FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

2019年夏の講習会のお知らせ

*イベントまでの日にちが近くなりましたので、こちらのお知らせを先に表示いたします。

今年は6月26日から約一か月、日本へ一時帰国いたします。


今回は東京でいくつかイベントを行う予定です。


100年以上も昔につくられた、婚礼用のロングクロス。

くり返しの多い古い図案を基に、マチ付きトートバッグをつくりました。





こまやかなモチーフが密集したように見えるのが、

19世紀のイーラーショシュの特徴です。

余白をしっかり埋める、さまざまなステッチがありますが、

こちらもご紹介いたします。






裏側は、生成りと赤の伝統の手織り布のような

ルーマニア製のコットン布を使います。





社会主義時代にアルコールランプの芯として使用されていた紐を、

持ち手にして、ステッチのついた紐で結んでお使いいただけます。





もうひとつは、アーラパタク村の編みクロスステッチでできたミニトートバッグ。

編みクロスステッチは、トランシルヴァニア地方全域でみられるテクニックです。






クロスステッチ用の布に赤い糸を3本どりにして刺繍していきます。

普通のクロスステッチより手間がかかる分、

それだけ立体的に密集して赤色が濃く見えるのが特徴です。





裏には裏側は、生成りと赤の伝統の手織り布のような

ルーマニア製のコットン布を使います。

さらに、トランシルヴァニアの革職人の手作りの

本革の持ち手を付けるので、本格的な味わいとなります。







2019/6/30(日曜) 10:00~12:30

新宿朝日カルチャーセンターにて開かれます。

お申し込みはこちらからお願いいたします。

お電話番号 03-3344-1941
スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|その他|2019-06-29_13:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント