FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2020/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スターナのアーティスト

カロタセグ滞在の5日間の合間に、
主催者のアティラとともにフィールドへも出たことは楽しい経験だった。
ズィラフの博物館員であり、
本来は美術専門であるはずの彼が民俗学の方面でも仕事をしている。
特にトランシルヴァニアの陶器についての造詣が深い。
スターナの村へと出かけることになった。


sztana_20200904191757667.jpg


山を下り、さらに登って原っぱを越えて、スターナの村に到着した。
初日に待ち合わせをしたプロテスタント教会の横にある文化会館で、
面白い写真展があるという。
イギリスの写真家で、デニス・ガロウェイという人物が、
1920~30年代にかけて、カロタセグ地方を撮影して回った。
壁に掛けられたモノクロの写真には、
結婚式や葬式の習慣や、
美しい衣装に身を包んだ村人たちが記録されていた。


sztana (14)


アティラが言う。
「この村にひとり知り合いがいるから、そこを訪ねてみよう。」
小さな村のはずれにある一軒家。
その門には面白い標識がかかっていた。
「うちの犬は、時速50キロで走れる。」
普通なら、「犬、危険。」とか書いてあるものなのに、
ユーモアあふれる表現で、しかもちゃんとよそ者を威嚇している。

門をひらくと、さっそくたくさんの犬が柵の向こうがわで待ち構えていた。
しかし、どれもが親しみやすく、襲ってくる恐怖は感じられない。
庭は、どこにもガタクタのようなユニークな作品で埋め尽くされていた。


sztana (2)

sztana (15)


白髪のご主人は、ピシュタ。
スターナで生まれのアーティストだ。
丸顔に青い瞳で、人懐っこいまなざしを注いでいる。
来るなり、すぐにパーリンカでもてなしが始まった。
同じ芸術家のアティラとは、親しい中であることがすぐにうかがえる。

「古い体制の時に、チャウセスクの絵を描かなければならなかったんだけれど、
体制が変わった後、どこからかその絵が出てきて、
誰が描いたんだってことになった。
俺は恥ずかしくて言えなかったよ。
何せ、何メートルもある大作だったんだ。」
そんな話をしながら、陽気に笑っている。


sztana (12)


主人のもてなしを受けて、部屋の中を見せてもらう。
「息子のためにタイルの壁を作ってやったんだ。」
それは見てすぐわかるように、彼がペイントしたタイルだった。
しかも、端には制作年とモノグラムが見られる。


sztana (3)


「これは、客が来た時に、絵をプレゼントしてあげると見せかけて・・・。」
ピシュタが絵を取ろうとすると、ただフレームだけが取れる仕掛けになっている。
絵は壁にそのまま描いてあるのだ。

電源のコネクターの上には、必ず鳥が描かれている。
生活すべてを、面白くし解釈してしまうのがピシュタの性癖らしい。


sztana (6)


主人の部屋は、カロタセグの陶器や織物で飾られていた。


sztana (10)


主人の部屋の秘密の小箱には、
母親から受け継いだ手仕事が収められていた。
中でもすぐに目を引いたのが、革製の小さな袋。
他のカロタセグの村でも見たことがあったが、たばこ入れとして使われていた。


sztana (7)


「さあ、カティ。これを広げてみなさい。」
私の名前も勝手につけられている。
黒いクロスステッチでできたベッドカバーは、葬式の祭壇を作るときに使われたもの。


sztana (9)


ブドウの房、バラの花、そして鳥が向かい合わせに刺繍されたのは、
産後の女性を見舞う時にお菓子を包むのに使われたロングクロス。


sztana (8)


「これが、僕の母親だよ。」
ピシュタが部屋の隅にかかっていた絵を見せてくれた。
裏には、デニス・ガロウェイと名前が刻んであった。
先ほど、村の中心で見たばかりの写真を撮った人物だ。
ピシュタの母親が若いころ、このイギリス人の芸術家に会い、
このように絵を贈られたのだった。
その息子が芸術を志すことになったのは、面白い因縁だ。
「実は、彼はスパイだったそうだよ。」とこっそりとささやいた。


sztana (1)


こちらも彼の写真に違いない。
少女たちが身を寄せ合うようにして刺繍をしている風景。
幼い少女を肩に抱く男性を差していった。
「これがおじさんだよ。戦争で帰らなぬ人となった。」
その横にいるのが、ピシュタの母親だ。


sztana (4)


ピシュタに礼を言って、家を出ようとすると、
また通り雨がやってきた。
再び、主人のベランダに戻って、酒盛り。
今度は、作りたての甘いサワーチェリーのリキュールを頂いた。


sztana (11)

雨上がりの村をほろ酔い気分で後にし、
私たちは家族や仲間たちの待つセントイムレイの家へと山道を越えていった。



スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2020-10-01_03:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント