FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジュジャおばさんと過ごす秋の関西

11月の半ばすぎのある夜、
私はただ一人ブカレストの空港にいた。
クルージから飛行機でやってくる、
シク村のジュジャおばさんを待つためだった。

その日、家族とブラショフで別れ、
マキシタクシーに揺られてカルパチア山脈を越えてきた。
私を見送るうちに娘が突然泣きだし、慌ててその車に乗り込んだ。
幸いにも次男は我が家の車の座席に座ったままで、
別れという実感がわかないようだった。
そして、私も同様に涙でかすむ目で家族に手をふり、
娘を生まれてはじめて置いて日本へ旅立つことに気がついた。

秋のマーケットへの誘いを受けたのはこの9月、
昨年末に病気をした次男の検査を終えて、
大阪行きの航空券を買った。
子ども三人を旦那に託し、この仕事のためだけに
帰国することを決心したのだった。

招聘客であるジュジャおばあさんにとっても、
このような大旅行は大きな決心であったに違いない。
アメリカやギリシャなど海外の旅の経験はあるものの、
私を信頼してこの仕事を引き受けてくれたのだろう。
航空券や宿泊は主催者側から保証されるが、
パスポート、保険などは自分の手でしなければならなかった。

そんなことを想いながら、
先ほどから群衆の中で紅色の姿を探しているのだが、
どこにも見当たらない。
タイムテーブルには、クルージからの飛行機の情報すらなかった。
さらには、私は携帯を自宅に忘れてきている。

国内線は、もしかしたら別の空港に発着するに違いない。
そう思うと、居ても立っても居られなくなり、
大急ぎでバスの券を買い、バネッサ空港へ向かった。
幸いにも30分ほどでついたのだが、
バネッサ空港は生まれて初めて来るところ。
入り口がどこにあるのかわからず、
うろうろしていると、ちいさなバスターミナル程度の建物はうす暗くて静かだった。
私以外に客がいない建物で人を探して尋ねると、
「国内線はオトぺ二空港よ。地下一階にあるの。」という返事。

またしても、バスを待ち、
オトぺ二空港へと引き返してきたのだった。
地下一階の出口前に、すぐに紅色の衣装を見つけた。
「もう、かれこれ2時間も待っていたのよ。
空港内をあっちこっちと歩き回って、疲れたわ。
それでも見つかってよかった。」
不安にさせたジュジャおばさんに申し訳なく、
また、こんな早とちりをする自分が可笑しくなった。
その日は、空港横のホテルで休んだ。

翌日、心地よいベッドでもっと眠っていたい気持ちをなんとか振り切り、
モーニングコールに出た。
時間は、早朝の3時半。
ジュジャおばさんは昨日の心配と疲れで
足の神経痛がひどく、眠れなかったようだ。
まだ真っ暗な空を飛行機は、ミュンヘンへ向かった。
5時間の待ち合わせ。
眠れず、疲れているおばさんのために心地よい待合室を見つけた。

リクライニングのシートで横になり、休みながら、
おばさんと話していると、隣から声をかけられた。
「ハンガリー語?懐かしい。」
青い目をした、美しい婦人だった。

30年代に両親がアメリカに移住したという。
「エゲルとプシュプクラダー二の出身よ。」
ジュジャおばさんとも意気投合し、
これから大阪で作るローズマリーの冠の写真を見せたり、
シク村のことを話したりした。
隣にいた二人の若い女性たちは、娘かと思ったら孫娘たち。
もうひ孫もいるおばあちゃんらしい。
ニューヨークで暮らす女性と、シク村で暮らす女性は、
ほぼ同世代であることがわかった。

japan2019 (6)

10時間半のフライトを経て、私たちは大阪に降り立った。
ここでもおばさんは眠れなかったが、
3座席を使い、横になれたのは幸いだった。
この日から、ハードな大阪の仕事ははじまった。

japan2019 (9)

クリスマス一色に彩られた会場に、
ワークショップスペースを有したブースが設けられた。
今回はこれまでにない、日替わりのワークショップを試みた。
カロタセグのイーラーショシュにビーズ刺繍、
シク村のアウトライン刺しゅうに、
アーラパタク村の編みクロスステッチ。
6日間で日に二回、全部で12種類のトランシルヴァニアの刺繍。

ブースの前には、シク村の花嫁衣装が立ち、
スパイシーで香り高いローズマリーの苗が並べられた。
ジュジャおばあさんが初日に、このローズマリーを使って
花嫁の冠を縫う様子を実演してくれた。
さらに印だけで図案を描かずにサテンステッチで刺繍をほどこす、
シク村の赤いバラのスカーフを縫ったり、
四角い枠にするアウトライン刺しゅうを披露してもらった。
二回目のワークショップが終わると、
長テーブルに腰かけて思い思いに刺繍をしていく姿も見られた。
母の生徒さんたちが毎日のように来てくださり、
おかげさまでブースはいつも賑やかだった。

IMG_20191125_173508.jpg

最終日近くなって、腰が痛くて立つのが辛くなった。
隣のブースにいたエストニア人のウッラさんがやってきては、
「大丈夫?」
「何か食べた?」
「少し座ったら?」と気遣ってくれた。

エストニアから日本に嫁入りし、
38年も暮らしているので日本語が流暢だ。
エストニアの母親が、あまりの辛さに旅立つ日に見送りに来ることができなかったことを話し、
「お母さんを大切にね。」といった。
母は毎日忙しく、販売の手伝いに来てくれていた。
帰り道で一緒になった日には、
美味しいあんパンやさんや、昔働いていたマッサージ店を見せてくれ、
ホテルまで送ってくれた。
この6日間を楽しく乗り切ることができたのも、彼女の優しさのおかげ。

japan2019 (8)

慌ただしい、一週間が終わると、
はじめて日本で過ごす休みの日が待っていた。
人の多い京都を避けて、奈良へ。
たくさんのシカに囲まれて、おばあさんも大興奮。

japan2019.jpg

愛情あふれる大阪の母と母親、そしてジュジャおばさん。
鹿児島生まれの足腰たくましいUさんの案内で、
奈良の町をどこまでも歩き回ったのもいい思い出。

japan2019 (1)

赤や黄色が入り混じる、日本の秋ならではの風景。
昨年も秋に来ていたのに、
ついに紅葉は見られずじまいだった。
この美しい秋を恵んでくれたことに、ただ感謝の気持ちでいっぱいだった。

japan2019 (3)

まるで夢のようにあっという間の2週間。
クリスマスプレゼントや日本食をいっぱいに詰めて、
私は3度のフライト、おばさんは4度のフライトで帰途についた。



スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|その他|2019-12-10_22:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント