FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

塩の水と塩の花

セークの夏の風物詩といえば、「塩の花」と呼ばれる花だろう。
7月から8月にかけて花ひらく、うす紫色の繊細な花である。
塩水を含む土壌にしか咲かないので、そう呼ばれるらしい。

sosfurdo (4) 
ハンガリー、ルーマニアにしかない種類ではあるが、
イソマツ科の花は世界中に見られる。
そのままでドライフラワーにもなるそうで、
村人たちは花束にして持って帰る。

sosfurdo (2) 
このやさしい、うす紫色の原っぱこそ、ここでは夏の色なのだ。
そよ風に吹かれて、広々とした原っぱを歩いているだけで、心が洗われるようだ。

sosfurdo (6) 
青空に、緑の丘、そしてうす紫の花。
村の周りは、夏の色で満ち満ちている。

sosfurdo (9) 
この塩の花が咲く原っぱのすぐそばに、村の有名な名所がある。
塩の天然浴場である。
セークの村の周辺にはいくつもの塩山があった。
その名残がこうした、塩の湧水や浴場に残っているのである。
話に聞いていたよりも、ずっと整備された村の浴場は、そばに更衣室までできている。

sosfurdo (15) 
海よりもずっと塩の濃度が濃いため、自然と体が浮かぶ。
新しい方の大きなプールは水が冷たく、古い方は温泉までとはいかないが温かい。
端の方は、虫がたくさん浮かんでいるが、それに目をつぶれば何ともない。

sosfurdo (14)

親しくなった村の子供たちが、水たまりに足をつけていた。
「この泥は、肌にいいらしくて、
ペットボトルいっぱい持って帰る人もいるくらいだよ。」
なるほど、肌につけて洗い流すと、すべすべしている。
思い切ってぬかるみに足をつけ、体に塗りたくってみた。
かねてからセークの女性の肌が美しいと思っていたのが、その秘密がわかった気がした。

 sosfurdo (12)

村にはまだ鉱山の後があると聞いて、村の脇の丘を目指した。
ゆるやかな丘には、羊の群れも見られた。
丘を越えた向こうには、たくさんの池があるのだという。

sosfurdo (10)

丘のてっぺんに、池があった。
雨水だが、底は深く、石だらけなので、あまり泳ぐのには適していない。

sosfurdo (11) 
もうすぐ日が暮れる。
丘に四方を包まれた村が、夕暮れ前の光に浮かんでいた。
上地区とチプケ(トゲ)地区、フォッロー(熱い)地区に分かれている。
豊かな自然に恵まれた村、セーク。
ため息をもって、改めて我が家のある村を眺めていた。

sosfurdo (8)  
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|セーク村|2018-08-13_00:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
世界には塩湖や潮が浮き出た箇所がたくさんありますね。
なぜか日本にはありません。 大陸ではないし、川もおおいので
塩の溜まる場がないのかも知れないですね。
そんな塩の土地に咲く花・・・植物には不思議な生き方がありますね。
それにしても いつも広々とした 深呼吸をしたいような草原がたくさん。
まるで死海のようなプールがあるんですね。浮くのは楽しそうです。
Re: No title
霧のまちさん、世界中を旅されて
塩湖などをたくさんご覧になったのでしょうね。
この村は、塩鉱山が周辺にいくつもあったそうで、
今もその名残としてこうした湖が残っているそうです。
海より塩辛い水なので、鼻やのどにはいると大変です。
体が乾くと、真っ白に塩が吹き出します。
体が自然に浮くのでうまく泳げませんが、水浴びするには最高です。
ここには、海岸端に生息する植物も見られるんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。