トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジプシー居住区

日曜日の昼ごろに、息子を連れて親戚の家へと向かった。
そこはセントジュルジの町のはずれにあるのだが、多分この町の中で一番刺激的な場所だと言ってもいいだろう。

町から森のほうへと向かう、高台の地区は高級住宅地となっている。
ほんの数年前までは、ただの野原であったのが開拓が進んでしまった。
そこから、何本目かの通りにダンナのおばさんたち家族が住んでいる。

その通りの奥のほうへ進むと、閑静な住宅街から一変する。
急にアスファルトの道路は姿を消し、馬車が行きかい、たくさんの子供たちが外で遊んでいる。
・・・まさに生活の匂いが漂うといった感じ。
ここはもう、ジプシー地区の入り口だからである。

門の前で呼び鈴を押すと、すぐにガビカか出てきた。
今年で小学2年生になる女の子。
正確にはダンナのふたいとこに当たるのだが、大樹の遊び友達と言っていい。
「ここで外を見ていたら、バラージュちゃんたちの姿が見えた。」と話す。
門のそばの木の下で、よく外を見ているらしい。

私が親ならば、一緒に外の子供たちと遊んだら・・・と言いたいところだが、やっぱりジプシーの人たちは習慣や常識といったものが違うから、あまり親は子供と遊ばせたがらないものだ。
この辺りには、他に遊び相手がいないのでいつも一人でいるようだ。

私もその特等席にたって、外の様子をうかがってみた。
ちょうど木の陰に当たるから、こちらからは見えるが外からは見えない。
覗き見をするのに絶好のポジションだ。
通りでは絶えず人が行きかい、馬や牛、ブタなどの家畜もたまにうろうろしていたりして、いつまで見ていても飽きることがない。
写真を取りに表に出ようと誘ってみた。

ICIRIPICIRI10 314

ちょうど来るときに、家の柵にはじゅうたんがいっぱいに干されていた。
一般にジプシーと言うと、盗みを働く、清潔を好まない、大騒ぎがすき、子沢山・・・などの余りよくないイメージが付きまとう。
だがこんな風にじゅうたんを洗っている姿を見ていると、家の中は清潔なのだろう。
若いお嬢さんがゴシゴシと熱心に洗っている。通りには、水道もあるようだ

ICIRIPICIRI10 305

ICIRIPICIRI10 302

かわいい馬屋も発見。

orko4.jpg

私が写真を撮っていると、「おい、俺たちも撮ってくれよ。」と頼まれる。
またしても・・・昔、放浪写真家というのがいて、村々で写真を撮って生活をしていたそうだ。

ICIRIPICIRI10 306

「俺の家の馬と一緒に撮ってくれ。」と言われ、さすがに家の中までは・・・と躊躇したが、中に入って写真を撮った。

ICIRIPICIRI10 308

これ以上頼まれても困るので、早々に引き上げる。
ガビカの家は一軒家なので、庭には果物の木があり、ヒツジやブタ、ニワトリなどの家畜もすんでいる。町にいながらにして、村のような生活。
木登りもお手のもの。

ICIRIPICIRI10 328

これは何でしょう?

ICIRIPICIRI10 335

・・・答えはプルーン。プルーンといっても、種類によって形や味もさまざま。
古くなった梅のようだが、食べてみるとまるで砂糖漬けのように甘い。
今まで食べた中で、断然に一番美味しい!

もう洋ナシもこんなに大きくなった。

ICIRIPICIRI10 330

ちょっと笑えたのは、これ。
・・・失礼。

ICIRIPICIRI10 331

息子が昼寝をしてから、今度は森に散歩に出かける。

ICIRIPICIRI10 343

町のはずれには、もっと驚くべき光景が。
崩れかけた家が立ち並び、裸で走り回る子供たち・・・
かなり興味を引かれたが、このメンバーでいくのはちょっと危険なのでやめた。
本当に、これがルーマニア、ヨーロッパなのだろうか?

森では花を摘んだり、松ぼっくりを拾ったりした。
ちょうど町が一望できるところまでやってきた。
もう日はオレンジ色を帯びている。

orko3.jpg

夕方になると、通りはさらに活気を帯びてきた。
老いも若きもみんなが、通りの道端に出てきている。
ある家の門からは、たくさんの子供たちが出てきた。
中には裸ん坊もいたりして、かわいい。

ICIRIPICIRI10 363

ICIRIPICIRI10 364

写真を撮っていると、お母さんが出てきて
「もう中に入りなさい!
どうせ新聞かなんかに載せるんでしょう。
私たちに(写真を)くれるものか。」と少々怒り気味。

ICIRIPICIRI10 365

それにしても、大きく裕福な家に一人っきりで住んでいる人が、小さな家で子供がいっぱいのジプシー一家よりも幸せだなんて誰がそういえるだろう。
何メートルと隔てない場所に、こんな風に全く対照的な生活が繰り広げられている。

彼らジプシーたちの生活も今後、どんどん変っていくだろう。
それもヨーロッパという道を選んだ、ルーマニアの運命である。
こうした、別の価値感をもった人たちの個性がどんどん失われてしまうのではないか。
そう思うと、残念でならない。








スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ジプシー文化|2008-09-04_22:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

洋梨が…
 可愛いですね~洋梨。こういう形私もきっと写真に撮ってしまうだろうな~(笑)
 村は遠くに見えるタイガも紅葉が始まり赤、オレンジ、黄色が濃い緑の中にはえています。

 それにしても…、私にはジプシーとそうでない人の区別が一瞥ではまったくわかりませんが、そちらでは居住地域以外ですぐにわかるものなのですか? 
 村は比較的新しい村で、当然各地からの入植者ばかりで人種的にも色々な地域の方がいるので尚更区別がつきません。

ジプシー
シベリアの秋は早いのですね。
こちらでは、まだ紅葉は見られません。
色彩もきっと鮮やかできれいなのでしょう。
お写真も楽しみにしています。

ジプシーは、私も100%分かるわけではありませんが、土地の人たちはすぐに区別がつくそうです。
あまりジプシーの人たちは、他の人と混ざらないので。(よい意味でも悪い意味でも)保守的というか、古くからの習慣を維持しているところがあるようです。

私の友人も、見た目は全くジプシーのようで、生活や習慣はハンガリー人やルーマニア人と同じでした。彼女は自分をジプシーだとは思っていないようでした。


tulipanさんこんにちは!

今私が生きているこの瞬間に遠く離れたところでは、自分とは全く異なった生活をしている人達がいるんですよね。って当たり前といえば当たり前なんですが、tulupanさんのブログを拝見していていつもそう思います。

リアルタイムなジプシーの写真なんてなかなか見れないので、いつも興味深く拝見しています。

ジプシー居住区は危険…と書かれていましたが、危害を加えられたりすることもあるということなんですか?やはりジプシー以外の人には敵対心みたいなのを持っているんでしょうか。
ジプシー地区
SAYAさん、素敵なコメントをありがとうございます♪
そんな風に感じていただけて、本当に光栄です。

私自身、トランシルヴァニアのそんなところが好きです。別の言葉を話し、別の教会へ通い、別の個性をもった人たちがのびのびと生活できる・・いつまでもそうあってほしいです。

ジプシー地区は危険・・・
そうですね、場所によると思います。
とある村では、ハンガリー人の男性が一人で撮影に行ったところ、半殺しになって帰ってきたとも聞きます。
あまりよそ者の入ってこないところでは、かなり怪しまれてしまうこともあるみたいです。

ジプシーと言っても色々なグループがありますから、ちゃんと情報収集をしていけば、大丈夫でしょうね。