FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

10月講習会のお知らせ

10月16日より約2ヶ月間、日本へ一時帰国いたします。

その間、東京、関西各地で講習会やイベント、展示会など開催する予定です。

今回は、トランシルヴァニアのハンガリー人の伝統刺繍を3種類実習します。



rama.jpg 


セーク村に伝わるアウトライン刺しゅうは、

現地では「枠刺繍」とも呼ばれています。

布に直接描いた図案を大きな木枠に張り付けて、

上から下、下から上へと針を通します。

古くから飾りベッドのための枕カバーを彩るために、刺繍されてきました。



SzekesKalotaszeg2_20180827163917e84.jpg 


まるで大木のように伸びたチューリップを中央に置いた、

アールデコのようなモチーフ。

両脇をつぼみが彩る図案を、マチ付きのバッグに仕立てます。



P1140003.jpg 


裏にはハンガリー、ルーマニア製プリント布を組み合わせ、

持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。



P1140004.jpg 


カロタセグに伝わる刺繍イーラーショシュ。

ヨーロッパでも唯一とされる独特のステッチで

曲線の多い植物模様を刺繍していきます。


kalotaszeg1_20180827163929f84.jpg 


100年前のアンティーク図案から、

枕カバーの端を彩る連続模様をサンプラーのように並べました。

上から下へと段階を踏むごとにだんだんと難易度が増していきます。



P1060044.jpg



ホワイトリネンに黒い刺繍が映える、ショルダーバッグは、

アンティーク刺繍のような味わいです。

裏にはハンガリー、ルーマニア製織り布を組み合わせ、

持ち手には、アルコールランプの芯を使用します。


 P1060051_20180827163924bb4.jpg 


トランシルヴァニア地方の特徴とも言える、編みクロスステッチ。

かつては各地で見られていましたが、

特にアーラパタク村の編みクロスステッチは1900年のパリ万博で金賞を博しました。

普通のクロスステッチより、1目分伸ばして刺繍をするので、

まるで編み物のような独特の風合いに仕上がります。



IMG_8118_20180827175940ee2.jpg 


メシュテルケと呼ばれる、端のモチーフを選んで中央に施し、

現地で使用されるクロスステッチ用刺繍糸を使って刺繍します。

ちいさな鳥が向かい合う図案は、祝いの場にふさわしいものとされています。



keresztszem_20180827183431ec8.jpg 


裏にはルーマニア産の織り生地を使い、

トランシルヴァニアの革職人によるオリジナルの本革持ち手がさらに重厚感を与えます。


 keresztszem1.jpg 


*10/18(木曜) 10:00-12:30 (例年より30分長くなります。) 
新宿朝日カルチャーにて開催されます。
今回は、カロタセグのイーラーショシュか
セークのアウトライン刺しゅうのどちらかをお選びいただけます。

材料費
①イーラーショシュ(約3500円) 
②セークのアウトライン刺しゅう(バッグ)(3000円)

8月28日からWEB限定割引が先着7名様に適用されますので、
どうぞお急ぎください。

朝日カルチャーセンター


*10/17(水曜)の終日

文化服装学園オープンカレッジにて開催されます。

こちらは講義が75分、実習が75分の形式で、午前午後と分かれています。

午前はトランシルヴァニアのハンガリー人少数民族の伝統衣装や刺繍についての講義のあと、

イーラーショシュの基本の技術を学ぶ実習をします

午後はトランシルヴァニアの編みクロスステッチについての講義のあと、

編みクロスステッチの基本の技術を学ぶ実習をします。

こちら募集が始まり次第、ご連絡します。

文化学園オープンカレッジ

*10/23(火曜)10:00~12:00、15:30~17:30
NHKカルチャー京都教室にて開催されます。
午前はイーラーショシュ、午後は編みクロスステッチの実習となります。
トランシルヴァニアの伝統刺繍 ~編みクロスステッチ~

*10/25(木曜) 10:00~12:00、13:00~15:00
NHKカルチャー西宮ガーデンズ教室にて開催されます。
午前はイーラーショシュ、午後はアウトライン刺しゅうの実習となります。
トランシルヴァニアの伝統刺繍~アウトライン刺繍(ポーチ)~

*10/27~29(土~月)
箕面市けんちくの種にて開催されます。
イーラーショシュ、アウトライン刺しゅう、編みクロスステッチの実習となります。
けんちくの種

スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2018-08-27_18:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント