FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

初夏の花畑

一日をもてあまし、夕方ころ散歩へと旦那を誘った。 
濃い青空に入道雲、そして灼熱の太陽。 
梅雨のないトランシルヴァニアでは、 夏がやってくるのが早い。
 5月終わりは、もう初夏といってもいい。 
 そして、この頃が最も美しく大地がかがやく季節である。 
トーンの異なる緑の中に、 色とりどりの無数の野の花が混ざり合って、
なんとも形容できない微妙な色彩を作るのだ。 
トランシルヴァニアは、まさに緑の王国である。
   berry (6) 

家から徒歩10分でたどり着く、大自然。
町外れの丘をくだり、さらに丘を登ると、
そこは馬が放牧してあり、野生の野の花が咲き乱れ、
文字通り手つかずの自然が広がっている。


berry (11)  

遠くから見ると赤茶色に見えたのは、野生のタイム。
紫がかったピンク色のちいさな花々は、目を楽しませるばかりではない。
甘くさわやかな香りが、そこにいるだけで極上の気持ちにさせてくれる。


berry (9) 

野生のタイムは、乾燥させてハーブティーにする。
緑のない長い冬の間に、夏を忍ばせてくれる。
まさに、トランシルヴァニアの初夏の味だ。

旦那と子どもたちが花摘みをしてくれる間に、
家から持ち寄った刺繍をする。
遠くを見渡す眺めと、極上の花畑と、さわやかな空気。
心落ちつく、幸せな時間。


berry (10) 

長男と遊び疲れた次男は、原っぱに寝そべっている。
指に草を巻いてもらい、心地よさそう。


berry (12) 

花摘みを終え、しばらく姿を消していた旦那が、
手にいっぱいのちいさな野いちごを見せた。
すると、今度は野いちご積みのはじまり。


berry (4) 

野いちごは日当たりのいい丘の斜面を好む。
子供の指の先くらいのちいさなイチゴだが、
口にふくむと甘酸っぱい味と香りでいっぱいになる。
ちいさな赤い顔を大地に向けているので、
草むらの中で探すのは、容易ではない。
なおさら宝探しのようで、夢中にさせてくれるのだ。


berry.jpg  

まだ見つけられない次男の口に放ってやると、
すぐに「まだ、ちょうだい。」という。
お腹いっぱいになるのは難しいが、
甘くさわやかな味わいは、くせになる。

   berry (7)  

気がつくと、日が暮れかかっていた。
日差しが弱まる夏の夕方は、ぐっと気温が下がって心地よい。
草の匂いと日没前の光に包まれて、これからはじまる長い夏を想った。


berry (2) 
スポンサーサイト
comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2018-06-17_14:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

花咲く野辺
緑に覆われた野辺仁咲く花々は、最高ですね。
飾られた花畑より、自然の造形の方が、ずーっと素晴らしいです。

自然に恵まれた環境に暮らす子供たちは、都会の子供とは違った感性が育まれるに違いありません。
谷崎さんのお子さん達が、どんな大人に成長していくのか、楽しみですね。

私には孫は居りませんので、時々、友人宅で会うお孫さんが可愛いなー!と、いつも思っています。
小さな子供が、少しずつ成長していく姿を見るのは、楽しみです。
Re: 花咲く野辺
Kiyaさん、5月終から6月のこの頃の原っぱが一番好きです。
日本ではこのような広々とした、何もない原っぱが少ないので気がつきませんでしたが、
野生の花々の美しいことといったら、ありません。
人工的な園芸種の花々には心が動かされなくなりました。

自然を愛する人に育ってほしいという思いがありますが、
長男は意外にも機械工学にも興味があるようです。
山登りも大好きですので、
バランスよく好きなことを伸ばして欲しいです。

長男にいろいろと良くして下さり、本当にありがとうございました。
彼にとって日本が大好きな場所となり、
将来は日本の大学に進学したいとも考えているようです。
また、お目にかかれます日がきますように・・・。
No title
素晴らしい草原です。 もちろん日本にはない風景で羨ましい~。
天然のタイムや野イチゴなんて なおステキですね。
タイムは私は植木鉢で作っていますよ。(笑)
あの、前に伺ったのですが そちらではクミンをよく使うとお聞き
しました。クミンは中東や中国など羊料理に欠かせないスパイスです。
東欧ではどのように使うのか教えていただけますか?
Re: No title
霧のまちさん、6月のこの頃が一番オススメです。
たくさんのハーブが混ざり合い、香りも素晴らしいです。
クミンはこちらではスープによく使いますね。
クミンスープなんて、クミンがメインのものもありますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=vtbat3fSZsQ
豚肉にも合いますよね。
こちらではお砂糖をたっぷり入れてクミン茶にもします。
あとはクミンを煮出し、砂糖とアルコールを入れると
セーケイ風クミンパーリンカと言われるリキュールにもなりますよ。

No title
クミンのお話、ありがとうございました。
本当に日常的に使うようですね。
生のクミンが多いのでしょうか。 日本で売っているのは
粉状の強い香りのものですね・・・。
なかなか個性の強いスパイスなので 難しいですが
異国感の好きな私はけっこう惹かれます。
Re: No title
こちらは生で使うことが多いですね。
あと塩味の焼き菓子の味付けにもよく使われます。
温泉せんべいみたいなものに入っていたり、
プレッツェルのようなものにかかっていたり・・・。
噛むとスっとして、癖になりますよね。