トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セーケイ地方は母の国

「ここセーケイ地方は、母親の国である。」
そう明言したのは、地元の民俗学者バラージュ・ラヨシュ氏だった。
昨年の11月、県立図書館の青い間で本の出版を祝って公演会が開かれた。
その内容は、出産についての民俗学。

「私は、熊手ではなく鋤(すき)である。」
そういう言葉にピンときたのは、
こちらで農作業をしたことがあるだけでなく、
氏のフィールドワークのあり方を旦那から耳にしていたからだった。
生まれ故郷のセーケイ地方の村に40年以上も通い続け、
その村だけで何冊もの本を著した。
広い範囲を耕すのではなく、一点をのみ深く掘り続ける。

その研究の集大成として、3冊の本がシリーズとして出版されていく。
その一巻が、「出産、誕生にかかわる民俗学」
話は、まず生まれつきの老人のような皮膚で生まれた赤子を
どのように治療したかという話から始まる。
まさにパンを焼くのと同じ方法で、木の板に生まれてまもない乳児をくくりつけ、
あらかじめ熱しておいたかまどの中に入れる。
驚くことに、その治療は皮膚が少し赤くなる程度に焼けることによって功を奏するという。
ちなみに19世紀のハンガリーの作曲家、エルケル・フェレンツも同様の病気で生まれたが、
その治療で片方の眼を失明したという逸話もあるらしい。
その後は、儀式のように丸型のパンに赤子をくぐらせ、
犬にそのパンをくわえて門の外に追い出す。
つまり赤子の難をパンに託して追い払うという役目があるということだ。

こうして話は自宅で行われたさまざまな出産方法、
村で実際に出産に立ちあった女性の体験話などにつづいていく。

生命の誕生という神秘性を、村という小さな共同体で
何百年もの間、どのように受け止めてきたか。
それが伺い知れるような印象的な講演だった。

終わりに、画面に映し出されたのは、
古い白黒の記念写真の数々。
それは、戦時中に出兵中の父親に向けて送られた家族写真だった。
質素な身なりで背筋をただし、威厳さえ感じられる燐とした表情の母親。
まるで父親の役目まで果たさんと、気を引き締めているのがわかる。
脇には、自分より背丈の高い子供たちが
まるで母親を守るようにしてずらりと並んでいる。
その数は、どれも6、7人と多い。

「セーケイ地方は、生活がどんなに苦しい時でもいつでも子供が多かった。
賢い母親が、たくさんの子どもを育て、この地方を作ってきた。
だから、私は母親の国だと命名したいのです。」

それから3ヶ月たち、
新しい生命を授かったことが分かった。
このセーケイ地方という土地風土が、
私を母親にしてくれたに違いないと信じている。




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2015-02-13_00:35|page top

炭酸水通りの我が家とテレビ取材のこと

その家と出会ったのは、娘を体に宿すより
ほんの少し前のことだった。
知人を訪ねるときにたまたま通りかかった家。
売り家の張り紙を見つけた。

borviz (6)

家の前では、ほっかむりをかぶったおばあさんが、
「この家は、私のものよ。」と通せんぼしていた。
よく話を聞くと、おばあさんはこの通りの家ぜんぶが
自分のものだと思っているらしかった。

ご近所の人たちは、頭がすこしおかしいと噂するマルギットおばさん。
二つの家の間に仕切りはなく、
あっちこっちとせわしく行き来している。
オオカミみたいなどう猛な飼い犬が、
立ち入る人に牙をむいて吠えかかる。

borviz (4)

「この家が売れずに残っていたのは、
きっとマルギットおばさんのおかげだよ。」と旦那は言う。
朽ちかかった門、古いライラックの木、
何年も空家のおんぼろの家。
そして、隣には変わったおばあさんと怖い犬がいる。

それでも、私たち家族にとっては理想の我が家だった。
できるだけ前の持ち主が住んでいた空気をそのままに残して、
ここで生活をしたい。
修復するところは沢山あるが、手をかけることが同時に楽しみでもある。

borviz (1)

ドアを開けると、
季節の花々や虫たちの羽音、
鳥のさえずりが迎えてくれる。
手をのばすと、すぐに自然に触れることができる。

borviz (7)

第二の我が家が、これから住まいとなる。
移りゆく季節に身をゆだねて、
小さな娘もすくすくと成長していくだろう。

borviz (8)

トランシルヴァニアへ移住して6年目が過ぎて、
ようやく理想とする生活ができるようになった。
ちょうどこの時期に、
海外で暮らす日本人を取材する番組から声がかかったのも、
偶然ではないのかもしれない。

borviz.jpg

夏の日暮れ時には、
小高い丘の上にある庭のはずれで過ごすのが好きだ。
赤茶色のレンガと森が見えるこの風景は、
町にいることを忘れさせてくれる。
日がゆっくりと落ち、すべてが橙色に染まっていく様子を
その日の終わりのそよ風に吹かれてただじっと眺めている。

boeviz.jpg

トランシルヴァニアの我が家と
家族がこちらの番組に出演します。

世界の村で発見、
こんなところに日本人

2014年7月11日(金)よる9時放送
comments(42)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2014-07-07_11:31|page top

トランシルヴァニアの伝統刺繍「イーラーショシュ展」

毎日、毎日、
飽きもせず天から雨粒がふりそそぐ。
雨に濡れるたびに、色を変えてゆく花。
紫陽花は、ハンガリー語では「毬の花」という。
淡い緑がかった白い花が集まり、丸い形をしているからだろう。
それでも、色はつかない。

IMG_6387.jpg

しとしとと音を立てながら、地面を湿らせる雨の季節。
いかにも日本らしい、夏がやってくる前のこの空気が懐かしく、心地よい。
日に日に変わる、梅雨の音色にじっと耳を傾けている。

IMG_6390.jpg

やがてこの地に焦げ付くような太陽の季節がやってくる。
故郷の宮崎で、イーラーショシュの赤が花ひらく。

20140706_15.jpg

ヨーロッパの「森のかなた」、トランシルヴァニア地方に古くから受け継がれてきた

伝統刺繍、イーラーショシュ。

赤や青、黒、白の単色の糸がまるで組紐模様のように立体的に浮き上がります。

アンティークの品から現代の作品へと移り変わるイーラーショシュの魅力を

お伝えします。

テーブルクロス、枕カバー、ブラウスなど現地で収集した品々に、ショルダーバックや

クッションカバー、エプロン、ブックカバーなど新しい解釈を加えた作品を添えて

文化出版局「トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ」に掲載された作品を

選りすぐって展示いたします。



トランシルヴァニアの伝統刺繍「イーラーショシュ展」

日程:2014.7.6(日)-7.15(火)
※7/9(水)は店休日、ワークショップのみ開催します。
主催者は、9日のワークショップのみ在廊いたします。

場所:おおまえ布店+はなうた活版堂
お問い合わせ:0985-71-0356(おおまえ布店)

20140607-04.jpg

20140607-03.jpg

展示会の様子はFacebookのページでご覧いただけます。
トランシルヴァニアの伝統刺繍「イーラーショシュ展」

comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2014-06-26_11:45|page top

講座「トランシルヴァニアの伝統手芸」

いよいよ来月11月23日から12月1日まで、
東京新富町のANNEXさんにて、
「イーラーショシュとカロタセグの伝統刺繍」展が開催されます。

IMG_3720.jpg

今回の展示会は、ふたつの本の出版記念として、
イーラーショシュとカロタセグ地方で収集したアンティークの衣装や手仕事がテーマです。
展示会の詳細は、また後ほどブログでお知らせいたします。

11月30日には、新宿の朝日文化センターにて
「トランシルヴァニアの伝統手芸」と題する講座をさせていただきます。
カロタセグ地方の伝統刺繍についてプロジェクターを使って話をしたり、
またイーラーショシュの体験もしていただけます。
さっそく募集が始まりましたので、ご希望の方はどうぞこちらをご覧ください。
comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2013-10-18_17:10|page top

6月の麦畑

まっすぐにどこまでも続く
でこぼこ道をいくと、
花畑に出会った。

erdovidek 185

レモン色の花粉が
こちら側へ風に吹かれて飛んできそうに、
びっしりと花をつけた菜の花。

erdovidek 187

レモン色の隣には、青々とした麦畑。

erdovidek 217

緑の畑のところどころを
鮮やかにうつくしく染める、
青い「麦の花」と朱い芥子の花。

erdovidek 216

まるで蝶のように
その朱色は風にのって、
今にもひらひらと羽ばたきそう。

erdovidek 191

まっすぐに天を突く
麦の穂につつまれると、
夏が芯まで沁みてきた。

erdovidek 225

夢のような6月の花畑は、
旅の目的さえ忘れさせてしまいそうだ。

erdovidek 194

一時しか見られない
極上の風景を瞼に焼きつけ、
ふたたび車に乗った。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2010-06-19_23:50|page top