トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

村へサイクリング

おばあちゃんの住む村、ツォーファルバから自転車を借りてサイクリングに出かけた。
トランシルヴァニアの典型的写真、子供たちの写真を撮るのが目的だ。

「トランシルヴァニアらしい写真」というのは意外と難しい。
想像するのは難くないが、実際に写真を・・・といわれると困ってしまう。
雑誌はフォークロアを訪ねるという企画だが、トランシルヴァニアを紹介する写真をという注文がある。

私が押さえておきたいのは

1.ヒツジの放牧・・・ヒツジ使いがいれば、この上ない。

2.丘の風景・・・丘の上に教会がある風景など。

3.馬車・・・農業用、交通手段として大活躍するから。

4.井戸・・・ドボイでいくつも撮りためたものがあるので、これは大丈夫。

5.セーケイの門・・・・この地域特有の門。木の彫刻が美しい。

6.セーケイの民俗衣装・・・トランシルヴァニアでは地域によってさまざま。ここはセーケイ地方。

ということで、後ろ座席に息子を乗せて出発。
ツォーファルバから、舗装のない道路をこぎ進んでいく。
道路は固く、でこぼこになっているので、これを避けるようにして運転しなければならない。
細心の注意が必要だ。

しばらく走って休憩。
のどかな田園風景に包まれる安らぎの時間。

telek 018

6kmくらいあぜ道を走ると、隣村テレクについた。
そのまま走り抜けて、今度はその隣のソチョルまで自転車を走らせる。
村の中心には、大きなセーケイの門が立っていた。
屋根のついた、巨大な木製の門。
セーケイのシンボルである、太陽と月のモチーフが両端に見られる。
本来は民家にあるはずの門だが、最近はこのように村の入り口などに建てる習慣があるらしい。

telek 020

村の教会を覗いてみることにした。

telek 035

ルター派の教会へ入ると、鐘をつく番のおじさんが中を案内してくれた。
幸運なことに、教会の塔にも登らせてもらう。
薄暗く狭いはしごを上へ上へ。
今にもそこが抜けるのではないかと不安に駆られながらも、どうにか頂上へ到着。
150年ものの間、村の住民に時を知らせている古い鐘。

telek 023

教会の上からの眺めると、遠くの山並みが見える。
あの山のふもと辺りにドボイがあるのだろう・・・

telek 025

今度は、もと来た道をバックをしていく。
途中で、干草を乗せた馬車に遭遇したので、ここぞとばかりにシャッターを押す。
この干草の山は、よくも横倒しにならずにうまく運ぶものだと感心する。

telek 037

隣村テレクに戻ってきた。
おばあちゃんのふるさとの村である。
息子がのどの渇きを訴えたので、水をもらうことにした。
ちょうどよく、家の前のベンチに腰を下ろしおしゃべりをするおばあちゃんたち。
「水をください。」というと、すぐに井戸水をくんで持ってきてくれた。

telek 038

一休みをしていると、村はずれの野原で遊んでいる子供たちを見かけた。
ちょうどいいタイミングなので、写真を撮らせてもらうことにした。
いくつか写真を撮った後「何をしているの?」と聞くと、「チョウを採っているんだよ。」と返ってくる。
息子も虫好きなので、仲間に入れてもらう。

上着を地面にかぶせるようにして、「ほら、捕まえた!」という子供。
すぐに友人たちも駆け寄ってくる。
逃げないようにゆっくりと上着を持ち上げながら、手でチョウを捕まえるのだ。
手の中に動くものを確認すると、今度はコーヒーのビンにそれを入れる。
「見せて、見せて!」と子供たちが押しかける。

telek 047

珍しい東洋人の息子のために、虫をたくさん捕まえてくれるという。
コーヒーのビンは、まるで水槽のよう。
バッタが飛び跳ね、色とりどりのチョウたちが羽ばたいていた。
息子は、元気よく動き回る虫たちを見て笑顔。

telek 065

「ほら、あそこに小川があるから、行こう!」と誘われて、いつの間にか意気投合した私たちは、子供たちと遠足を楽しんだ。
野原を行くと、土手のようなものが見えてくる。
「これ、せっけんの花。」と見せてくれたのは、白い普通の花。
どうしてそんな名前がついたのかというと、水をつけて手でこすると、せっけんの泡のようなものが出てくるから。

telek 056

telek 058

土手を下りると、小川が見えた。
ややコーヒー色をしているが、そんなこと気にもしない。
男の子たちは洋服を脱ぎ捨てると、川に飛び込んでいった。
息子も中に入れてもらう。
水はまだ冷たいようだ。

telek 061

しばらく水遊びをした後、元の道を引き返す。
疲れたと弱音を吐く息子を、大きな女の子が負ぶってくれる。
村の子供は、町の子供よりもずっと純粋で、仲良くなるのにも時間がかからない。
もうすぐお別れするのは残念だ。

telek 076

原っぱを歩いていると、「ほら、コウノトリ!」と誰かが叫んだ。
青空に真っ黒い大きな鳥の姿。
5羽も6羽も続けざまに飛んでいく。
もうヒナもこんなに大きく、大人のように立派になった。
もうすぐ夏が終わるということを知らせているようだ。

golya2.jpg

telek 054

「テレクに、また遊びに来てくれる?」と聞く子供たち。
別れ際に、写真をもってまた遊びに来ると約束をした。
心地よい夏の遠足を味わって、私たちは自転車をこいで帰っていった。





スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2008-08-24_07:08|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な写真です~。
ありがとうございます♪
カメラはポンコツなのですが・・・
最近、おかしくなってきたので
買って一年以内ですが、もう買い替えないといけません。
今度はもっといいカメラを買って、大切に使おうと思います。
のどかですね
 子供達や馬車のどかですね。私が住んでいる村はすでに馬車は使われていませんが、山羊や牛がのどかに家の前や会社の前を散歩しています。
 子供達はこちらもとっても元気でおおらか。直ぐに話しかけてくれます。
 朝0度になる事も多くなり家ではラジエータを付け始めました。ますます手仕事のはかどる季節になってきました。
さすがシベリア・・・
もう0度ですか?
私の故郷の冬と同じくらいですね。

越後屋さんの素敵なライフスタイルを考えると、私もこちらの冬が楽しく暮らせるような、そんな気持ちになります。

この冬の手仕事が楽しみですね。
そして、美味しい煮込み料理も・・・
HPを楽しみにしています♪
取材は例の雑誌用?
 今中華麺を仕込んで一休み中です。今回の写真等は例の雑誌用ですか?
 どちらにしても10月の一時帰国の際購入するのが楽しみです。10日ぐらいには発売されるのかしら?

 そういえば、いつも日記の部分ばかり見ていてサイドを見てい無く、昨日初めてリンク貼付けて頂いたのに気付きました。
 有り難うございます。
HOME SWEET CRAFT
越後屋さん、そうです。
例の雑誌用に写真を撮りに行きました。
それでも、ダンナの友人の写真家が協力してくださることになったので、こちらはおそらく使われないはずです。
私のよりも格段に美しい写真が載りますので、どうぞお楽しみに♪
私も10月に帰国します。偶然ですね。

中華麺・・・さすが麺からお作りになるのですね。お腹がすいてきました。
息子がソバが好きなので、ソバの種をここで植えて栽培できないかなーと考えています。
ソバを打つのは、難しいでしょうか?
蕎麦…
 雑誌楽しみです。
 蕎麦、残念ながらまだ未挑戦なのです。うどん等より最初の水分を加える過程が私には難しそうなのと、基本的にここではそば粉を手に入れる事ができないので。
 うどんや中華麺は村で手に入る粉で十分に美味しいですが。
 あとロシアは蕎麦の実ごく普通に流通しているのですが、この蕎麦を粉にしても日本の蕎麦は打てないのだそうです。実際に別に駐在員さんが蕎麦の実を持ち帰り蕎麦屋さんで粉にして打ってもらったら種類が違うから駄目だと言われたそうです。
 粉を持って来るのも重いので、なかなか挑戦出来そうにありません。
 
 今回の一時帰国は連れ合いが添乗員もどきとして会社関係者の旅行に付き添う形なので、村を出てから日本へ着くまでに小旅行が入るので楽しみです。
蕎麦の種類
蕎麦といっても、種類が色々なんですね!
初めて知りました。
こちらでは蕎麦の実なんで見たこともありません。フランスでは確かクレープの生地に入れるんですよね。ロシアではどんな使い方をするのか興味あります。
それにしてもわざわざ蕎麦の実を持って来られた駐在員の方、かわいそうでしたね・・・

最近になって初めて食べたのですが、そばがきっていうのも面白かったです。
蕎麦の粉にお湯を入れてドロドロのおかゆにする・・・ここルーマニアでよく食べられるママリガに似ています。ここではとうもろこしの粉を使います。