FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

シク村の夏休み

夏の終わり、シク村へと旅立った。
家の修復と家族で夏休みを過ごすため、
たくさんの荷物を車にのせて、約200キロ離れた村へと向かった。

村での最初の一週間は、
朝から晩まで家のことにかかりきりだった。
旦那とラツィおじさんは雨漏りの修復をしたり、
箱型の田舎トイレを作ったりと、仕事にかかりきりだった。
一方で、私と姑は食事や子供の世話のことに追われていた。
日々、通りの井戸から水を運び、
洗い物や洗濯、そして午後の子どもたちの水浴び用に使った。

じりじりと大地を焦がす太陽が沈んだ後は、
村のはずれの塩水プールへ向かった。
車のランプが消えると、目の前に星空が広がった。
そこは、村の灯りもとどかない原っぱの中に佇む水浴び場。
ゆっくり体を沈めると、水の中の塩分のために体が押し上げられる。
心地よい沈黙の中で、ただ水の音だけが静かに耳に入る。
押しつぶされそうな大きな空に見入っていると、
星の瞬きがそのままメロディーのように鳴り響くかのようだ。
生活のペースを落とすこと、
ゆっくりと自然の声に耳を傾ける時間が必要なことを肌身に感じた。

やがて、屋根に目新しい木色の飾りが取りつけられ、
庭に箱型のトイレが完成した。
今年の春から植えた木の苗も、すこしずつ大地に根を張っているようだ。

2週目になると、聖ベルタランの日、
伝統的な結婚式などのイベントが到来し、
ご近所を歩き、人々と知り合い、再会する時間ができてきた。
村での生活は、日々の町の生活に欠けている何かを
教えてくれているようだ。

夏の終わりの二週間を過ごし、後ろ髪をひかれるような気持ちで
新学期のはじまる我が家へと旅立った。













スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|セーク村|2019-10-08_10:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント