トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

6月の原っぱとタイムの香り

せわしい一日が終わった。
四角いコンクリートの中で過ごした一日を思うと、
今すぐにでも新鮮な空気を吸いに表へ飛び出したくなった。

幸いに、我が家から徒歩10分もすれば町のはずれにたどり着く。
コンクリートのジャングルを抜け出して、
渇ききった蛙のように緑を探しに出かける。

丘を下りて、さらに上ったところには
もう自然の原風景が残っている。

nyarimezo2015 (1)

住まいからどのくらいの所に行けば、誰もいない空間に出合えるだろうか。
日本では、なかなかそういう町はないかもしれない。
見渡す限りの風景の中に、ただ私たち家族と、フランスから訪ねてくれたお客さまだけ。

nyarimezo2015 (2)

リカちゃんが、れんげの花で指輪を作って、
娘の指に巻いてくれた。
「可愛い、きれいね。」
女の子は誰でも、そういう言葉を聞くと嬉しくなる。

nyarimezo2015 (4)

タイムの茂みを見つけた。
うす紫に輝く小さな花の集まりは、まるで花束そのもの。
そこはかとなく、さわやかな香りが辺りに漂っている。
大きな手を広げて、旦那が上手にむしりとるとあっという間にハーブの束が集まる。

nyarimezo2015 (7)

夕暮れ時の赤い光の中に照らし出される、原っぱ。
風に吹かれて、さざなみのように草が波打っている。
こんなにも美しい場所なのに、
私の体はその精神に反比例して別の反応を起こしていた。
先ほどからくしゃみが止まらず、涙で目が赤くはれ上がってきた。
6月はじめのこの時期、原因不明のアレルギーが起こるのだ。

nyarimezo2015 (3)

子どもたちはそんな私にはお構いなしに、
夢のように見事な風景の中でかくれんぼして遊んでいる。
寝転んだり、かがんだりすると、
丈のひくい草の中であっという間に姿が消えてしまう。

nyarimezo2015 (5)

沈みゆく太陽の光を受けて、橙色に輝く原っぱ。
子どもの頃、終わりのないように思えた、長い夏休みに似ている。
涙目で、どこまでも走りつづける子どもたちの姿を追っていた。

nyarimezo2015 (8)



「これから森の方へハーブを摘みに行こうと思っているの。」
村につくと早々、友人のエンツィがこう言った。
その村に住まいを移して1年もたたない内に、
近所の母親グループの中にうまく溶け込んでいる。

隣村に住むレーカの四駆に乗せてもらい、
馬車しか通らないような山道を物ともせずに森の中へと突き進む。
「うちの主人は、傭兵としてアフリカに単身赴任しているの。
2ヶ月をアフリカで過ごして、あとの1ヶ月はここで家族で一緒に過ごす。
普段いっしょにいられない分、その時だけは存分に家族の時間を楽しむのよ。」
右へ左へと船のように傾く車体をうまく操りながら、レーカは話す。
遠い異国に暮らすご主人の話に耳を傾けていると、
不思議と今アフリカの森の中にいるような気がしてきた。

長い長い森の向こうは、ザラーンパタクという村。
周りを森に囲まれた神秘的な村は、
いくつも炭酸水がわき、昔はガラス工場があったという。
そういう彼女自身も、その村で幼い頃を過ごしたそうだ。
「昔は知る人ぞ知る村だったけれど、今はカルノク伯爵と交流の深い、
イギリスのチャールズ皇太子が別荘を買ったりして、
毎年イギリスから滞在客が来るようになったのよ。」

分厚いカーテンをめくったように、
暗い森が突然にひらけて、目の前には広々とした草原が広がっていた。
小さな子どもたちを車から降ろしてやり、大自然に一歩踏み出した。

nyarimezo2015 (10)

森の中のオアシスのような草原を、
ハンガリー語ではティスターシュという。
清らかな場所という意味だろうか。
辺りには、低木の白樺やジンの原料になるセイヨウネズの茂みが広がっている。
4人の母親と7人の子どもたちが、原っぱに散らばった。

nyarimezo2015 (11)

この広々とした空間は私たちだけのものだった。
子どもたちは、木の枝を拾ったり、
追いかけっこをしたりしてたっぷりと自由を味わう。
母親たちは、うす紫のタイムの茂みを見つけては、
熱心に刈り取って袋に入れている。

nyarimezo2015 (13)

面白いのは、タイムが生える場所は決まって
小さな丘のように土が膨らんでいることだ。
ヨーロッパの森でよく見かける、アリの巣穴のようだ。
そう話していると、誰かが教えてくれた。
「それは、タイムが乾燥した土を好むからなのよ。」
そばを通るだけで、柑橘系の果実のような新鮮な香りがこぼれる。

nyarimezo2015 (15)

子どもたちの方を見やると、
タイムの生える丘の上を踏み台にして遊んでいる。
1つの丘を取り合いになりそうなのを押さえて、
「ほら、あなたの分もちゃんとあるでしょ。」と友人が子どもの手を引いていく。
丘にちょこんと立つ様子は、まるで彫刻になった小人のようだ。

nyarimezo2015 (14)

原っぱの美しさは、その時期その時期で違う。
雨が多い夏は、緑が濃くなるし、
雨が少ないと逆に茶色味が多くなる。
一年で今だけしか見られない花と出合うことができるのも楽しみのひとつだ。

nyarimezo2015 (12)

ガタガタガタ・・・後ろの方から大きな音とともに、
丘の向こうから馬車が現れた。
自然と共に生き、自然を愛する人しか知らない、
隠れ家のような場所。

nyarimezo2015 (16)

後ろでは、町の劇場で女優をするイモラが抑揚に富んだ声で、
子どもたちに物語を語っている。
きっと子育てを楽しむ秘訣は、
母親自身がそれを楽しみ、そういう環境を皆の手で作ることだろう。
トランシルヴァニアは、
そういう意味では最高の環境なのかもしれない。

nyarimezo2015 (19)

散策に疲れると、
毛布を広げた上で子どもたちはピクニック。
母親手作りのサワーチェリーのケーキを、手づかみで食べる。

IMG_5510.jpg

先ほどから姿が見えないと思っていたら、
娘はひとり、わだちの上を飛びはねることに夢中の様子だ。
一見、何もないような自然の中にこそ、
本当の楽しみがある。
人に教えられることなく、自分の力でその美しさや不思議を発見し、
楽しみに変えていくことが本物の想像力ではないだろうか。

nyarimezo2015 (20)

日が落ちていくまで、娘の一人遊びを眺めていたい気分だった。
comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2015-06-23_13:51|page top

雪どけの唄

同じ冬でも新年を過ぎた後は、どこか違う。
きっと、雪の溶ける速さが違うのだ。
太陽の光は、分厚い雪の層をみるみる内に消し去ってしまう。
やがて、長らく目にすることのなかった大地が顔を出した。

yukidoke1 (3)

そり遊びの記憶の新しい丘も、
子どもたちの作った刃の跡をきれいに拭ってゆく。

yukidoke1 (4)

町はずれの原っぱに出ると、ちいさな小川が目の前に立ちふさがった。
雪解けの冷たい水が音を立てて流れていく。

yukidoke1 (5)

せせらぐ音に耳を傾けていると、
しばし忘れていた水の記憶を呼び起こした。
雨の音や川の流れ、海のざわめき・・。
それらはすべて、遠い夏の記憶。

yukidoke1 (6)

まだ雪の残っている森の近くに来ると、
何を思いついたのか、旦那が足を使って雪の上に線を描きはじめた。

yukidoke1 (8)

「点、点、そして線。顔ができた。
ここが首で、大きなお腹。トルコのバシャの出来上がり。」
こちらでは誰でも知っている絵描き唄。
巨大な雪だるまができた。

yukidoke1 (9)

冬の青空を見上げて、ただ微笑んでいる。
今日のうちには、姿を消してしまうかもしれない。

yukidoke1 (11)

森の中は、まだ白い雪で覆われているものの、
半分解けたみどれのようで、足がぬかるみそうだ。

yukidoke1.jpg

淡い雲が青い空を流れていく。
冬の空は、あとどれくらい続くだろう。

yukidoke1 (14)

旦那がジャケットを脱いで雪の上に置いた。
私たち3人がそこに腰掛けて休憩をする。
やがて、この冷たい大地にも緑が吹き、
色とりどりの花が所狭しと咲く春がやってくる。

yukidoke.jpg

その日を心待ちに、
雪解けの音を聴き、太陽の光を浴びながら
ただひたすら春を待とう。

yukidoke1 (2)
comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2015-03-11_15:30|page top

2014年の終わりに

みぞれで始まった今年の冬。
それからは、再び秋に舞い戻ったかのような暖かさが続いた。
不思議なほど温かく、乾いたクリスマス。
冬の厳しい寒さが姿を隠し、そのまま春がやってくるかのように思えた。

IMG_9733.jpg

今年は、我が家のきまりで
買い物をせずに、手作りのプレゼントをすることに決めていた。
せわしく買い物のために時間を費やすこともなく、
冷蔵庫の中は少し寂しいけれど、
その代わりにゆったりと時間が流れた。

息子は妹のために、電気工学でクリスマスの灯りを作った。
色とりどりに眩しい光を放つLEDの飾りは、いかにもこの時代らしかった。
夜な夜なトンカチを叩く音が耳障りで夫をとがめた後、
偶然にも部屋の隅で小さな針金の飾りを見つけてしまった。
ハートや渦巻き模様の細かな飾りを手に取って眺めていると、
「それはクリスマスのプレゼントだよ。アクセサリーを作ろうと思っていたんだ。」と残念そうに漏らした。
時間がなかったため、結局それはクリスマスツリーの飾りとなった。
娘には、ブラウスの生地を裁断して端を手で繕っていたがそれもそのまま。

私は息子のために、フェルトで首からかける財布を作った。
娘には、お手玉を作ることに決めていたので、
イブの夜に息子といっしょに、クリスマスの歌を聴きながら針を持っていた。
小さな俵型の布に、黄色いレンズ豆を詰め込んだ。

祖父母から子供たちへ送られたお菓子やフルーツでツリーの下はにぎやかになった。
こうして私たちのささやかなクリスマスは始まった。
小さないざこざはあるが、平穏で健康に過ごすことができることに感謝した。

IMG_9776.jpg

クリスマスは3日の休暇が続く。
その間、町は眠ったようにひっそりと静かだ。
家族や親せきを訪ね、家の中で集うこと。
それだけがクリスマスの過ごし方であるように、
昼と夜の区別がつかないくらいに表はただひっそりとしている。

それから、人々はゆっくりと腰を上げ、
友人や知人を訪ねたり、家に招いたりする。
いつもは静かな我が家も、この時ばかりは来客でにぎやかになり、
オーブンからはお菓子の香りがこぼれ、
鍋から出る湯気が部屋を暖かく包みこむ。

一年も足早に別れを告げようとしていた頃、
冬であったかを忘れていたように雪が降りはじめた。
それから突然、寒さがやってきた。
大みそかの朝、我が家の窓の内側に氷が流れ込んでいた。

IMG_9770.jpg

手で触れると、すうっと溶けてしまうほどの細やかな雪。
見渡す限り白い風景が、この年最後の贈り物だった。
その代り、空気は恐ろしく冷たく、あらゆるものを凍らせてしまう。
息を吸い込むと、肺が重く、むせ返ってしまう位だ。

IMG_9772.jpg

子どもたちを連れて、そりを走らせる。
沢山のごちそうとお菓子を持って、これから村に向かい、
一年の最後をにぎやかに締めくくろう。
来年も笑って過ごせるようにと願いをこめて。

IMG_9781.jpg
comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2014-12-31_22:20|page top

村がダイヤモンド色に染まった日

どんよりと重たい雲が空を支配し、
時折つめたい雨を降らせる。
なかなか冬へと移行しない、寂しい晩秋の日々が続いた。

ある日、ねずみ色の空から降るものがきらりと光るのに気がついた。
雪だろうか。
スキースーツに娘を包むと、雪だるまのようになった。
やっとのことで着替えをさせて、表へと飛び出す。
厚いガラスのドアを開けて、
耳に入ってきた音がいつもの雪とは少し違う。
地面に落ちているのは、白い塊ではなく、
透明に光る氷の粒だった。

みぞれのようだ。
指の先で、その塊に触れてみる。
小さなザラメ砂糖が、次から次へと降ってくるみたいだ。
その珍しい光景をしばらく楽しんで家に帰った。



翌日の朝、外は見るものすべてが凍りついた。
はだかの木の枝も、道路や車も、草も・・。
それは、まるで壊れやすいガラス細工のようだった。
つるつるとした木の枝に触れてみると、
厚い氷の中でしっかりとした植物の手ごたえがした。
普段見慣れた景色も、氷の魔法にかかって
これまで見たこともない表情を見せていた。

IMG_8790.jpg

週末は、村の友人の家に行く約束をしていたので、
後ろ髪引かれる思いで駅の方へ向かう。
二人の子どもたちとローカル列車に乗ること、
わずか10分で村の駅についた。
プラットホームは雪で真っ白。
町よりも、雪が多く降ったらしい。

IMG_8794.jpg

家族ぐるみの付き合いをしているブラ-ガ一家は、
9回目の引越しをこの秋に済ませたところだった。
紆余曲折あって、ようやく望みの場所に落ち着いたのだ。
内装はまだ未完成のようだが、
丸テーブルを囲んで家族が団らんする様子を見ているだけで心が和む。
夏の終わりにここを訪ねた時は、
壁はコンクリートがむき出しで空っぽだった。
「少しずつ整えていくしかないわ。」と、いつもマイペースのエンツィは微笑む。
生活をしながら、少しずつ家を作っていく。
いかにも彼ららしいやり方だと思った。

昼食の後で、子どもたちを庭に連れ出した。
スキースーツで雪だるまのように膨らんでいるから、
万が一そりから落ちても大丈夫。

IMG_8868.jpg

庭には、リンゴやクルミなどの木のトンネルが続いている。
みぞれに打たれた側だけが氷の厚い膜で覆われ、さらに粉雪がふりかけてある。

IMG_8836.jpg

林の向こう側は景色が開けて、左手に森が見渡せる空き地。
右手の遠くには、山々が真っ白な雪をかぶっている。
土地の終わりに柵があって、そこを越えると先はリンゴ園が広がっている。
春になれば、色とりどりの野の花が咲き乱れるだろう。

IMG_8881.jpg

子どもたちに昼寝をさせてから、
3家族で森に散歩に出かけることになった。
村は山手の方まで続いていて、村のはずれがすぐ森である。
突然、耳に心地よく鈴の音が飛び込んできた。
羊飼いと羊の群れだ。
こんな雪ばかりの時でも、放牧に出かけるのだろうか。

IMG_8851.jpg

6人の大人と8人の子どもたちが、
小さな小川を飛び越えて、凍った道を進んでゆく。

IMG_8919.jpg

通り沿いのさまざまな植物が凍っている様子を見ているだけで楽しい。
門には無数のつららが垂れ、
透明の氷は木々を煌めかせている。

IMG_8923.jpg

ローズヒップの赤い実も、氷漬けになった。

IMG_8856.jpg

苔むした枝も、

IMG_8879.jpg

秋の名残をのこした黄色い葉も、

IMG_8933.jpg

夏には紫の花を咲かせたアザミも、

IMG_8935.jpg

次の春を待つ木の芽も、
厚い氷の中に封印されているかのようだ。

IMG_8950.jpg

急な坂道をのぼり、森の入り口が見えてきたとき、
ひとりまたひとりと脱落者が出はじめた。
先ほどより、木々に張りついた氷の膜も厚く、そして透明度を増している。
「ダイヤモンドの森だ。」とそのとき、誰かが口にした。
私たちはまるでおとぎ話の、魔法使いのいる森の中に迷いこんだようだ。
太陽の光なくとも、きらきらと明るく輝く、
氷と雪の魔法をこの目で見てしまった。
その魔法は永遠ではないことは知っている。
だからこそ、美しいのだ。

子どもたちが、小さな雪だるまを作った。
一人が目を、別の一人が口を、そして髪の毛を。
しばらく眺めてから、茶色く枯れたハコベを頭につけた。

IMG_9016.jpg

森の妖精のような、雪ウサギのようなものができた。
子どもたちの無垢な心が生み出した妖精も、
雪と氷の魔法がつづく限り、家の前に立っているはずだ。
明日の朝、目覚めたら一番に確かめてみよう。

IMG_9010.jpg

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2014-12-13_01:41|page top

4月の黄色い花畑

4月の終わり、
ちょうど聖ジュルジの日の当たり頃になると
決まって黄色い花畑が現れる。
それが見られるのはほんの少しの時期で、いつも立ち寄りたいと思いながら、
バスの窓越しに遠く眺めていた。

このイースター休暇をカロタセグ地方で過ごそうと、車で出発した。
雨や曇り空ばかりを見ていたこの4月、
その日は、久しぶりの晴れだった。
しばらく見ない間に、森の木々も緑を吹きはじめ、
細い木々がくっきりとした影を大地に落としている。
不意に目に鮮やかな黄色が飛び込んできた。
あっと声をあげて、家族に呼びかけた。
大地をすっかり覆ってしまうほどに密集した黄色い花。

隣の村についたころ、車の不調を感じてついに旦那が言った。
「やっぱり、引き返そう。」
予期せぬ、出発の取りやめを聞きながらも、
自然と受け入れることができたのは、
この国の習慣に慣れたせいなのか。
それとも、あの黄色い花畑に後ろ髪ひかれたからなのか。

「それなら、あの花畑で休憩しよう。」
と私たちの黄色い車が車道をそれて止まった。
まぶしいほどの黄色を放つタンポポ。

IMG_4256.jpg

その黄色の鮮やかさは、まるで太陽の光をいっぱいに吸い込んだかのよう。
森はまだ冬の名残をのこしているのに、ここだけ春が盛り。

IMG_4257.jpg

遠くからは黄色一色に見えたのに、
近くで見ると綿毛や小さなひなぎくもちらほら。
この花がすべて咲きつくして、やがて真っ白な綿毛でいっぱいになり、
また来年にはタンポポ畑が現れるのだ。

IMG_4259.jpg

よく目を凝らすと、黄色い花の下に
珍しい形のオオイヌノフグリを見つけた。

IMG_4303.jpg

息子はトランクから虫かごと網を取り出して、
もう虫取りに夢中になっている。
大地の中から這い出したばかりの小さな生命を見つけると、
とたんに子供の瞳がかがやく。

IMG_4273.jpg

黄色い花畑の脇には、ガラゴニャと呼ばれる白い花が粉を吹いたように咲き乱れている。
ミツバチの羽音がぶんぶんと耳をついてくる。
ここにも春がやってきた。

IMG_4279.jpg

娘が目を覚ましたら、この黄色い花畑を歩かせてあげよう。
いくら待てども、目覚める気配がない。
トランクをいっぱいに開けて、新鮮な春の香りをかぎながら
素敵な夢を見ているのだろう。

どこからともなく、馬車の蹄の音が聞こえてきた。
隣村に向かう、ジプシーの老夫婦が薪をいっぱいに運んでいる。

IMG_4287.jpg

馬もきれいな飾りをつけて、春の原っぱを駆け抜けていく。
赤い飾りは、邪封じのためであると聞いたことがある。

IMG_4290.jpg

イースターがはじまる前の金曜日の午後。
出発の日は一日伸びてしまったが、
今しか見られない黄色い花畑を満喫して家路についた。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2014-05-05_05:12|page top