FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

幼稚園の日本の日

3年前に泣きながら幼稚園に行った娘も
もうすぐ卒園の日を迎える。
いっしょに朝ごはんを食べ、遊び、
昼ごはんを食べて、昼寝をしたお友達ともお別れだ。

娘の幼稚園の先生から提案された、二日間の日本の日。
喜んで、この申し出を引き受けた。
というのも、友達や先生たちに自分のルーツを知ってもらうことは
彼女を理解してもらうことにも繋がるからだ。
それに、3年間親しんだクラスメイトたちに親しみも感じている。

幼稚園で日ごろ、いろいろな言葉で数を数える練習をしていることは
娘から聞いている。
まず母語であるハンガリー語、それから国の言葉であるルーマニア語、
国際語である英語、さらには娘が日本語を教えたり、
ドイツに移住したクラスメイトがドイツ語を教えたこともあったという。

まず日本語で数を数えてもらい、
それから数の歌を歌う。
簡単なリズムと体操も面白い「なべ鍋底抜け」、
こちらで似た遊戯がある「かごめ、かごめ」などを歌い、遊んだ。

それから、簡単な日本語のあいさつ。
「・・・ちゃん」「・・・くん」をつけて呼び合ったり、
「こんにちは」、「さようなら」、
翌日には「どうぞ」「ありがとう」とものを渡しながら練習もした。

地球儀を使って、ルーマニアと日本がどれだけ離れているかを見たり、
日本の周りに海が囲み、山がちなことを話した。

そして準備していた教材を使って、
漢字の意味当てゲーム。
山や田、川など簡単な意味合いの漢字と
イラストの札を組み合わせる遊び。


61347380_10157191236810040_1726704765708009472_n.jpg


文字をまだ使わない幼稚園児は、
絵で覚える漢字のほうが親しみやすいに違いないと思っていたが、
考えながらも、結構うまく意味を当てていた。


60941236_10157191237020040_5055539329049296896_n.jpg


そして、日本の折り紙も持っていき、簡単な折り方を教えた。
チューリップから、ネコやイヌが作れることを教えたら、
イヌの折りあげた口を返してベロを描いた子もいた。
こうしなければいけないという決まりはない。
自分の想像力やアイデアを加える柔軟な頭脳のなんと素晴らしいこと。


翌日には、準備していたお米やトウモロコシ、
パスタや豆などを箸を使って食べる練習をした。
私自身、正しく箸を持てないまま40年が過ぎた。
正しい使い方を事前に調べて学び、なんとか教えるまで至ったのだが・・。


60785551_10157193786340040_5064767113529393152_n.jpg

日本のふりかけを持って行ったら、大好評だった。
校長先生や給食室のおじさんまでやってきて、味見をしていった。

最後に着物を着る体験もした。
長い間送りためた着物を持ち寄り、
可愛い子どもたちに着物を着させた。
教えてもないのに、お祈りの手つきをする子供たち。


61232442_10157193781160040_4570304403667419136_n.jpg


どの子たちも可愛く、よく似合っている。


60970836_10157193782005040_4602207094324592640_n.jpg

61174566_10157193784800040_1725629503465586688_n.jpg


最後に、子どもたちに愛情を惜しまず降り注ぎ、
さまざまなイベントを盛り込み、幼稚園生活を楽しいものにさせてくれた
幼稚園の先生たちに感謝。


60841857_10157193785775040_8710912692468056064_n.jpg





スポンサーサイト



comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2019-06-08_16:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
日本の日も何度か目ですね。
いろいろ本当に考えられたカリキュラムですね~。
漢字の意味を教えたり、ちゃん・くんなどを付ける事や
お箸の使い方や。
さすがに持ちにくいようですね。(笑)
浴衣も似合ってますね、先生方の着こなしが???に可笑しい~!
お箸と言えば前にインドの列車内で ベッドメイキングの係り員に
不思議な顔をされました。 割り箸を一組あげましたよ。
インドでは手掴みが普通なので 駅弁のような物を買っても
フォークを付けてくれないので、持参した割り箸が大助かりでした。
Re: No title
霧のまちさん、今回は幼稚園のクラスだったのですが、
20~30名の子どもたちのパワーに圧倒され、
幼稚園の先生の大変さを思い知らされました。
一度に何人もに目を向けないといけないし、
同時に聴く耳も持ち合わせないといけないのですから。
私自身も楽しませてもらいました。
着物の着方が分からないので、どんなに丈や袖が短くても着てしまうみたいですね。
インドではお弁当にフォークも何もつかないのですか。
思えば、箸はただの日本の棒なので代わりを見つけやすいですよね。
若きしころに、森に遠足してキャンプファイヤーで煮込みをしたのですが、
木の枝を見つけてナイフで削って、彫刻家の友人が簡単に箸を作ってくれました。
スプーンやフォークはこうはいきませんものね。