トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

結婚式の悲劇

生まれて初めて結婚式、披露宴というものに呼ばれた。
交友関係が広くはないのも事実だが、理由はそれだけでない。
仲のよい友人で結婚している人が少ないこと、
20代の頃は、日本とハンガリー、ルーマニアの間をうろうろしていたので、
友人の結婚式の時期にちょうどいなかったこともある。

目指すのは、ルーマニア第2の都市ブラショフの隣にある町である。
ここには、ハンガリー語で「7つの村のチャーンゴー」と呼ばれる人たちが住む。
ルーマニア人、ハンガリー系のチャーンゴー人が共存していて、ブラショフに近いためドイツの文化も混ざり合って、特有の文化ができている。まさにトランシルヴァニアならでは。
今はハンガリー系の住民は20%ほどであるといわれる。

私たちはブラショフからバスに乗ってサチェレへと向かった。
ブラショフからブカレスト方面へは、広い平野があって、その先には高い山脈に突き当たる。
この辺りは、2000m級の山が多く見られる。
その山の足元に、細長く広がっているのがサチェレである。

eskuvo 161

町の中ではメインストリートが、曲がりくねってどこまでも長くのびている。
そして、道路の狭いこと。歩道に至っては、人がすれ違うのがやっとの幅である。
19世紀~20世紀はじめの民家も見られ、4、5mの高さの門がずらりと並んでいるから圧迫されるような感じを受ける。
これはザクセン人から受け継いだ独特の文化だ。

私たちは、右に左に折れながらも3つ目の村までいきついた。
友人の家を見つけて中に入ると、庭ではすでに華やかな晴れ着に身を包んだ人々がグラスを手に集っていた。結婚式は、まず花嫁の家が舞台となるのである。

eskuvo 140

私たちもお菓子と、パーリンカの注がれたグラスを渡された。
それはクミンというハーブで作られた、薄い緑色の蒸留酒である。
砂糖入りなので甘いが、アルコール度数はかなり高い。

やがて大型バスが到着。
一同は門のほうを注目すると、ワインのボトルを掲げたおじさんが何かを叫んでいる。
「花婿を連れてやってきた。美しい花嫁はどこですか?」と少し芝居がかった口調で声を張り上げる。

eskuvo 142

おじさんを先頭に花婿や参列者が次々と庭に入ってきて、気がつくと庭は人でいっぱいになる。
家の庭先には、花嫁の家族が待ち受けていて、おじさんはなおもここでも演説をふるわせる。

eskuvo 143

これはトランシルヴァニア地方の結婚式の習慣で、大切な花嫁をそう簡単には渡さないという意味らしい。
はじめに、玄関からは白髪のおばあちゃんが現れた。
「ちょっとこれは年がいきすぎる。もっと若いのがいい。」とおじさん。

今度は、紫色のドレスを来た7歳くらいの女の子が出てきた。
「確かに処女には違いないが・・・もっと盛りのを出してくれ。」と言う。
群集からは笑いが漏れる。

やがて3番目に現れたのは、髪に白い花をさし、白いブーケを胸に抱いた美しい花嫁さんの姿。
まるでオーストリア・ハンガリー帝国の王妃、エルジェーベト(シシィ)を想わせるいでたち。
花婿と見つめ合うさまはロマンチックそのものだ。
おじさんは新郎新婦に夫婦がどうあるべきか、結婚生活について語った。

eskuvo2.jpg

やがて町の教会へと向かう。
真昼の日差しが降り注ぎ、町は細長い形をしているので一同がバスや車で大移動。

eskuvo 151

カルバン派の教会に入ると、中はひんやりと涼しかった。
参列客は、それぞれ席に着いた。
私たちも後ろのほうの席に座った。

Clipboard02.jpg

教会のミサが始まった。
牧師がお説教をする間、急に寒くなったのでくしゃみを2回ほどした。
賛美歌を歌った後も、なお話は続く・・・・
私はお酒が入ったせいか急に眠たくなって、半分目を閉じたまま話は上の空。

そして牧師が起立を告げた。
新郎新婦の誓いの言葉が始まる。
立ち上がると、急に吐き気を覚えた。
頭に重い石がのしかかったような圧迫感、目の前が暗くなる。
早く外に出ないといけない、そう感じて出ようとすると・・・・ドーンと音がして倒れたようだ。

その後、私は教会のいすに寝かせられ、水を飲ませてもらっていた。
ほんの数分間の記憶が飛んでいる。
どこかの優しい人がハンカチに水を含ませたものを手渡してくれた。

やがて式は終わったようで、人の波がだんだんと外へと消えていった。
私たちも明るいほうへと歩んでいく。
外では新郎新婦とその家族が並んでいて、参列客はキスをして挨拶をしている。
ダンナのかつてのクラスメイトの新婦は、「倒れたんですって。大丈夫?」と聞いたので、「もう大丈夫。」と笑顔で答えた。

気を取り直して、今度は披露宴に移る。
大型バスに揺られて、レストランへ直行した。
大きな会場ではたくさんのテーブルがセッティングされていて、生バンドの演奏まである。

例のおじさんが、いわば司会のような役割をしていて乾杯の音頭をとる。
音楽に耳を傾けながら、みな食事をする。

eskuvo 159

食事の後は、新郎新婦がワルツを踊り始める。

eskuvo4.jpg

それに新郎新婦の両親も踊りに加わり、あっという間にたくさんのカップルがホールの隙間を埋め尽くしていた。ゆっくりとしたリズムに、ゆれて踊る男性女性。
老いも若きもうっとりとした表情を浮かべて踊る姿が、午後の日差しに幻想的に揺らめいていた。

曲が終わると、リズムは一転して古く懐かしい音楽、民俗音楽のような激しいものまでさまざま。
驚くことには、若者よりも中高年のカップルのほうが踊りが好きであるようだ。

eskuvo 163

可愛い女の子発見。
セーケイの民族衣装を着た女の子は、お尻を振り振り踊っていた。

eskuvo 156

息子にちょうどよい相手である。
私も踊るように勧めたが、息子は絶対にイヤだと言い張る。
せっかく可愛らしいカップルになると思ったのに、残念。

eskuvo 157

この披露宴では、話をしようにも隣の人との会話がせいぜいである。
何しろ、バンドの音量が大きすぎるのだ。
することといえば、踊るか飲むかのどちらかである。

帰る前に、やっぱり一度は踊ってみたい。
そう思って誘ったが、ダンナは「もうだいぶ昔から踊っていないから、ここでは恥ずかしくてできない。」と弱音を吐く。
だれか踊りの上手なおじさんが教えてくれないだろうか・・・そう考えながら、楽しそうに踊る人たちを眺めるだけ。

次に披露宴に呼ばれるときまでには、せめてワルツだけでもマスターしておこう。
物足りなさを感じながら、会場を後にした。




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|文化、習慣|2008-08-21_05:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

踊り好きな村人
 思わずこの日記を読んで微笑んでしまいました。私は結婚式ではありませんが宴席でくるくると回らされて(相手は気持ち良く踊っているつもり)目を回した事があったので。
 宴席と言えばこちらではウォッカが定番ですが、これを飲んだ後に着物でクルクル回らされるともうへとへとです。
 連れ合いも踊りますが、たいてい私は人身御供宜しく次から次へと声がかかるので踊ってばかり、せっかくの料理が食べられない事も。
 逆ですね(笑)
やっぱり踊りたかった・・
越後屋さん、ありがとうございます。

シベリアの村の人って、積極的なんですねー。
お声がかかってばかりなんて、うらやましい!
私は踊れないためストレスがたまりました。
みんなこちらの人たちは子供の頃から踊っていて、ごく自然なことなんですね。

学生時代は、踊りに行ったこともあったし、民俗舞踊も少しはやったので、踊れないことはないのですが・・・連れ合いがシャイなもので。

ウォッカを飲んでからぐるぐる・・・なんて想像しただけで吐き気がします。
私の卒倒の原因も、おそらくあの強烈な蒸留酒のせいだと思われます。
もう2度と飲みません!