トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアに家を建てる(2)

今朝は早起きをして、ドボイで作業をする予定だったのに寝過ごしてしまった。
夜眠ったベッドがマットレスではなくて、干草が入っていたからだろうか・・・(草のよい香りがしたが、少し固かった)。
遅い朝食をとってから、車に乗り込んだ。

ドボイは、お姑さんの里から二番目の村である。
ツォーファルバが平野の真ん中に位置していて、国道が村の真ん中を通っているのに対して、ドボイは山の斜面に面した静かな村である。
森の要塞といったところだ。

faluban2 053


だから村の中は至って静かである。
機械音がまったくしない。
鳥のさえずりと虫の羽音、風のざわめき、村人の生活音、家畜の鳴き声、馬車の通る音・・・・それらが、時折混ざり合って聞こえてくる。

私たちは村のはずれにある土地に着いたら、
まず友人宅を覗いて見た。

faluban2 056


彫刻家のバルニは作品を作るためにスロバキアに行ってしまった。
もう帰っているだろうか・・・と思ったら、犬が二匹いるだけ。
可哀相に、一週間以上も主人の帰りを待っている犬たちにパンを分けてやった。

さて例の土地へやってくると、早速作業を開始する。
今日の仕事は、このおんぼろの小屋を壊すことである。

faluban2 057


木材を使えるものと使えないものに分けないといけない。
前回よりも力のいる仕事であるから、こんな武器も登場する。

faluban2 058


丸太を斧で叩くと、まるで煙のように勢いよく木のくずが舞う。
おじさんが「これを吸うと大変だ。お腹がすぐに下るから。」と注意をする。
こんな木の粉でお腹が下るものなのか・・・私はしばらく見物することにした。

faluban2 062


私は何気なく目の前の通りを眺めていると、結構人通りはあるものだ。
ここは村の共同の井戸のそばであるから、井戸に水を汲みにやってくる人が目に付くのだ。
バケツを手にやってきたおばあちゃんにご挨拶。
おばあちゃんは門のそばにやってきて、しばらく立ち話をした。

faluban2 059


息子の姿を見て、「うちにも孫がいるから遊んで頂戴」などと話す。
お孫さんは今6歳で、もうすぐ隣村の小学校に通うという。
村にはジプシーの子供が多いから、幼稚園にもあまり行かなかったそうだ。
「ハンガリー人に対して、ジプシーは子供の数が多いから困る。」とおばあちゃん。
そして、水を汲みに行った。

近所に住む、ヨーシュカおじさんもお仕事に励む。
家畜のえさの干草をこんな風にして運んでいた。よく落ちないものだ。

faluban2 061


息子は・・・というとカタツムリ遊びに興じていた。
「ママ。ほら見て。くっついているよ!」と楽しそう。トランシルヴァニアのカタツムリ君、ちょっとでかくて気持ち悪い。

faluban2 065


やがて私も家を壊す作業に参加。
この丸太は、傷んでいるものは非常に軽く片手で持てるほどなのに、状態のいいものは両手でやっとの重さ。
所々に釘があるので気をつけないといけない。
・・・そうして解体作業は順調に進み、私もいつしか汗だくになっていた。
ほら、こんな風にもう跡形もなくなってしまった。

faluban2 068


お昼ごはんを食べるのに、井戸に水を汲みに行く。
このゲーメシュ・クート・・はじめはどう使ってよいのやら分からなかったが、もう大分上手に水を汲めるようになった。
てこの原理で上に持ち上げる力が働くから、水いっぱいのバケツを持ち上げるよりも、
空のバケツを下に下ろす作業の方が難しい。
慣れないと空のバケツを持ったまま、上に持ち上げられてしまいそうになる。

faluban2 069


私たちの土地では大きなクルミの木が日陰を作ってくれるから、
先ほどまでは暑かったが、すぐに涼しくなった。
私たちはお姑さんお手製のポガーチャをつまみ、おじさんはタバコを吸って休憩。

私が「ガーボル・ジプシーの住む村を見に行きたい。」と話すと、ラツィおじさんは「それならカラーチョニ・ファルバ(クリスマスの村)へ行くといい。」といった。
おじさんは隣のマロシュ県にあるその村出身だという。
そこはハンガリー人、ルーマニア人、ガーボル・ジプシーと呼ばれる、民族衣装を着た職人商人のジプシーで構成される村だそうだ。
「あいつらは他の人種とは混ざらないんだ。ここらのジプシーとは違って、みんな金髪だよ。」という。
もともとジプシーはインドから来た民族といわれるので肌が浅黒く、黒髪であるのに、裕福なジプシーの中には金髪も少なくない。

そして、おじさんはジプシーの面白い習慣を話してくれた。

村のジプシーが何かの罪を犯して、警察に連行されるとする。
そこで、9人のジプシーの長老たちがその者を十字路に連れてこさせ、ろうそくを二つ立てる。
ひとつは天国、もうひとつは地獄を意味するという。
そこで長老たちが裁判を行う。罪を犯したものは、そこで罪の告白をしなければならない。
この儀式は、ジプシーたちにとって警察という国家的な権力よりももっと大切なものであるという。
いかにジプシーという集団が保守的で、連帯が強いかがうかがえる。

私はいよいよ興味を持って、ラツィおじさんにいつか故郷の村に連れて行ってもらうよう約束をさせた。

村を離れる前に一目でも見ておこうと、隣の隣にあるもうひとつの土地へと行く。
かなりの急斜面を登って、土地の一番高いところへ。

faluban2 076


ここが私の一番のお気に入りの場所だ。
草に寝転んで、遠くの景色を眺める。
後ろはもう、森の入り口だ。

faluban2 072


しばらくして帰ってみると、ヨーシュカおじさんが来て話をしていた。
おじさんは、この前森に行ったらキノコをたくさん見つけたと話したので、
「どんなキノコ?」と聞くと、あの美味しいローカ・ゴンバ(ハンガリー語で、キツネキノコ。杏茸のこと)である。
ラツィおじさんは大好物だというと、意外にも分けてくれるという。
そして袋いっぱいのローカゴンバを持ってきてくれた。

faluban2 089


faluban2 091


これは本当に美味しいキノコで、歯ざわり甘い味など最高である。
栽培はできないので、市場でジプシーたちが売っているが結構高い。
私たちはお礼を言って、車に乗り込んだ。

車で村を降りてゆくと、馬と人の水飲み場が見えてきた。
のどが渇いた息子に水を汲んでやる。
・・・と鋤を持ったおばあちゃんたちが通りかかった。

faluban2 096


おばあちゃんたちは少しおしゃべりを交わして、家に帰っていった。
働く人の後姿は美しい。
そんなことを気づかせてくれたのは、この村の人々だ。
まだ作業が続くので村を散策する暇がないのだが、いつかあの先には何があるかを見に行きたい。
どんな人との出会いがあるのか楽しみである。

faluban2 097


faluban2 092


スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|村に家を建てる|2008-06-28_23:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

相変わらず、息子さんは虫が好きなんだね~(笑)
気持ち悪い~って声が聞こえそうです。

美味しいキノコ、食べてみたいです。
生で食べても美味しいの?

家を建てるの頑張ってね。
建てたら遊びに行きたいな~。

色んなことに挑戦してる姿がとても素敵だと思います。
私もそう思って、あえてアップの写真は載せませんでした。
トランシルヴァニアでは輸出用にカタツムリの養殖をしているそうです。ここの人たちは食べないけれど、あのフランス人たちが食べるから・・・

ローカゴンバは生では、食べないようです。でも昨日旦那がたまねぎをいためてローカゴンバとパプリカを煮込んだものを食べたけれど・・・・最高!
ぜひトランシルヴァニアに来たら食べてみてください!!

遊びに来てくれるのを待ってます。
のどかですね
干草のベッド、ハイジみたいですね。
(アルプスの少女 ハイジ)

小屋はあっという間に解体されましたね~
全部、ツルハシみたいな道具で手作業ですよね? 凄いな~

新しいお家が楽しみです。

カタツムリを手にした、無邪気な息子さんの笑顔が良いです。

ガーボル・ジプシーの村へ行かれたら、またレポートして下さいね。
興味深々

はい、もちろんです♪

やっぱりジプシーの生活、文化に興味をお持ちの方、多いですねー。

日本での日常生活とは程遠い、古き懐かしき昔の生活を維持しているからでしょうか。そして音楽にフォークロア・・・あのロマンチックなイメージもありますものね。

これからも家を建てる経過をお届けします。無事この夏にできるといいなあ。

あのハイジも干草のベッドに、寝ていたんですか?素敵だけれど、寝づらかったです・・

これはアンズタケではないでしょうか。ジロール、学名からシャンテレルという場合もあります。
生の状態だとさわやかな香りがあり、人気の高いキノコです。日本でもほぼ同じものがありますよ。
もせてさん、日本ではアンズタケはどのようにお料理するのでしょうか?

こちらでは、パプリカ風味にサワークリームを入れての味付けです。

日本では、キノコ狩りなどしたこともなかったので、これからもキノコに関して教えてくださいね。
日本ではほとんど誰も食べません。分かっている人だけです。
癖が殆ど無いので、単なるグリルから煮物まで何でも合うと思います。
本当に、いやな苦味や癖がないですよね。本当に美味しいです。

なぜ日本では知られないのでしょう?
みなさま、見つけたらぜひご賞味ください!

トランシルヴァニアのキノコの中では、アンズタケが一番だとオススメします。