FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

出発の日のトラブル

この長い冬のトンネルをくぐりぬけた後に
何か新しいことをはじめたいとき、
私の心は強く旅を欲する。
モノトーンな日常を大きく変えて、
心にも体にも活力をもたらしたい。
これまでにも、何度かそれを試みてきた。
ヨーロッパ内陸部の北国とは遠くかけ離れた、
どこか暖かい地中海の島へ
シーズンオフのこの時期に行くことにしていた。

去年は家族の都合で行くことができなかった。
次男の検査を、1月から4月の間ずっと待ち続けなければならなかった。
本当は去年のこの暗闇の時期にこそ、
旅が必要だったのだが。

こうして先延ばしになっていた旅を、
経済的に苦心しながらも計画した。
前日になるまでストライキを起こしていた旦那とのいざこざもあり、
それでもようやく出発の朝を迎えることができた。

前日までに荷造りしておき、
目覚まし時計より早く目覚めて、
移動の日の朝食、昼食を準備してタッパーに詰め、
台所を片付けて、
子供たちを起こして、服を着替えさせ、
時折、気になったことをPCで調べたりしながら、
私たちは午前9時前には車に乗り込んだ。

車に乗り込むとほっとして、
興奮のせいか、いつもより多弁になる。
カルパチア山脈を越えて、山間の美しい保養地を横目で見ながら、
山を下りて行ったところで、ものすごい渋滞であることに気が付いた。
幸いにも上がり方面ではなく、下り方面であった。
そういえば、その日から3日間の連休が明けたので、
ブカレストに住む人たちが休暇を過ごすために山間へ来るからだと旦那が言った。

何キロと途絶えることのなく続く車の列を見ながら、
驚愕し、憐れむ思いでこの都会の人々のことを考えていると、
ふと自分たちがこの渋滞をもし引き返すことになったらという疑問がわいて出た。
そうなると不安が止まらなくなり、
出発前に気がかりだった子供たちの出生書のことを旦那に尋ねてみた。
「日本のパスポート、持ってきただろう?」
予約の時にも、旦那と話しあったところ、
日本のパスポートだと時間がかかるから、
ヨーロッパの証明書だけで出国するのがいいという結論になった。
子供たちの持つ唯一の「出生証明書」で登録し、それをもってきている。
日本のパスポートの名前と、予約した名前が一致しないから
パスポートは持っても意味ないと思って、置いてきた。

何年か前に旅した時はどうだっただろうか。
遠い昔のことのようで、すっかり忘れている。
気になってたまらず、ハンガリーへ行き来している親しい友人たちに尋ねてみた。
どちらの子供も、ハンガリーから発行された身分証明書を持っているという。
「ちなみに出生証明書は?」と尋ねると、
「それでは国境を超えるのは無理だと思うわ。」との返事。

ここでさっと凍り付き、
ここまでの道のりを引き返すべきかと旦那と話しあった。
すでに3分の1の道のりを越えていて、
あと1時間ほどで、チェックインの時間がはじまる時間になっていた。
入国管理局に電話をして、
書類が不備であるかどうか確かめてから、
最後の手段で友人のボティを頼ることになった。

ボティにしたお願いというのは、
まず姑宅へ行ってもらい、我が家の鍵を受け取ること、
その足で我が家へ行き、自宅の奥底の隠し場所から
パスポートの入った入れ物を探してもらうこと。
最後に、その入れ物をもってこちらへ向かってもらうこと。

はじめは私たちも引き返し、
道中で受け取ることにしていた。
しかし、あの渋滞を見て、
さらに空港へと向かう道のりを考えると、
残り時間が少ないという結論にたどり着いた。

混乱した頭を整理しながら、
ボティに我が家の書類の場所、鍵の場所を教えなければならない。
私たちはブカレストの空港へ向かいながら、
ボティが姑宅で鍵を受け取り、
その足で我が家に入って、難問である
箱と鍵のありかを探り当てるのを
電話を通じて祈るような思いで見守っていた。

私の頭は最悪の事態まで考えておかなければならなかった。
もしボティが間に合わなかった場合、
先にパスポートなしで行ける旦那と長男に行ってもらい、
次のフライトで私が下二人を連れて現地で落ち合おうということになった。
時間を節約するため、私以外の家族は
先にセキュリティーチェックを済ませて、
パスポートコントロールの前で待っていてもらうことになった。

そして、私一人だけが
出発ロビーの掲示板の前に立っていた。
搭乗時間まで優に1時間半もある。
荷物に入りきらなかった、チャイルドシートを抱きかかえ、
時刻表を食い入るように見ながら、
時折、セキュリティーチェックの列が気になりうろうろすることもあった。

GPSによると、午後1時前後には到着見込みとある。
飛行機の出発は1時50分、搭乗開始時間は20分とあった。
そして観察していると、
航空会社によって搭乗の締め切り時間が違うのが面白い。
私たちの乗る格安航空会社WIZZAIRは、
出発時間の10分前までラストコールがかかっていることに安堵した。
計算をすると、出発30分前の1時20分ごろにセキュリティーチェックを終わらせれば
間に合うということになる。

真剣な表情でチャイルドシートを抱え立ち尽くす私のほうに、
レポーターの女性がやってきた。
ルーマニア語で何やら話しているのは、
ちょうど最新のニュースになっているコロナウィルスについてどう思うか、
旅行を心配しているか類の質問だった。
おおよその意味は分かるが、あいにくルーマニア語は話せない。
「ルーマニア語はダメなんですけれど・・。」という私に、
「英語でもいいんですけれど。」と離れないリポーター。
一刻の予断も許されないこの状況で、
そんな社会問題は考えも及ばなかった。
ごめんなさいと謝ると、彼らは立ち去った。

焦る私の心とは裏腹に、1時に向けて時計の針が近づいていく。
たまりかねてボティを呼ぶと、
あと10分ほどで空港に着くという返事。
空港の外で黒いホンダを探しているのだが、
それらしい車は一向に現れない。
もう一度呼び出すと、
ボティが焦った様子で、空港へ行く途中の曲がり角を間違えた様子だった。
誰かに道を聞くのが聞こえてくる。

あと少しで1時になるという時になって、
やっとボティの車が到着した。
チャイルドシートを助手席に放り込み、
金庫からパスポートを出して受け取ると、
心からお礼を述べて、ガソリン代だけ手渡した。
「残りは、帰ってからね。お礼をさせて。」とだけ言うと、搭乗口向かって駆け出した。

このように、波乱に満ちた旅の幕開けとなった。
汗だくになり、心身ともに疲労して
空を飛んでいると、改めて友人のありがたみに感謝した。
普通ならあり得ないようなことでも、
心置きなく信頼してお願いできるブラーガ一家。

曇り空の上に、夕日を浴びて浮かび上がるエトナ山。
私たちは、2時間のフライトでカタ二アに降り立った。











スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2020-02-13_23:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント