トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅の終わりに

久しぶりの長旅だった。
セーケイ地方からカロタセグ地方へ、
トランシルヴァニアを東から西へと横切る、400キロの旅。
何度通っても、うんざりするほど
味気ない平坦な村が続いている。
ちょうど半分のところに位置する、マロシュ地方。

すでに日は沈んで、空はだんだんと青から暗闇へと変わるところだった。
もう6日も家を留守にしているので、上ふたりの子供たちが気がかりだった。
気もそぞろに車を走らせていたのだが、
不意にトイレに行きたくなり止まることになった。

村の公民館の前、
裏へと回ると、先は見渡す限り枯れ色の畑が広がるだけ。
もの寂しい風景に、荒れ果てたトイレが立っていた。
用をすませて戻ってくると、
旦那と次男のそばで誰がが話しているのを見た。
小柄の老人は、どうやら飲んでいるらしい。
大げさに、私の手に口づけをして挨拶をする。

先程買ったブドウを洗いたいので水を分けて欲しいと旦那がいうと、
「もちろん、もちろん。うちへ来なさい。」と張り切って案内する。
公民館のすぐ横に、家があった。
門を開け、家の裏手のほうにまわって行く。
「先に失礼。今日はトウモロコシの刈り取りで疲れて内のが寝ているから・・。」
扉はいっぱいに放たれると、
赤々とした灯りの下でおばあさんがベッドに寝そべっていた。

老人は、旅の夫婦と知り合ったことを話し始めると、
ものすごい剣幕で怒鳴りだした。
「あんた、嘘ばっかり言って!呑んだくれの、このくそったれ。」
痩せた老人がさらに小さくなって気の毒なほどだ。
戸口で目を丸くしたまま、どうしていいか分からず立ちすくんでいると、
「この、馬鹿バーリント!」
と追い打ちがかかる。
同時に、内のと同じ名前だと笑いがこみ上げてきた。
さぞ、旦那は後ろでビクビクしていることだろう。

やっと、鬼ばあさんは起き出して、戸口に私たちがいるのを見つけると、
「まあ、可愛い赤ちゃんまで。どうぞ中へお入り。」
と先程と打って変わった様子が変わった。
それから、和やかに談話がはじまって、
コーヒーはいかが、娘や孫たちを紹介しようと歓迎気分がふくれあがる。
先を急ぐとやっとのことで辞退をして、
車の中に乗り込んだ。
「また、この村に通りかかったら、立ち寄ります。」
そう約束をして。

再び、車は家路に向けて動き出す。
しかし、先程まで感じていた疲れも退屈さもきれいになくなった。
外の暗闇にたいして、あの明るい部屋の中は喜劇そのものだった。
いつか、また旅の途中に
ふたりのバーリントは出会うだろう。

















comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-10-17_05:27|page top

「カロタセグの刺繍とイラスト展」


「カロタセグの伝統衣装と刺繍」 プロローグより

「それは、名もない村人たちの手によるささやかな芸術品。

人々が故郷と呼ぶその大地で生まれ、
人々の生活に常に寄り添い、
そして親から子へと受け継がれていくもの。
そこに浮き上がるのは、唯ひとりの人間ではなく、
何世代も前に生きてきた人々の息づかいであり、
美に対する深い憧れであり、
言葉ではなく図案や文様に秘められたメッセージである。 」


6/18(土)〜20(月)まで吉祥寺のギャラリーイロにて、
「カロタセグの刺繍とイラスト展」が開催されます。
イラストレーターの竹永絵里さんとのコラボレーション。
カロタセグの刺繍や衣装、イラストで綴る色とりどりの世界へようこそ。

13220155_484575421752921_944449972_n.jpg

*DM郵送ご希望の方は、
お名前、ご住所、枚数をこちらまでご連絡くださいませ。

ura2.png

*こちらの展示は東京吉祥寺のあと、
宮崎市おおまえ布店 6/23(木)~28(火)、
台北市迪化街 mad.L gallery 7/16(土)~8/14(日)と巡回します。
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-05-22_21:52|page top

「トランシルヴァニアの農村の暮らしと手仕事~伝統刺繍イーラーショシュ体験~」

ふるさと宮崎にて国際交流の一貫として、講座を開催します。

トランシルヴァニアの農村の生活について、
主に伝統の手仕事について現地の写真みながら解説いたします。
またイーラーショシュのオーナメントをお作りいただけます。

皆さまのご参加をお待ち申し上げています。

kalotaszeg17.jpg

第1回 国際理解講座 ~身近に世界を感じてみよう~

ルーマニア編 「トランシルヴァニアの農村の暮らしと手仕事~伝統刺繍イーラーショシュ体験~」

◇日 時 平成28年7月2 日(土)14:00~15:30 ※13:45から受付を始めます。

◇場 所 カリーノ宮崎 9階(予定)
  詳しくは、宮崎県国際交流協会HPにて


comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2016-04-20_21:22|page top

セーケイ地方は母の国

「ここセーケイ地方は、母親の国である。」
そう明言したのは、地元の民俗学者バラージュ・ラヨシュ氏だった。
昨年の11月、県立図書館の青い間で本の出版を祝って公演会が開かれた。
その内容は、出産についての民俗学。

「私は、熊手ではなく鋤(すき)である。」
そういう言葉にピンときたのは、
こちらで農作業をしたことがあるだけでなく、
氏のフィールドワークのあり方を旦那から耳にしていたからだった。
生まれ故郷のセーケイ地方の村に40年以上も通い続け、
その村だけで何冊もの本を著した。
広い範囲を耕すのではなく、一点をのみ深く掘り続ける。

その研究の集大成として、3冊の本がシリーズとして出版されていく。
その一巻が、「出産、誕生にかかわる民俗学」
話は、まず生まれつきの老人のような皮膚で生まれた赤子を
どのように治療したかという話から始まる。
まさにパンを焼くのと同じ方法で、木の板に生まれてまもない乳児をくくりつけ、
あらかじめ熱しておいたかまどの中に入れる。
驚くことに、その治療は皮膚が少し赤くなる程度に焼けることによって功を奏するという。
ちなみに19世紀のハンガリーの作曲家、エルケル・フェレンツも同様の病気で生まれたが、
その治療で片方の眼を失明したという逸話もあるらしい。
その後は、儀式のように丸型のパンに赤子をくぐらせ、
犬にそのパンをくわえて門の外に追い出す。
つまり赤子の難をパンに託して追い払うという役目があるということだ。

こうして話は自宅で行われたさまざまな出産方法、
村で実際に出産に立ちあった女性の体験話などにつづいていく。

生命の誕生という神秘性を、村という小さな共同体で
何百年もの間、どのように受け止めてきたか。
それが伺い知れるような印象的な講演だった。

終わりに、画面に映し出されたのは、
古い白黒の記念写真の数々。
それは、戦時中に出兵中の父親に向けて送られた家族写真だった。
質素な身なりで背筋をただし、威厳さえ感じられる燐とした表情の母親。
まるで父親の役目まで果たさんと、気を引き締めているのがわかる。
脇には、自分より背丈の高い子供たちが
まるで母親を守るようにしてずらりと並んでいる。
その数は、どれも6、7人と多い。

「セーケイ地方は、生活がどんなに苦しい時でもいつでも子供が多かった。
賢い母親が、たくさんの子どもを育て、この地方を作ってきた。
だから、私は母親の国だと命名したいのです。」

それから3ヶ月たち、
新しい生命を授かったことが分かった。
このセーケイ地方という土地風土が、
私を母親にしてくれたに違いないと信じている。




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2015-02-13_00:35|page top

炭酸水通りの我が家とテレビ取材のこと

その家と出会ったのは、娘を体に宿すより
ほんの少し前のことだった。
知人を訪ねるときにたまたま通りかかった家。
売り家の張り紙を見つけた。

borviz (6)

家の前では、ほっかむりをかぶったおばあさんが、
「この家は、私のものよ。」と通せんぼしていた。
よく話を聞くと、おばあさんはこの通りの家ぜんぶが
自分のものだと思っているらしかった。

ご近所の人たちは、頭がすこしおかしいと噂するマルギットおばさん。
二つの家の間に仕切りはなく、
あっちこっちとせわしく行き来している。
オオカミみたいなどう猛な飼い犬が、
立ち入る人に牙をむいて吠えかかる。

borviz (4)

「この家が売れずに残っていたのは、
きっとマルギットおばさんのおかげだよ。」と旦那は言う。
朽ちかかった門、古いライラックの木、
何年も空家のおんぼろの家。
そして、隣には変わったおばあさんと怖い犬がいる。

それでも、私たち家族にとっては理想の我が家だった。
できるだけ前の持ち主が住んでいた空気をそのままに残して、
ここで生活をしたい。
修復するところは沢山あるが、手をかけることが同時に楽しみでもある。

borviz (1)

ドアを開けると、
季節の花々や虫たちの羽音、
鳥のさえずりが迎えてくれる。
手をのばすと、すぐに自然に触れることができる。

borviz (7)

第二の我が家が、これから住まいとなる。
移りゆく季節に身をゆだねて、
小さな娘もすくすくと成長していくだろう。

borviz (8)

トランシルヴァニアへ移住して6年目が過ぎて、
ようやく理想とする生活ができるようになった。
ちょうどこの時期に、
海外で暮らす日本人を取材する番組から声がかかったのも、
偶然ではないのかもしれない。

borviz.jpg

夏の日暮れ時には、
小高い丘の上にある庭のはずれで過ごすのが好きだ。
赤茶色のレンガと森が見えるこの風景は、
町にいることを忘れさせてくれる。
日がゆっくりと落ち、すべてが橙色に染まっていく様子を
その日の終わりのそよ風に吹かれてただじっと眺めている。

boeviz.jpg

トランシルヴァニアの我が家と
家族がこちらの番組に出演します。

世界の村で発見、
こんなところに日本人

2014年7月11日(金)よる9時放送
comments(42)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2014-07-07_11:31|page top