トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

おうちへ帰ろう

あのヒツジの放牧をしていた場所へと再び向かった。
今度は子供たちを連れて、遠足気分だ。
町外れのセメリアという小さな村を通る。
村のとある庭でも、ほら。干草の山の合間から、羊たちの姿が。

patak 031

ここから野原へ入るというときに、遠くのほうに犬の姿がちらっと見えた。
「犬がいる。どうする?」と近所の子供、ロビも怯えたような様子。
ヒツジの猟犬は、羊たちを守るためには手段を選ばない。
人間だってかみ殺すように、仕込まれている。

しかし、ここは町のすぐ横。
お決まりの遠足コースだから、頻繁に人が行き来するはずだ。
私は、念のために手にパンをひとつかみして前へ進んだ。

犬は、一度はこちらの方へ走ってきたが、すぐに引き返して行ってしまった。
ほっと一安心して、今度は小川のほうへと下っていく。

ICIRIPICIRI11 006

小川に沿って歩いていくと、突然に真っ白い馬が目の前に見えた。
息子は馬よりも、池の中のカエルのほうが気になる様子。

ICIRIPICIRI11 016

トランシルヴァニアで好きなのは、このヒツジの放牧のためにできる丘である。
草は大きくならないので、木がぽつんとなだらかな斜面にひとり立っている。
陽がそろそろ傾いてきた様子で、木の陰が斜めに背伸びをしていた。

juhok11.jpg

すると、谷のほうから羊の群れが姿を現した。
と思うと、どんどん丘を上がって上のほうへと進んでゆく。
朝の時とは違って、今度は先へ急いでいるかのようだ。
その様子は麦色の空に浮かぶ、うす茶色の雲さながら。

juhok7.jpg

その姿に見とれていると、丘の中へとどんどん埋没していってしまう。
カラカラという鈴の音も気がつくと、消えていた。

juhok9.jpg

夏ももう終わりなので、日の沈むのも早くなった。
丘の向こうのほうでは、子供たちが先ほどの犬と仲良くしている。
やっぱり、怖がることはなかったのだ。

juhok1.jpg

太陽の光がなくなると、すぐに肌寒くなる。
私たちは木の下で休憩をして、バスケットに入れてきたサンドイッチを食べ始めた。
「ほら、見て!」というほうを見やると、丘の上からまっすぐ私たちのほうへと走ってくる馬・・・
と思ったら、子馬のところへと駆けつけようとしているようだ。

patak 064

少しずつ暗くなる景色を眺めていると、今度は向こう側の丘のほうから鈴の音が聞こえてきた。
ちょうど、牛たちが遠足から帰ってくるところだった。
丘が見る見るうちに牛の群れで埋めつくされる、その景色は圧巻。
ひと塊になって行動するヒツジとは違って、牛はバラバラにそれぞれのペースでゆったりと歩いている。
夕闇の中に、前だけを見ながら進む牛の群れを見ていたら、ふと家に帰りたくなった。
子供時代に、遊びに夢中で家に帰るのをつい忘れてしまったような気分。

それで子供たちを促して、私たちも枯葉色の丘を下っていった。

帰りには私は、子供たちが摘んでくれた庭のお花を持って、
子供たちは、丘で見つけたチョウの幼虫を持って家へと向かった。

ICIRIPICIRI11 035

kukac.jpg

そして鮮やかな夕焼け。

patak 069


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2008-09-10_09:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

すてき
 なだらかな丘、そこにたたずむ木、そして綺麗な夕焼け。どれも素敵です。同じ様な景色を素敵と感じる人がいるというのが嬉しいです。
 村は今年とても雨が多いうえ夕方や朝方に降る事が多くて朝焼けも夕焼けもなかなか拝めません。
 一昨日は採っても綺麗な濃い赤の朝焼けが見えましたが、昇太陽が見えない?と思ったら曇りでした。
ありがとうございます。
そんな風に感じていただけて、私こそ嬉しいです。

自分が見るもの、感じるもののよさを人に伝える・・・というのは難しいことですが、それをこんな風に感じ取っていただける人がいると、心から幸せです。

そちらは雨が多いのですか。
お写真を拝見していると、空の透明度がこちらよりももっと高いようですね。
星空もさぞ素敵でしょうね。
とても自然が豊か、都会のものにはうらやましい感じ。空の色も鮮やか。空気もいいことかと想像します。
min さん、はじめまして!
ありがとうございます。

ここは人口7万人ほどの小さな町ですが、町外れにこんなにも自然の豊かなところがあります。

夏は、毎日のように真っ赤な夕焼けが見られました。もう季節は秋に移行していますので、もうあんな夕焼けは今年最後かもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。