トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

公園で言葉を学ぼうの会

最近、近所の公園に息子を連れてよく通っている。

私は、息子を遊ばせている間、
すみに腰掛け、家から持ってきた手芸道具を取り出して
チクチクと縫っている。
家の中よりも、明るいし空気もいいのではかどるからだ。

私が作業をしていると、近所の子供たちが
近くによって来ては、眺めたり、私の横に腰掛けたりしている。
私も手を休めずに、子供たちとおしゃべりを楽しんでいた。

気がつくと、周りは子供たちがいっぱいになっていた。

公園の遊具は、幼稚園生から小学校低学年向けなので、
もう上級生の子は飽き飽きしているのだろう。
それでも近所にはこの類の遊具しかないので、
私のような東洋人は暇つぶしにもってこいなのかもしれない。

最近家によく来る少年、ロビ君は中学校二年を終えて、
日本でいう高校にこの秋から入る。
めがねをかけて細く、ちょっとドラえもんののびた君のようだ。

日本語や日本の文化に興味があるらしく、
次から次に質問が飛び出る。
よくもまあ、こんなに思いつくものだと驚くくらいだ。
私が中学生のころは、外国人と話すのにはたじたじでいたし、
何を質問していいかも分からない。

でも、コミュニケーションの基本は「質問すること」である。
ある程度の文化的背景が分かっていないと、質問することすら難しいものだ。

私はこの子に日本語を教える代わりに、
彼からルーマニア語を教えてもらう約束を交わした。

私が取り出したのは、「あいうえおの本」。
息子に文字を教えようと、日本から持ってきたものだ。
可愛いイラストは、村上勉のもので、息子も私も気に入っている。
言葉が詩のように構成されていて、簡潔でいて面白い。

本を取り出し、まずは「あいうえお」の表を見せる。
これを説明するときに、「Aはどこ?Bは?Cは?」と聞いてくるので、
まず誤解を解かないといけない。

日本語の「あいうえお」は、ヨーロッパのABCとはまったく順序も違うもので、
まずは母音から始まり、次からは子音と母音を組み合わせたものである・・・
と説明。

ようやく分かったようで、それからは簡単。
次々に私の読む文字を、図の中で指差していった。
外国語は、ハンガリー語、ルーマニア語、英語の次であるというから、
なるほど飲み込みも早いようだ。

そして今度は、私がルーマニア語を勉強する番である。
今まで先生顔をしていたが、今度は逆転して私が生徒である。
周りの子供たちも私よりもはるかにルーマニア語のスキルが高いから、
ちょっと気恥ずかしい。

私は、何もルーマニア語のテキストのようなものを持ってきていなかった。
・・・困った。テキストなしでは、教えるほうも難しい。

でもロビ少年は、店での買い物の仕方、
「~~をいただけますか?」の私の知らない表現の仕方を教えてくれる。
PUTETI SA-MI DATI ~~?(プテツィ サミ ダーツィ~~?)

英語で言うと、CAN YOU GIVE ME~~? 

ハンガリー語だと、 TETSZIK ADNI NEKEM~~?(テッツィック アドゥニ ネケム~~?)

見事に、全然違う。
だから今までのハンガリー語の知識も全部捨てて、新しく脳を切り替えないと
勉強ができない。

例えば、通りの名前ひとつにしても
ハンガリー語は、~~UTCA (~ウッツァ)とあるのに、
ルーマニア語は、STRADA~~(ストラダ~)である。

そのほかにも次々に「これ知ってる?」といいながら、
いろいろな表現を教えてくれた。

彼は、幼稚園はルーマニア人のクラスに通っていたという。
友達もルーマニア人が多かったので、ルーマニア語には自信があるようだ。
このルーマニア語スキルに関しても、人によってさまざま。
一応学校で習ったものの、実際にルーマニア人との交流がない人(例えば旦那)は、
聞き取りはできても、言葉が返せない。
話す訓練ができていないからだ。

これは、日本人の英語教育にも当てはまると思う。
(私も含めて)英語の知識は相当あるはずなのに、
話す聞くの訓練ができていないから、まともに英語が話せない。

読んで理解することと、話すことはまったく別物である。

私もこれから、子供たちと一緒に「外国語を学ぼう会」を続けていきたい。
もっとよく、トランシルヴァニアの人々と接することができるように。





スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2008-06-25_19:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

公園の成果で、日本語で話せる子供がふえて、日本に親しみを持つてくれるといいね。楽しみです。がんばつてください。
ルーマニア語
ハンガリーとルーマニアは隣の国なのに言葉は全然違うみたいですね!不思議です。
ハンガリー語は異様に長い単語とかありますが、ルーマニア語もそうなんですかね~?昨年、ハンガリーに旅行に行った時に、旅行用会話集でパラパラ見た程度ですが「何でそんなに長くする必要があるんだ!」っていうぐらい長い単語が結構ありますよね!
そんなに長いですかね?
造語とかあるからかなあ・・・。
こんにちはは確かに長いです。
ヨー・ナポトゥ・キーヴァーノクですから。

それと単語が活用するので、単語が長く感じるのかもしれませんね。

でも理屈が分かれば、簡単ですよー。

ルーマニア語のあなたは、ちなみにドゥムネアヴォアストラです。長いですね。