FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」

イディッフの柴田さんと知り合ったのは、

3年以上も前のことだ。

梅田の催事で、チェコの文化を紹介するブースを持っていた彼女が、

いずれ刺繍の展示を企画したいと話を持ち掛けてくださった。


2年前の秋には、トランシルヴァニアに下見に来られた彼女をご案内した。

和装姿の柴田さんをお連れして、

ブラショフの民俗博物館、サチェレの民俗博物館や村の織り工場、

そしてセーケイ民族博物館を一通り見て回った後、

我が家のコレクションをお見せした。

最後には、アーラパタク村のおばあさん宅で実際に村の刺繍を見て頂いてからお別れした。


その間にパンデミックが到来し、

この企画も立ち消えになったと思い、諦めていた頃、

昨年の秋の終わりに連絡がきた。


こうして展示品のリストの作成、

展示品の解説や目録の記事の執筆、

現地の写真家を探し、展示品の写真撮影、展示品の発送など。

この数か月は、この仕事でかかりきりになった。


気が付くと4月、

企画展の告知もはじまり、

やっと展示会が近づくという実感がわいてきた。

残念なことに、私は自分の目で展示を見ることができないが、

刺しゅうを愛する人々に、

トランシルヴァニアの衣装と刺繍の美しさを十分に堪能してほしい。





横須賀美術館の企画展「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」が


4月24日(土)~6月27日(日)まで開催されます。



ExytqWRUcAkHrkv.jpg



ショップオーナー所有のトランシルヴァニアの伝統衣装と刺繍が30点展示されますので、


ぜひこの機会にご覧くださいませ。


期間中はキットや刺繍作品など、ミュージアムショップでお買い物もできます。


ファッションプレス誌からの紹介はこちら


横須賀美術館HP

横須賀美術館FBページ(展示場の様子がご覧いただけます。)





スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|イベント|2021-04-01_16:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント