスの中でも見かけることがなかった。
時代は確実に流れているのだ。
バスに揺られて、ぽっこりと突き出す丘の合間を進んで行くと、
この辺りはルーマニア人の村ばかり。
セークだけがハンガリー人の村として残り、
昔は村以外の人と結婚することはなかったという。
村の入口には、大きな黒塗りの門が立ち、
赤いチューリップの模様が施されている。

その時、運転手が言った。
「明日はバスは運休だよ。」
村人たちも驚いて、口々に困ったなどと言っていたのだが、
私も不意をつかれてしまった。
こうして、セークでの週末がはじまった。



スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|その他|2018-05-29_12:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント