トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

村へお引越し

お引越しといっても、私たちが越すのではない。
家の中で大きな場所を占めていたたんすを、村に移動させようというのだ。
これは亡き旦那の父親の残した大切なたんすで、セーケイ地方の有名な家具職人シュトゥー家のものによる。
もともとあっ古いたんすに、職人が絵付けをしたもの。
青はセーケイ人に特徴的な色で、塗料は村の近くにある鉱山の鉱物をすりつぶして作るという。
この花模様もルネサンス時代の影響の強い文様で、刺繍などのモチーフにも通じるものがある。

varosnezes 003


例のたんすは、このように車に積み上げられ、出発。

faluban2 012


ジャガイモ畑の中の国道を、南へ向かう。
ちょうど次の村に差し掛かったころ、道路を見て驚いた。
所々がまるでパッチワークのように、コンクリートが剥ぎ取られている。

「これは、どうしたこと?」と聞くと、「道路を直しているんだよ。」とにやりと笑う。
車はタイヤをいためないように、できるだけこの穴を回避しようとするから対向車線に飛び出ることもしばしば。
トランシルヴァニアの田舎道は、平気で100kmほどで走るのが普通であるから、危険なことこの上ない。
道路の安全のはずが、これでは逆効果である。

レーチと呼ばれる、林に隣接した湖が見えてくる。
この林には、たくさんのバンガローで埋め尽くされているが、私はてっきりどこかで管理をしていて、シーズン時に貸すのかと思っていたら、これ全部個人の持ち物であるという。

faluban2 116


何でも、共産主義時代に国有地であった土地に、共産主義者のお友達が不法で建てたものらしいのだ。
もう体制が変わって、土地のものは誰でも知っているのに、どうして平気な顔でこんなところに住んでいられるのか・・・この神経が分からない。

やっとツォーファルバについた。
おばあちゃんの家の前にもあの、二畳ほどの大きな穴が・・・・まだ門の前でなくてよかった。

faluban2 027


家の前に例のたんすが置かれる。とりあえず部屋が片付くまではここに落ち着いた。

作りかけのバッグを仕上げようと、涼しい場所を探す。
おばあちゃんがベッドに座っていたので、ご挨拶。おばあちゃんは退屈な風で、私にそばに腰掛けるようにいった。
いろいろな世間話、昔話を語り始める。
彼女のおじさんが頭がよかったのに、進学ができなかったこと、おじいちゃんが共産主義にいいように使われたこと・・・等。
・・・と不意に歯を食いしばり、嗚咽を始めるおばあちゃん。
もう年なので、あらゆる思い出が悲しみの種である。可哀相だが、どうしてあげることもできない。

おばあちゃんの愛読書は、聖書。
この600ページほどある本を、全部読んでしまったそうだ。私にも本を開いて、挿絵を指差して聖書の話を聞かせてくれる。
この世代の村の人にとって教会、聖書は絶対的であり、学校教育よりも大切なほどだ。

faluban2 021


部屋には、刺繍や、織物、レースの施された枕が積み上げられていた。
これは、おばあちゃんのお母さんが作ったというレース編み。村でも評判の手利きだったそうだ。

faluban2 017


これは、おばあちゃん作の刺繍。シカさんがレトロで可愛い。

faluban2 019


こちらは、お姑さんの刺繍したもの。赤と白が印象的な、幾何学モチーフ。

faluban2 018


隣の開かずの間であった部屋をこれから、整理をしてティスタ・ソバ(きれいな部屋)を作るのだ。
いわば客間である。
普通は地元に伝わる刺繍や家具、織物で飾るのだが、ここセーケイ地方は村の文明化が早かったために地元に伝わるフォークアートは余り残っていない。(民俗衣装も早くに洋服に変わったそう)
だから手芸にしても家具にしても、当時の町の影響が強いものである。

部屋にはこんな美しいランプも・・・
アール・ヌーヴォー風のデザインに、青いビーズが涼しげ。

faluban2 110


若かりし頃のおじいちゃんとおばあちゃん。
おじいちゃんは、東洋系の顔立ち。この地方には、こんな顔立ちも珍しくない。

faluban2 111


ここに水差しやお皿などを飾る。地震の多い日本では、ちょっと考えられない。
セーケイの植物模様が素敵。

faluban2 112


古い暖房。足がクマの足のようで、今にも歩き出しそうだ。

faluban2 113


やがて、あの青いたんすもこの部屋の仲間入りをするだろう。
古いものをよしとして、大切にする。この価値観はセーケイ人の素晴らしいところだと思う。
この部屋の完成が楽しみである。


スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2008-06-27_07:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

羨ましいです
素敵なタンスですね。
青の発色がいい。
鮮やかな赤い模様も。

写真のおじさんはタンクトップですが、トランシルバニアの気候って、
日本と変わらない感じですか?

おばあちゃまのお宅の
刺繍とレース、可愛い♪
赤にレース模様が映えますねえ。

足のついたストーブも、
レリーフが美しいですね。

日本では最近頻繁におこります。
怖いです。

それに、無差別的な殺人事件も。

信仰の厚いおばあちゃまの村では
まず起こりえる事のない事件ですね。
CARINAさん、いつもありがとうございます。
ティスタ・ソバが完成したら、また写真をのせますね。トランシルヴァニアのフォーク・アートを気に入っていただけてうれしいです。

トランシルヴァニアは盆地なので、夏はかなり気温が上がります。人々はオープンなので、半裸で農作業をしていたりもします。・・・上はブラだけで桑を持つおばちゃんとか・・

それでも、山間部なので一雨きたらすぐに気温が下がるのです。

そうですね・・・最近日本の情報はあまり入ってこないのですが、ニュース一覧を見るだけで気分が暗くなるようなことばかりですね。

こちらも洗濯機ドロボウなどはいますが、まだまだ精神的に害されていない感じです。

まだ自然ののどかさが残っているせいでしょうね。