トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

キノコ狩り。

雪解けの後、だんだんと日が長くなり、トランシルバニアにも春が訪れると
キノコ狩りのシーズンがやってくる。

山や森よりも海や川に親しい環境で育った私には、
このキノコ狩りというイベントが不思議で仕方なかった。
毎年死者も出るという、そんな危険まで冒して
どうしてただの食料を探しに森に行くのか?

いくどか友人たちに誘われて行くうちに
そんな先入観も消えていった。
日本のうっそうとした森、
外から見るばかりで、中に入りづらい森のイメージは、
ヨーロッパの「明るい森」とはまるで違う。

緑と土色の世界に足を踏み入れると、
白や黄色や赤やその他もろもろの、色彩を放つキノコは、
まるで花のように景色を明るく華やかに彩る。

森を歩くうちに、いつしか袋は
色も形もさまざまなキノコでいっぱいになると、
不思議な満足感で満たされてゆく。

家に持ち帰ったからといって、
必ずしも料理をするとは限らない。
そのままの状態で朽ちていったものも何度か見た。

どうやら、森でキノコを収集すること自体が
娯楽であるようである。

旦那が3ヶ月くらいのときに
両親が友人たちと一緒にキノコ狩りをしに行ったと話したことがある。
そのときに、悪いキノコが入っていたらしく、
彼の母親も、そしてその乳を飲んだ赤子の彼さえも、
おなかを下してしまったという笑い話である。

そして私たちも子供が5ヶ月になったときに、
友人たちと森に出かけた。
その時は、収穫したばかりのキノコを
キャンプファイヤーで焼いて食べた。

どんなキノコがとれるのか?
キノコに関しては素人なので、
ほとんどはこちらで聞く名前しか知らないが、
代表的なものを挙げると・・・・

・「鳩の背」と呼ばれるグレーのかさが開いたキノコ。
・「パン・キノコ」と呼ばれる、パンのような赤茶色した傷をつけると乳のようなものがしたたるキノコ。
旦那は生で食べるのが好きだ。
・「子牛の鼻」と呼ばれる、傘が湿っぽいキノコ。
・「小鹿の足」と呼ばれる、背の高い大きな傘をもつよい香りのキノコ。
・「カーネーション・キノコ」は、小さくて細い茶色のキノコ。
 スパイシーな香りがする。
・「苦いキノコ」は、その名の通り、苦い味のキノコ。色は白くて、傷をつけると乳が出る。
・「クマ・キノコ」は、茶色くて、太ったキノコである。キノコの王様。
・「キツネ・キノコ」は秋を代表する味覚。だいだい色で、トランペットのような形をしている。
 甘くて、香りがよいので好まれる。 
・「コショウ・キノコ」は、傷をつけると、赤っぽくなるキノコ。

そして最後に、草原の明るい場所を好む、
・「チペルケ・キノコ」とは、マッシュルームのこと。
大きいものは、大皿ほどの大きさにもなるという。
栽培されたものとは、味も香りも大きさも段違いである。

キノコ狩りには興味があるが、
キノコが見分けられない・・・・という人のために、
市場に「キノコ判断」をする専門家がいるので大丈夫である。

ただキノコはおそろしいもので、習慣で毒を感じなくなるという
特性もあるらしい。
あるハンガリーの民俗学者はシベリアの部族を研究中に、
地元の人の食するキノコを食べてしまい、亡くなったという。

だから、むやみに見知らぬ土地のキノコを
味見してはいけないということであろう。
私もこれを踏まえて、慎重にキノコの世界に近づいてゆこうと思う。







 



スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-03-20_17:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば・・・
我が家の庭にきのこの胞子がどこからかやってきて、白いきのこがたくさん生えた時、だんな様が採ってたよね。私たちは毒があるかわからないから危ないよー、と言っていたけど・・・。きのこ採りはそんなにルーマニア人を魅了するのね~。
キノコの魅力
今はまだ冬だから、キノコ狩りに行けず、
うずうずしているよ。
最近、トランシルバニアのハンガリー系のキノコ研究会の会長さんと知り合って、喜んでいたよ。
松茸のお話
忙しくしていたせいで、TULIPANさんの名前をクリックすればここにたどり着けるのに、それをしていませんでした。
海外での生活にまつわるお話、とても充実していて興味深く読ませていただきました。
松茸の件は自分のブログの方にも書き込みましたが(ロックをかけつつ)、ひょっとしてと思い、こちらにも同文を書き込みました。すでにお読みいただいているならすみません。
今度はきのこの写真を見せていただければ嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

>TULIPANさん
松茸を専門に扱うブログやHPはなかなか良いものが見あたりませんが、とりあえず以下のブログはいかがでしょうか。
「まつたけ「十字軍」運動ニュース
http://blog.goo.ne.jp/npoiroem/m/200803

きのこ全般に関しては、ご存じだとは思いますが、「きのこ雑記」さんのHPが充実していると思います。ここのリンクをたどれば相当たくさんのきのこHPやブログに到達できると思います。
http://park16.wakwak.com/~fungi/index.html
キノコ
もせてさん、突然の不躾な質問にお答えくださって
ありがとうございます。
キノコに関する資料、大変参考になります。
旦那のキノコに関する記事を、また後ほど
ご紹介できたらと思います。

キノコに関してご興味がある方におすすめ。
美しい写真と楽しい話題が満載です。
http://mosete.exblog.jp/