トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

町でお買い物

お昼前に用事があるからと、お姑さんたちの車に乗せてもらって町の中心に出る。
私は市場のあるあたりで降りた。

最近作ったばかりのかばんにつけるファスナーを探すためだ。

以前行った手芸やさんは、見事に社会主義体制のつくりで、ちなみに店員さんも旧体制をひきずっていた。お店では、客は勝手に商品を触ったり、近くで見ることすらできない。
客と商品の間にはカウンターがあるので、店員に棚から取ってもらうのだ。

私がちょうどレースを探しに店に入ると、店員はおばあちゃんに洋服を売っている最中であった。
(手芸品のほかに、なぜか洋服やじゅうたん、タオル等が置いてある。)
私がレース置き場の前で眺めた後、「すみません。ちょっと・・・(近くで見たいんですけど)」と言い終わらぬ間に、「すぐ行くから待っていて下さい。」と返事が返る。

しばらくして店員がやってきた。
商品があるからには、全てをじっくり見てから決めたいというのは普通の客の心理である。
それでも、店員はどれを指名するのか待っているばかり。
仕方ないので、「あれを見せてください。」と指を差す。
と即座に「いくら切りましょうか。」と無表情に店員。

私はムッときて、作りかけの洋服を取り出してわざとゆっくりと考える。
ほかにも何種類か出してもらって、ようやく買い物は終わった。
こんな経験は、元社会主義国を旅したものならきっと一度や二度経験するはずだ。

そこで今度は別の手芸店を見に行こうと思った。

市場の真横にある手芸やさんは、前述のものよりもよほどモダンなつくりであった。

手芸マニアからすると、東欧の手芸店はやや物足りない。
生地のバリエーションも少ないし、なぜか化繊素材ばかりである。
コットンは好まれないのだろうか?それとも生産していないのか?

私はファスナーを買いにきたので、まあ布はおいておこう。
ファスナーの色はさまざまだが、20cmファスナーの次は50cmしかなかった。
私のバッグの口の広さは約35cm。
大は小をかねる。仕方がないので、大きいのを買った。

ついでにリボンやコットンテープも買って、店を出た。

市場を見学してから帰ろう。
そう思って立ち寄ってみると、今は杏やサクランボ、黄桃のシーズン。

faluban2 005


色とりどりのフルーツに心を奪われてフラフラと列に並んでみる。
「やっぱり節約をしなければ。」と思い直して、
もっと実用的で安いトマトを1kg買って市場を後に。

門のところでは、ジプシーたちがキノコを並べて売っていた。
例の植物採集で生計を立てている、近郊の村のジプシーたちである。
野いちごや、ハーブティーにするお花なども売っていた。

faluban2 007


ちょっと見慣れない、大きなキノコがあったので聞いてみると
メドベ・ゴンバ(クマのキノコ)」という。

faluban2 006


旦那が以前、珍しくて美味しいキノコだと話していたあれだ。
ちなみに値段を聞いてみると、1kg=10レイ(」約500円)である。
結構な値段。
もちろん私は断って、「もう少し安くする。」との声を聞きながら後にした。

町の中心の公園、カトリック教会の隣に小さなスペースがある。
19世紀の革命の英雄ラーコーツィの銅像の周りでは、ベンチに腰掛ける人たちの姿がある。

faluban2 008


前々から気になっていた、おじいさんの集団がいるのだ。
机を囲んでいつも4,5人でチェスをしたり、トランプをしたりしているのをよくバスから見かける。
今日もいる。
ハンガリートランプという、中世風の絵柄のついたトランプを手におしゃべりをしていた。
私はそばに近づいて、写真をとってもいいかと聞いてみた。
すると「駄目だ。」という返事。
邪魔してごめんなさいというそぶりで、後ろを向くと、
「いや、いいよ。」と一人がつぶやいた。

faluban2 009


そして写真に収めると、「その写真を持ってきてくれるか?」と聞くので、
「喜んで。」と」答える。なんだ、実は喜んでいるのだ。

セーケイ人はあのセーケイの門に代表されるように、あまり他人にオープンなほうではない。
だからもう少し仲良くなってから、あのハンガリートランプを教えてもらおう。

faluban2 010



スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2008-06-27_05:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

大きくておいしそうなキノコですね~。この写真からだとなんだかよく分かりませんが。。手前のでかいのはイグチ系でしょうか?例えばヤマドリタケとか。。
これが、クマのキノコです。
もせてさん。
日本にはあるキノコでしょうか?
日本語名が分からないのですが・・・
また探してみますね。