FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ショムヨーの精霊降臨祭の出来事

イースターの後にくる、宗教行事が精霊降臨祭である。
キリストの魂が鳥の形の精霊となって帰ってくることを祝う祝日である。

トランシルヴァニアのカトリック教徒にとって
最大の巡礼地がチーク・ショムヨーという村にある。
社会主義時代に宗教(特にルーマニア正教以外の宗派)が弾圧されていた時代にあっても、
人々は車で、列車で、徒歩で、
あらゆる手段でこの日にショムヨーの教会に集まり、ミサを行った。
90年代に社会主義時代が去ってからは、
さらにその宗教熱に拍車がかかり、今は巨大なお祭りのような場所となっている。

ここコヴァスナ県から北のチーク地方、ジェルジョー地方などの
セーケイ地方では、カトリック教徒がほとんどである。
そのためか、精神的にも保守的な傾向が見られるし、
民俗衣装もたくさん残っている。
この聖霊降臨祭のために、毎年、
100年以上も前の民俗衣装を箪笥から出して着ているという人にも出会った。

ショムヨーの大聖堂に収められたマリア様の像は、
涙を流すという奇跡が伝えられている。
この大聖堂の裏側の山には、18~19世紀の十字の像がたてられ、
キリストの受けた受難が刻まれている。
この険しい山をのぼり終えると、キリストの受けた受難のひとかけらでも
味わうような思いになる。
山の上には、ちいさな修道院が立っていて、
船型をしたカーブを描いた壁画がため息をつくほど美しい。

ここセーケイ地方から東へ、
カルパチア山脈を越えていったチャーンゴーと呼ばれる人たちがいる。
ルーマニア人に囲まれて暮らしたチャーンゴーは、
(特に社会主義時代に)ルーマニア語を強要され、
教会でも学校でも公的な場でハンガリー語を話すことはできなかった。
はるばるモルドヴァから訪れた巡礼者たちにとって、
この日だけは母国語ハンガリー語でミサを行うことができたのだ。
チャーンゴーのミサを行う教会はと尋ねても、誰も答えることができなかった。
丘の上の修道院の管理人に尋ねて、
「あの下の教会であるよ」と返事が返ってきた。
先ほど山を上ったばかりなのに、今度は下り道。
しかも、ミサのはじまりを知らせる鐘の音がなっている。
急ぎ足で坂道を下りていく。

教会への坂道に差しかかった時、
降りてくる人の群れと遭遇した。
2人の人に再会できるような予感がしていた。
ひとりは、私をチャンゴーの土地へ誘ってくれた
ハンガリー人の写真家チョマ・ゲルゲイ氏。
もう一人は、去年の夏に出会ったチャンゴーの女性メリツァ。

ミサを終えて出てくる信者たちの間に、
口ひげを生やし、髪を伸ばした初老の男性を見つけた。
早まった息を整えて、ゆっくり彼のそばに近づいていく。
驚いた様子で私を見たゲルゲイの瞳は、
昔のままのようでもあったし、変わったかのようにも見えた。
少し疲れたような、寂しそうな様子でもあった。
「すっかり年をとってしまったよ。」そういう彼に、
「私もよ。」と微笑んだ。

遠く韓国へハンガリー大使として赴任した息子の話をしたり、
先日モルドヴァで懐かしいチャンゴーの人に会ったことを
ぽつりぽつりと話した。
私はただ、涙があふれるばかりで彼の話を聞いていた。
立ち話は5分ほどだっただろうか。
「泣かないで。」と彼が言い、別れた。

留学時代に彼の講演会に立ち寄ったのが最後だったので、
16年ぶりに会うことができたのだ。
奇跡の再会の余韻に呆然としているうちに、
ピンクや赤の華やかなブラウスを装ったメリツァの姿が目に飛び込んできたが、
声をかけることができずやり過ごしてしまった。

やがて旦那や娘が遅れてやってきた。
長い年月のことを思い、
教会の裏の美しい夕暮れ時の原っぱの中に佇んでいるうちに、
いつしか日が傾いているのに気が付いた。

















スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|イベント|2019-06-09_15:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント