FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

サマーキャンプでの出会い

一か月の長い日本の夏休みから帰ると、
急激な気温の変化になじめず、しばらくぼんやりと過ごしていた。
久しぶりの日本の滞在は期限があるせいか、
それとも日本の風潮のせいなのかわからないが、
いつも何かに急かされているようだった。
それがトランシルヴァニアに帰ると、何とも言えない
時間のゆるやかさに包まれる。

夏のある日、誰かから連絡があり、
ここから北へ60キロほど離れたチークセレダのはずれショムヨーで
サマーキャンプに携わってほしいとの依頼があった。
カトリック教の施設内で15歳から30歳までの若者たちが集い、
宿泊施設でマットレスをひいたり、キャンプ道具を持って行って寝たりと
自由でお金のかからない滞在ができる。

大きなテントの中にテーブルやいすを並べただけの会場。
書道道具や手作りの教材を広げていると、
学生のグループが集まってきて、ワークショップが始まった。
甲骨文字と現在の漢字の違い、
漢字の熟語の成り立ちなどをカードで体験してもらい、
お手本をもとに筆を使った書道を体験してもらった。

カードを見ながら友達とおしゃべりをしたり、
携帯を片手に好きな手本を見つけては写したりと
のびのびと楽しむ姿が印象的であった。

1時間半が過ぎ、そろそろ片づけをはじめていると、
そばに一人の青年が立っていた。
手本用の文字ではなく、日本語の文を書いた紙を手に持っている。
それを褒めると、
かつて日本語に興味があって、自分で調べたこともあると話した。
それから学校のこと、進路のことと話しがはずみ、

「かつて医者になりたいと思った時期もあったけれど、
ハンガリー人の自分ではルーマニア語のハードルが高く、
ルーマニアの医大に入るのは難しい。
今は、ハンガリーの法学に進みたいと考えているんだ。
どうしても、人間に関わる仕事をしたいんだ。」

「何らかの使命をもって、神様からこの命を授かったと思っている。
だから、何とかしてそれを見つけたい。」

20歳そこらかと思っていたら、わずか高校1年生。
明るく外交的な今どきの若者が、ふと真面目な表情を見せて、
「将来のことが不安だ。」と口にした。
もやもやとした将来への不安を感じていた、自分の若い頃の姿に重なった。
「あなた自身が世界に開けていたら、きっと大丈夫。」
と私なりの声援を送った。

友人たちに声をかけられて別れるときになると、
「ハグをしてもいい?」と言うので、
動揺しながらも「もちろん。」と
息子くらいの少年と肩を抱いて見送った。

同行していた息子に
「来年は、ここにキャンプに来ない?」と尋ねると、
恥ずかしがり屋の彼なりにこの場で何かを得たらしく、
「そうだね。友達に声をかけてみようかな。」と晴れやかな顔で答えた。






















スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2019-08-20_04:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント