トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアに家を建てる(4)

旦那が前夜からすでに村に入っていたが、
私たちはその日の朝、電車に揺られて最寄りの村ナジ・ボロシュニョーへ。

doboly3 008


トランシルヴァニアの電車はかなり古いか、新しいかのどちらかである。
新しいものはほとんど、西欧で使われたものがそのまま運ばれてきているようだ。
だからベルギーの路線図やフランス語表記に出会っても、
さして驚くこともない。

駅には、ラツィおじさんが待っていてくれたので、
ここからは車でドボイに入った。

村の入り口にある大きな門をくぐるとすぐに、
旦那の一行の姿を発見。
馬車には、今日の主役である大きな石が積まれていた。
私たちは、お先にと上へ進む。

doboly3 010


やがて私たちの土地に着いた。
昨夜雨が降ったので、溝も湿っていた。
風が吹くと、セーターを着ていても肌寒いくらい。
日によってこんな風に、暑かったり寒かったり変化が激しい。

やがて馬車が到着。
すぐに荷台からゴロゴロとした石を放り投げる。
後で、この石を溝に敷き詰めなくてはならない。

doboly3 011


doboly3 012


私たちは、一仕事終えた男性方に振舞うビールを買いに店へと走った。
途中lで出会ったおばあちゃんに挨拶すると、
「誰のところに来たの?どこから来たの?」と質問攻めにあった。
どうやらおばあちゃんは村のはずれに住んでいるらしく、
家を売りに出そうとしている。
別れ際に「家を見がてら、遊びにおいで。」といった後、
「あなたお金持っているでしょう。タバコを買うお金をちょうだい。」ときたので、
私は聞こえない振りをして店に入った。

さてビールを飲んで一休みをすると、また男性陣は去っていった。
隣村のザーゴンにある、小川で集めてくるらしい。
所要時間は1時間半。

doboly3 020


私とラツィおじさんは、以前小屋を壊したときに捨てた瓦のくずを拾い集めて
溝に放り投げ、それから大きな石も投げ込んだ。
セメントはお金がかかるので、石や瓦で節約というわけだ。

doboly3 013


作業が終わると、暇になってしまったので座って待つ。
井戸に水をくみにきたおばあちゃんの後ろには、ガチョウが列をなしてぴったりとくっついていく。
おばあちゃんが飼い主であるらしい。

doboly3 015


水を汲んできた後、息子の姿を見ると、
「うちにも孫がいるから、遊びにおいで。」と薦めてくれる。
そこで、通りで遊ぶ子供たちと一緒に初めてのサッカー体験。
バールに慣れていない息子のへなちょこボールを、
根気よく待って遊んでくれた。
村の子供たちのほうが、数が少ない分すぐに仲良くなれそうだ。

息子が眠いと言い出したので、連れて友人宅に寝かせに行く。
トランシルヴァニアの夏は日が長いので、
食事の時間もまちまち。
もう2時すぎなのにまだ食事の気配なし。
私はパンやお菓子をかじって飢えをしのいだ。

すると、はいていたジーンズが汚れてしまったので
洗濯をしなければならないことになった。
私は、友人宅にあった毛布を借りて腰に巻きつけ靴ヒモで結んだ。
するとウールの巻きスカートに。
トランシルヴァニアの人の精神を見習って・・・。

結局、まる一日かかって合計4往復をして石を運んだ。
たかだか石なのに、3人がかりで大変な作業である。

7時過ぎに火をたいて、ルーマニア名物のミッチと呼ばれるハンバーグのようなものを焼く。
自分の土地で、こんな風にキャンプファイヤーができるなんて最高だ。

doboly3 024


夕食の後、傾いた日差しを浴びながらヨーシュカおじさんがヒツジを放していた。
この4匹のほかの、8匹のヒツジはヒツジ使いに連れられて長い旅に出ている。
5月に村を出て、再び帰ってくるのは12月になってからだという。
おとなしくて、優しい素敵な家畜だ。

doboly3 028


夕方のドボイの村は、人々が行きかい通りで立ち話をする。
私も昼にであった子供づれの女性と話をした。
息子とちょうど同じくらいのお嬢さんを連れて・・・と思ったらおばあちゃんらしい。
まるで娘のように可愛がっているヴィキは、
おばあちゃんの影響で世界のさまざまな音楽を聴いて踊るのが大好きだそうだ。
「私は子供の視野を広くするために、ブダペストでは中国人の幼稚園にも連れて行ったのよ。」と語る。
驚いた。こんな村にも、進歩的な人がいるものだ。

お向かいのおばさんも加わって、立ち話に花を咲かせていると
いつしか日も暮れて、薄暗くなってしまった。

今夜は、友人バルニの家に残ることにした。
初めてこの村で夜を越すことになったが、村の人たちと知り合うことができてよかったと思った。


doboly3 033

スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(1)|trackback(0)|村に家を建てる|2008-07-14_08:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

石を運ぶのも馬車で、
全部、人力、馬力で、
造る課程は大変かも知れませんが、
徐々に形になっていく様を見るのは
楽しみですね。

馬車にあふれんばかりの男3人衆の
後姿に笑ってしまいました。

毛布を靴紐で縛ってスカートにするとは!流石です。
服が汚れたってなんとかなるんですね~

おばあちゃんの後を追う、ガチョウが
可愛いです。
昔、アヒルを飼っていましたが、
ひょこひょこ、おしりを振って歩く
様は可愛いですよね。

息子さんにも可愛いお友達ができて
なによりです(^-^)