FC2ブログ

トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

刺繍の達人おばあちゃんたち

7月下旬にトランシルヴァニアからワークショップをお届けする

支援型プロジェクトは、新しい可能性を示してくれた。

5月28日に募集を開始して、5日後には目標金額に達することができた。

私自身も信じられないほどの反響に驚いている。

応援してくださる方々の気持ちが後押しをしてくれ、

これまでにないあり方のワークショップを実現することができそうだ。


まずはじめに、おばあさんたちに連絡を取り、

この良き知らせを伝えることに決めた。

私はふだん電話でのコミュニケーションが得意でない。

特に用事がないときに、人を呼びだし、

何となしの会話をするのが苦手だ。

しかし今回は大切な報告があるので、心は弾み、ボタンを押した。

はじめに、ビーズ刺繍のエルジおばあさんを呼んでみたが、出ない。

次に、シク村のエルジおばさんの番号を押し、懐かしい声が飛び込んできた。

ちょうど今、娘さんの住む町から帰ってきたところで、

片足の痛みのためにマッサージに通っていることを話した。

「いつ家に帰ってくるの?」おばさんは尋ねる。

シク村に古い家をもつ私にとっては、もう一つの故郷である。

それなのに、200kmの距離は遠く、なかなか帰ることができないでいる。

我が家の庭にも草がぼうぼうに茂っていることなども聞き、

古いが美しい家に対して、何とも申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

そして、ワークショップの話をもう一度詳しく聞かせると、

「ええ、いつでもいらっしゃい。待っているわ。」と

いつも包み込むようなエルジおばさんの声が耳に残る。


erzsi kicsi


イーラーショシュの図案描きアンナおばさんの電話は、電源が切れている。

普段はよく電話に出ることのないアーラパタク村のピロシュカおばあさんが、

珍しく電話を取ってくれた。

調子を聞くと、あまり良くないと答える。

それもそのはず、6月初めなのに寒波がやってきて、

連日雨ばかりで肌寒い日が続いている。

「私はやることがなかったり、閉じこもって人に会わないでいるとき、

調子も悪くなるのよ。」

80代半ばでひとり暮らしのおばあさんは、

ここ数年で目に見えてやせてきて、私も心配している。

もしかしたら当日、体調不良になってしまう可能性もないわけではない。

他にも、刺繍ができる人を迎えようと提案をすると、

「大丈夫、私一人でできるわ。

忘れたの?あなたにだって教えたじゃない。」と強気な返事が返ってくる。

おばあちゃんの声がだんだん力強さを帯びてくるのを感じ、

安心して電話を切った。


piroska.jpg


しばらくして、エルジおばあさんから呼び出しがきた。

いつもなら、おばあさんから暇なときに電話をかけてきてくれる。

「今ちょっと仕事があってね。」と前置きをしてから、

「ね、今どんな仕事に取り掛かっているか分かる?」といらずらっぽい口調で尋ねるので、

こちらが興味を持つと、

「我が家にお風呂場を作っているのよ!」と重大ニュースを打ち明けた。

伝統的な村の住まいには、風呂場はなかった。

昔はどこの家庭でも、たらいで体を洗うのが普通だった。

「まさか70過ぎてから、こんな大掛かりなことをするなんて夢にも思わなかったわ。」

ひとり息子のバンディはもちろん手伝わないし、

働き手を雇って工事をしているという。

ワークショップのことを話すと、

「私がそれまで元気だったら、もちろん手伝うわ。」と張りのある明るい口調で答えた。


erzsi2 kicsi


何度かけても、アンナおばさんの電話につながらない。

クルージの町に住む娘さんに尋ねてみると、夜なら出るだろうとのこと。

ちょうど自宅でお風呂に入っているときに、電話をもつ旦那の手がのびてきた。

アンナおばさんからだった。

ペトリ村は、ほとんどが未亡人のおばあさんたちでなる小さな村だ。

70歳のアンナおばさんはそれでも若い方で、教会のオルガンも弾き、

皆に頼られるしっかり者だ。

何よりも、イーラーショシュの図案を創造性豊かに描く、芸術家でもある。

5年ほど前からパーキンソン病を患い、

健康の状態も年々衰えていっているのが分かる。

ワークショップのことを話すと、「いいわ。」としっかりした答えが返ってきた。

数年前に、雪の積もる中、文化服装学園の社会人講座の受講生の方々といっしょに村を訪ね、

村のおばあさんたちと刺繍で交流をしたことが忘れられない。

女性特有の活気と、共通の趣味でつながる想いは、

時に言葉の不自由さも乗り越え、心と心でつながる時がある。

あの奇跡のような時間を、もう一度と心の中で思い描いてきた。


anna.jpg


私たちを隔てる距離は大きいが、刺繍を通じて見えない手でつながっている。

その手がさらに一人、もう一人と繋がっていき、

ひとつのものを作り上げることができたらどんなに素敵だろう。

今ここでできること、

ここから発信できること。

その力を信じ、ワークショップを成功させたい。


トランシルヴァニアから伝統手芸を広めたい!
(Onlineワークショップproject)
現在も支援者を受け付けています。

スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|その他|2021-06-03_21:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント