トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カティおばあちゃんの思い出の家

カロタセグのバラ、
カティおばあちゃんが亡くなって半年が過ぎた。

生前、おばあちゃんに一軒の家を見せてもらったことがある。
ちいさな村の大通りからさらに小道に入った、
丘を背にして、大きなクルミの木ののかげに隠れるようにして立つ古い家だ。
おばあちゃんは、杖をつきゆっくりと歩きながら言った。
「ここは、わたしのおばさんから相続したのよ。」


bogartelki haz (2)


築100年を超える家は、おばあちゃんの生まれた家だった。
倒れかかったちいさな戸を押して、家の中に入る。


bogartelki haz (4) 

薄暗く埃をかぶった中に見えるのは、機織り機。


bogartelki haz (7) 

bogartelki haz (9) 

驚くことに、その織り機には作りかけの手織り布が張ってあった。
昔の住人がそのまま、住んでいた跡をしっかりと残していたのだった。


bogartelki haz (8) 

丘には穴があいていて、地下室になっている。
「そこから上に上ることができるの。」
私たちは、草の茂った丘の斜面をどうにかして上り、
その上にも土地が広く続いていること、
そして村を見下ろす美しい景色を驚きをもって眺めていた。
「ここが、村で一番美しい家にちがいない。」

おばあちゃんは、10年以上売りに出しているということ、
私たちが買ってくれたら嬉しいと告げた。
しかし、その値段を聞くと手が届かないと思い、諦めた。

この3月に、カティおばあちゃんのお嫁さんを訪ねたとき、
あの家を売りたいと持ちかけられた。
値段はおばあちゃんが生前告げた金額より大分安かった。
「おばあちゃんは、土地の値段がよくわかっていなかったのよ。
あなたたちの手に渡れば、おばあちゃんも喜ぶに違いないわ。」
わたしの手を握って、そういうおばさんの目を見て、心が震えた。

あの古い家と納屋をどうしたらいいかと、旦那と相談した。
古い家を買うというのは、責任がある。
これまでの朽ちたままにしておいたら、もう家は使い物にならないだろう。
納屋を改築して住まいにして、古い家は直せるだけ直して、
そのままに残しておこう。そう結論を出した。

おばあちゃんが亡くなって半年の間は、登記が無料だというので、
それまでに売りたいとのことだった。
6月のはじめ、私たちは前金をもってカロタセグの村を訪れた。
カロタセグに住む友人に一度家を見てもらおう、
旦那と相談して、電話をかけた。
その翌日には前金を渡して、登記をしに役所へいく予定になっていた。

友人たちが家族と一緒に、遠くから車で駆けつけてくれた。
草の生い茂った庭を歩き、
朽ちた門をひらいて、中へと入る。
その頃には、半分は自分の家のような気分がしていた。
「ほら、ここに織り機があって、
村一番の美しい手仕事を作るおばあさんが住んでいたのよ。」

バーバおばあさんという名で村人に親しまれていたおばあさんは、
子どもがなく、カティおばあちゃんを我が子のように愛していた。
カティおばあちゃんは、バーバおばあさんの作った手仕事も受け継ぎ、
ナーダシュ地方で最も美しい飾りベットは、
その人の手によるものだったのだ。
亡くなる前にも手を動かして、ちいさなレースを編んでいた。
カティおばあちゃんは、おばさんの家へ足繁く通ったにちがいない。
彼女の思い出の詰まった家だったからこそ、
どうしても自分の手で守りたかったのだ。

家を丁寧に見て回ったあと、友人はこういった。
「正直に言うけれど、この家は上半分はもう使い物にならないよ。
これを修復して直そうとしたら、相当の金額になるだろう。」
自宅を修復した友人によると、
家族が加勢したにもかかわらず家や土地の倍ほどの金額がかかったという。
それでも、この家ほど傷んでいなかった。

40を超えた今、家建設という大きな事業に首を突っ込むことはできないと思った。
見通しのきかない莫大な経費、そして労力。
現実の壁にぶつかり、長い夢から覚めたように
その日の夜、この家を買うことはできないと告げたのだった。

カティおばあちゃんは、この家を本当は売り渡したくなかったのだと思う。
小さい頃の思い出の家が他人の手に渡り、
見る影もなく変わっていくのを見たくなかったのだ。
あの古い家の中で機織りを織り、
白い布に美しい刺繍を施して暮らしていたバーバおばさんの面影は、
確かにしっかりと私の記憶の中に刻み込まれていた。


bogartelki haz (1) 










スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2018-06-22_00:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
織り機までそのままになっているのに驚きました。
木製の古い古い家なんですね~。
一時にしても・・・買う気になられたのは凄い!とびっくりでした。
残された親族にしてみれば 放っておいても仕方がなく 現金が
欲しいのでしょうね。
織り機に乗っている美しい織り地がとても印象的です。
日本でも今 空き家だらけでそこが犯罪の根城になったり
いい話は聞きません。 壊して更地にすると税金が4~5倍に
なるらしく、それではますます空き家が増えますね。
Re: No title
そうなんですか!日本で空家が多いんですね。
実家に祖父の住んでいた家があって、
痛みが激しいので更地にしようと両親が話していたのですが、
税金が4、5倍だなんてびっくりです。
思い出のある家なので残念です。

カロタセグに家をもつのが夢だったのですが、
もしカティおばあちゃんのものでなかったら、
ここまで本気で考えていなかったと思います。
現実、家は住める状態で買わないと、
修復や家を建てるのはお金も労力も大変だと思い知りました。
あの美しい家のまま、記憶で大切にとっておきたいです。