トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

夏休みの過ごし方

トランシルヴァニアの夏休みは長い。
6月の中旬から、9月の中旬までの3ヶ月間、子供たちは限りなく長い夏の日々を過ごす。
なぜかというと、1日の日照時間は日本と比べるとはるかに長い。
朝5時半から夜9時過ぎまで日が沈まないのである。

日が高いうちは家で過ごし(または正午まで寝ていて)、夕方になってから活動を始めるというのが主なパターンだ。
晩の5、6時から9時過ぎまで公園は子供たちでにぎわう。

私たち東洋人の親子も、近所の公園に頻繁に出没するから、たいていの子供たちは顔を知っているに違いない。私たちも毎日のように顔を合わすから、その公園に通う子供は大かた覚えてしまった。

息子はもう大きいから、大体公園で野放しにする。
最近は仲良くなった小学生のお姉ちゃんたちに遊んでもらうことが多い。
「ターイキー!」とみんなが日本の呼び名まで覚えてしまった。

ICIRIPICIRI10 519

私はというと、公園の隅で本を読んだり、針仕事をしたり・・・

私が一人で何かをしていると、決まって話しかけてくる子供がいる。
もう子供といっても、今度高校生になる男の子なので、私と同じくらいの背の高さ。
公園の遊具は幼稚園から小学校低学年向けなので、暇をもてあましているようだ。
この夏に何度か日本語を教えて、彼からもルーマニア語の手ほどきを受けた。

「おばさん(15歳の子に言われると、さすがの私も傷つく)、
あっちにプルーンの木があるから、取りに行かない?」と誘われた。
それで息子たちを呼んで、近所のスタジアムまで散歩に出かけた。

szilva2.jpg

途中トカゲを発見して大喜びしたり、ピンボールと呼ばれる何かの遊びに使う塗料入りのボールを集めたりして、子供たちはなかなか先へと進まない。

陸上競技場の周りをぐるっと周ったところに、果たしてそのプルーンの木はあった。
ひいおばあちゃんの住む村にもあるような、黄色い大きな粒が無数に枝に張り付いている。
ロビは軽々と木によじ登って、あのレモンのように鮮やかな黄色い玉を次々に手渡した。
味見をすると、梅ほどの大きさのプルーンは甘酸っぱい。

「枝を揺らすよ。」と言って、少年は力いっぱい枝を揺らす。
インド綿のロングスカートを大きく広げて、下で待ち受けるとボトボトという音とともに大きな塊が上から降ってくる。スカートでキャッチしたよりも、私の肩や頭に当たった方が多かったのではないかと思うほどだ。

szilva1.jpg

やがてスカートを広げると、これだけのプルーン収穫できた。
私たちはプルーンをつまみながら、再び公園へ戻っていった。

きっと果物を食べる、というのが一番の目的ではない。
自分の手で果実を見つけて収穫する、その行為そのもののためにするのだろう。

春には野いちご、初夏には桑の実やサクランボ、夏にはプルーンや杏、秋にはブドウ・・・・こんな風に私まで子供の仲間入りをさせてもらって、冒険を味わってきた。
ずっと忘れていたような、懐かしい感覚を思い出すかのよう。

まだまだ子供たちがこんな風に遊ぶことのできる環境に感謝をしたい。
息子が大きくなっても、こんな風にプルーン狩りができるといい。








                                                                                            
スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2008-08-31_05:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

かお だよ(^ω^)
トランシルバニアで検索したら見たことある子が…!

初めてブログ見たよぉ(>▽<*)
ざっと見たけど、素敵☆映画のワンシーンみたいな写真やコメントに感動。

またちょくちょく見に来るね!

みんないい笑顔だぁ(≧∀≦*)
かお、ありがとう☆
トランシルバニアで検索して偶然・・・?
これって、すごいことだね!

コメントとっても、嬉しいです♪

いつかトランシルヴァニアに遊びにおいでね。春にはたくさんの野の花が咲いて、きれいだよ。息子さんに見せてあげたいな。

また見に来てくださいね!