FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

みやこうせいさんとシク村

私がみやこうせいさんの名を知ったのは、
大学でハンガリー語を専攻しているときだった。
トランシルヴァニアに留学をして、かえって来た後に
大学の図書館で「ルーマニアの赤い薔薇」を手に取った。
それは、トランシルヴァニアに対する恋しさを掻き立てたものだった。
原っぱの中で、紅の衣装に身を包んだ二人の女性がダンスをしている。
その表紙とタイトルの赤い薔薇は、シク村のことを暗示していた。
みやさんは70年代に結婚式の取材をしに村を訪れ、
そこで村人たちに受け入れられ、ルーマニアに対する愛がますます深まったとあった。

ブダペストで過ごした留学時代、
メトロの駅で群衆の中にひとつ紅の衣装が花のように浮かぶのを見ると、
トランシルヴァニアのことが思い出された。
それから約20年を過ぎて、
今、再びシク村と不思議な縁を持つことになろうとは思ってもみなかった。

今年の夏、武蔵野市とのかかわりで
小さな衣装の展示をさせて頂いたとき、
武蔵野市の広報課で写真を担当される方にお会いした。
お話ししているうちに、みやこうせいさんと親しいお友達で
ちょうどこれからお宅を訪ねる所だと話していた。
そして、午後に帰ってこられると、
私の名刺をみや先生にお渡ししてくださったという。

その夏に、みや先生から思いがけずメールを頂戴し、
胸躍る心地で読ませていただき、お返事をした。
今もルーマニアに変わらず情熱を注がれていること、
今年は3冊の本を出版される予定だと書かれていた。

夏の終わりをシク村で過ごし、
ベルタランの日に結婚式などを見た後、
我が家に帰ってくると、みや先生の出版したての著書が到着していた。
表には、カロタセグのきらめく衣装が
裏にはシク村の麦わら帽子と男性の衣装が大きくクローズアップされていた。
ハンガリー語、ルーマニア語、英語の三か国語で
みやさんとルーマニアとのかかわりがつづられ、
何十年もかけて取材した美しい写真の数々は、
それだけで多くのことを語りかけるようだった。

みや先生のように純粋な美を切り取り、
それを夢のように美しい絵として、文字として表現されること、
それを何十年もの間つづけることの偉大さが身に染みて感じられた。

ここで生活をしていると、
生活の垢にまみれて、美しいものに気が付かずにやり過ごしてしまう。
みやさんが他所から来られるからこそ、
その新鮮な感覚に現地の人間もはっとされるのだろう。
現在だけでなく、過去も見てきた目だからこそ、
なおさらその美しいものの価値を深く汲み取ることができる。

伝統文化の美しさ、そして失ってはじめて分かる儚さというもの、
それを常に追い続けていらっしゃる気持ちは、私も変わらない。
自分も新たな一歩を踏み出さなければいけないと、
先生の仕事を目のあたりにして思うところだった。










スポンサーサイト



comments(1)|trackback(0)|その他|2019-12-12_18:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです