トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

旅のはじめに

旅に出るということは、
自分の殻をひとつ破って
外の世界へ飛び出すこと。
そこでは世界に対する好奇心がすべてのようだが、
実は自分の内面と向き合うことでもある。

旅をライフワークとする長年の友人がやってきて、
ふたり旅に出ることになった。
身が凍えるような夜行電車にゆられ、
向かった先はクルージ・ナポカ。
ここは、大学時代に忘れえぬ半年を過ごした町。
町はあれから大きく膨れ上がり、
今の私には大都会のように思える。

これから、北にあるゲルレの町へ向かう。
町のはずれからバスに乗ると、
「ねえ、あなた。もしかして・・・。」と後ろから声がかかった。
やさしい黒い瞳の彼女は、
大学時代に同級生だったマグディだった。
「 声ですぐに分かったわ。懐かしい!」

彼女と会うのは、
かれこれ8年ほどになる。
彼女の実家にも何度か遊びにいき
あれだけ仲良くしていたのに、
卒業以来、すっかり連絡も途絶えていた。

彼女はあれから、
民俗学者カッローシュ・ゾルターンの設立した基金で
働いていると話は聞いていた。

「 私の仕事は事務なんだけれど、
 そこの寮では、近隣の村から子どもたちを集めて教育することを
 目的にしているの。」

「 子どもを親から離して・・と非難する人もいるけれど、
 いろいろな家庭の事情で、弱い立場にいる子どもたちを
 良い環境で育てることを目的としているのよ。」

彼女は、昔ながらの優しい声で、
そして強く思いをこめて、
子どもたちがどんなに変わっていったか、
どれだけその寮が心の頼みとなっているかを語った。

「 今日からハンガリーの子どもたちがやってきて、
 サマーキャンプが始まるの。100人以上もだから、大変よ。
 雨が降らないことを願うばかりだわ。」

やがてバスはヴァーラスウートに止まり、
彼女は手をふり降りていった。

私はたった一人の子どもを育て、
その間、彼女はたくさんの子どもたちと日々接し、
世に送り出している。
それからもバスの中、
思いは10年前の学生時代を駆け巡っていた。

やがてバスは、小都市ゲルレに到着した。
セーク行きのバスが来るまで、
町を散策する時間がありそうだ。

町の中心の広場には、
真っ白いカトリック教会がそびえ立つ。

SzekesKalotaszeg 001

今日は日曜日。
ちょうど中では、ミサの合唱がこだましていた。

町のハンガリー名は、サモシュ・ウーイヴァール。
「サモシュ川の新しい城」という意味。
かつてはアルメニア人が移住してきて、
カトリック教会を中心に栄えた町だった。

トランシルヴァニアには
アルメニア人の多く住む町がいくつかあるが、
ほとんどはハンガリー人に同化していった。
ユダヤ人と同様に、商業を主として栄えた民族であったらしい。
私のダンナのお祖母さんの系統も、アルメニア系だという。

SzekesKalotaszeg 002

日曜日の静かな町並み。
馬車通行可の標識が、
のどかなトランシルヴァニアを象徴する。

SzekesKalotaszeg 004

バスの乗車まで時間があるので、
トイレを借りがてら、お茶を一杯のむことにする。
戸口の小さな、寂れたバーに入った。

エメラルド・グリーンの壁に、
酒のボトルが並んだカウンター、
目の縁を黒く染めた若い女性が支給する。

SzekesKalotaszeg 013

「こんな町まで何をしに来たの?」と不思議そうに尋ねられる。
かつての共産主義の名残をたたえる飾りに
目が釘付けになった。

SzekesKalotaszeg 006

日曜の昼どきに、
一人で飲んでいるおじいさん。
額縁に飾られているのはヌード写真なのに、
雰囲気のあるインテリアの中では
古い油絵のように錯覚される。

SzekesKalotaszeg 011

甘ったるいホット・チョコレートをひとすすりしてから、
バス乗り場へと向かった。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2010-07-12_09:07|page top

昼前の散歩

カレンダーも2月に変わると、
太陽も長く空にとどまり、
その光も暖かさを増してきている。
同じ冬でも、12月とはだいぶんと違う。

今週は、息子の幼稚園もお休み。
町へお出かけすることにした。

朝はそれでも空気が刺すようにつめたい。
車の窓ガラスには、展覧会さながらの
すばらしい絵が飾られる。
息子とはしゃぎながら、
車の窓を覗いては「これ、見てみて!きれい!」と叫ぶ。

これは真冬の流星群。

Februar 003

これは雪の万華鏡。

022.jpg

バス停の前で立ち尽くしていると、
目の前を馬車が通り過ぎる。
毛並みのよい茶色い背中に、朝日が反射する。

Februar 008

町で一通り買い物を済ませた後は、
スーパーで買ったりんごをかじりながら、
町ゆく人たちを眺める。
小さい町だから、偶然に知り合いを見つけることも
珍しくない。
この日も、友人を見つけて立ち話をした。

Februar 014

緑の欠けた公園では、
雪の中にこんなものも横たわっていた。
さやに入った豆。
色は、茶色と真紅のあいだ。

Februar 015

長さは、50cm近くはある。
これ、何に使うのだろう。

Februar 016

この日はまだ、雪が残っていてまだ寒かった。
その数日後、
雪はすっかり跡形もなく消えていて、
黒い土がしっとりと湿っていた。

町の中心にある公園には、
並木の陰が映し出されていた。

Februar 156

町の中でも好きな風景のひとつ。
栗の木の並木。
5月のはじめには、
魔法のようにしゅっと芽吹き、
大きな葉をいっぱいに茂らせるだろう。

Februar 157

右に左にうねった土色の枝の合間には、
青空がのぞいた。
色の失われた日常だからこそ、
こんなに鮮やかに見えるのだろう。

Februar 164

夏の日曜日には、管楽器の演奏が行われる舞台。
19世紀からつづくこんな習慣にも、
ヨーロッパ特有のゆとりを感じさせる。

Februar 165

クリーム色の建物は、町の図書館。
ここを利用するのは、今回が初めて。

Februar 168

子供の本を借りた後は、
坂を上って見晴らしのよい教会の前に出てくる。
普段はあまり来ることのない、ルーマニア正教の教会。
ナイーブアートのような宗教画が、
壁面を埋め尽くす。

Februar 173

教会の前にあるお墓からは、
町の向こう側の風景がずっと見渡せる。
なだらかな丘に望むのは、町で一番古い要塞教会。

Februar 175

やがて正午の鐘の音を聴きながら、
帰りの道を歩いていると、
反対方向から小走りで駆けてくるブタに出会った。
私たちと同じように、家路へと急いでいるのだろうか。

piggy.jpg

こんなのどかな光景を目の当たりにすると、
なんだかほっとする。
まだまだトランシルヴァニアには、
西欧諸国では失われてしまった
いいものが残っている。

春を待つトランシルヴァニアの生活。
もうあと2ヶ月は続くだろう。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2009-02-06_22:20|page top

中世の面影を残す町ブラショフ

その日は朝から重い色をした雲が空を覆っていた。

7月も半分を過ぎ、去年ならばカニクラと呼ばれる猛暑が襲っていた時分である。
太陽が何日も顔を隠し、時折雨も降ったから気温は一気に下降した。

寒い。
7月にこんなに冷えるとは誰が考えただろう。
(この土地の人にとっては不思議ではないかもしれない。)
長袖の上にさらに綿のせーターを着て出たが、
それでも風が吹くと体が身震いする。
私の故郷、宮崎では冬に相当する寒さだ。

旦那と息子を伴って、今日はブラショフという町へ行く予定だ。
もう若くもないし、外国生活をしていることもあって、
体の検査をしに病院へ行くという用事である。

この町にももちろん病院がある。
前日に、エコグラフの検査のある建物に入ろうとしたら、
「長期休暇」の張り紙があったので愕然としてしまった。
いつ帰ってくるか分からないのである。
それなら代理の人を置けばいいのに。

・・・・ということで、隣町ブラショフへいくことになった。

ここはルーマニア第2の都市であるから、私の住むセントジュルジから学校や出稼ぎに行く人も少なくない。
電車が日に5回ほど通っているし、ミニバスが一時間おきに出ているので大変便利である。

鈍行電車では所要40分~1時間、ミニバスなら30分。
どうして電車はこんなにまちまちであるかというと、途中で特急電車の待ち合わせがある場合があるからだ。
こんな場合、多くの人はきっとミニバスを選ぶであろう。

ただこのミニバスは、時間帯によってはかなりの満員になる。
定員数が決まっていないのか、ものすごいギュウギュウ詰めで走ることもしばしば。
そしてクーラーもついていない場合が多い。

そして1つの大きな気がかりは、このドライバーたちの運転である。
技術がどうこうでなく、一般的にルーマニアの道路のマナーは大変悪く、
スピードはほとんど制限されていないからガンガン飛ばす。
一斜線の道でも追い抜きは当たり前で、右斜線を走るから追い抜くときには対向車線に飛び出すのである。
だから私も始終ハラハラして、フロントガラスに目が釘付けになる。
見ていてどうなるわけでもないが・・・

いくつかの村を通り過ぎて、山を背景にしたブラショフの大きな町に入るのは約30分後。
町の駅の前で降ろされる。

ブラショフは、観光でも有名な町である。
ただここ10年くらいで、町の様子はすっかり変わってしまった。

まず道路の交通量が激増したことである。
路面電車が取り払われ、代わりに大きな道路が張り巡らされてしまった。
信号機がない場所では、周りの人を見ながら一斉に横断歩道をふみださなかければならない。
あの猛スピードで走る野蛮な機械は、歩行者の姿を見ようともスピードを緩めようとはしない。
だから、細心の注意が必要である。

私たちはどうにか病院を探し当て、概観は廃屋のようにも見える乾いた建物の中に入ると中は意外にきれいで活気があった。
検査の機械も最新のもののように見える。
検査の結果は異常なし。
日本では定期健診があるし、若い人でも病院で検査することは少なくないが、ここでは「私のようなものがどうして?」と不思議がられる。

病院から出るとまだ昼ごろなので、時間もたっぷりある。
そこでブラショフの中心地を散歩しに出かけた。
午後になって、やっと太陽の光が町を照らし始めた。
ブラショフの町にぴったりと寄り添う山には、町の名前の看板が立っている。

kep 033

これが観光名所へと続く通り。
今回はメインの広場へは行かなかった。また次の機会に・・・

kep 038

ブラショフは、中世から職人の町としてトランシルヴァニアの経済を支える重要な町であった。
もともと、ドイツ系のザクセン人が作った町である。
ブラショフの町のシンボル、木の株が王冠をかぶっているもの。
これには由来があって、とある木の株から王冠が掘り出されたという伝説からきている。
ドイツ語名も、クロンシュタッド(王冠の町)である。

kep.jpg

昔はザクセン人、ハンガリー人、ルーマニア人が同じくらいの比率で暮らしていたという町。
トランシルヴァニアを象徴するような民族構成。
それが共産主義時代に、ルーマニア人を優先させて町に住まわせ、さらに80年代にはザクセン人をドイツに送還させるという事件もあって
一気にルーマニア人中心の町になってしまった。
(ちなみに共産主義時代の町の名前は「スターリンの町」である)

もちろん観光名所として知られる、黒い教会や元の市役所はそのまま残っているが、私が注意を呼びたいのは19世紀末にザクセン人によって建てられたアールヌーヴォー建築である。
古い建物の美しい構成や装飾の面影を偲ぶことはできるものの、昔の住人はもうここにはいないから、建物は放置同然なのである。
壁のはげかけた建物にはドイツ語表記がしっかりと刻まれて、昔の主人の趣向をあらわしている。

DSC00013.jpg

「建築は、芸術の母である」と書いてある。
機能性よりもむしろ装飾性が大切であったこの時代を、まさに象徴する言葉。

Foto1.jpg

こんなに素敵な扉の向こうには、どんな内装があるのだろう・・・
中がとても気になる。

DSC00014.jpg

こちらは最近買い取られて、きれいにペンキが塗り直されていた。
こんな風に、古い建物のよさを見直してほしい。
特に目を惹くのは、鉄製の窓の飾りである。生命の樹のモチーフのようでもある。

Clipboard03.jpg

私のお気に入りの家。
20世紀はじめのハンガリー様式のもののようだ。

DSC00019.jpg

建物の上にはニワトリの頭がのっかり、きっと朝を告げるのだろう。

foto3.jpg

ほら、ハンガリーの民俗モチーフであるTulipan(チューリップ)の姿もここに。
この時代の芸術家、建築家はフォークアートの中にハンガリー民族特有のかたちを見出した。
これが、私の卒業論文のテーマ。

foto4.jpg

可愛そうに壁がはげ落ちて、美しい模様が見えなくなっている。
これもハンガリーの民族衣装のモチーフ。
ヒツジの皮に刺繍されたモチーフがそのまま使われている。

foto6.jpg

今見てもかなり斬新なアール・デコ様式の柵。
直線的なデザインの中にも、民俗モチーフがやはり見られる。
星模様は、木彫りのお墓によく見られるモチーフ。

kep 039

「おーい。ここだよ!」と上から叫んでいるのは、
中世の建築モチーフによく見られたグロテスク・モチーフのおじさん。
「そこで100年以上も、ブラショフの人を眺めていたんですね。」
思わずそう話しかけたくなる。

70,80年代にルーマニアという国のよその地方、モルドヴァやオルテニアからの移住が進んでいった。
残念なことに、よその文化圏から来た人々は、このトランシルヴァニアの中世、近世の趣を残す遺産に対してまったく無関心であるからだ。
他の東欧諸国に比べても、共産主義時代にトランシルヴァニアが失ったものは大きいと思う。
その理由がこの複雑な民族構成にあって、ハンガリー人、ザクセン人が作り上げた過去の遺産に対する関心の薄さのためだと思うのだ。

これから、ブラショフの町がどう変化を遂げていくかは分からない。
もちろん経済の発展、そこに住む人の生活も大事である。
が、古いものと仲良く共存しながら発展してほしいものだ。

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2008-07-20_18:29|page top

ロシア市場

日曜日に牛乳を買いに行った。
息子は育ち盛りであるから、大切な栄養源だ。

もちろん牛乳はスーパーでも手に入る。
でももっと美味しくて、安いのは牛を飼っている人から直接買うことである。
私たちは散歩がてら、町の向こう側にある民家まで行った。

歩いて30分ほどかかる、オルト川沿いにその家はあった。
川沿いは芝生が続いて、散歩もできる。
牛の放牧も見られるのどかな場所。

私の実家も川沿いにあるが、大淀川の下流のあの広々とした青い流れを思うと、こちらのオルト川は小川といったほうがいいような感じだ。川は濁っていて、コーヒー色である。
私が不満を言うと、旦那はこう返す。
「オルトはここでは上流だからこんなに小さいものの、下流ではドナウ川と合流するんだ。」と。
そんなことはどうでもいい。
海や川に親しんだ私にとって、時に水が恋しくなるときがあるのだ。

牛乳を買ったついでに、その付近の市場に寄ってみる。
ここは「オロス・ピアツ(ロシア市場)」と呼ばれる。
名前の由来は、社会主義時代にロシア(当時ソ連)からいろいろな生活雑貨を運んできて売っていたからだそう。

私も昔来たことがあったが、いろいろな部品が置いてあるだけでそう興味の引かれるものはなかった。このバルカンの雰囲気をブログに書くにはいいかもしれない。
そう思って立ち寄ってみた。

入ってみて、多少びっくりした。
・・・というのは感じが変わっていたからだ。
昔のあのやる気のないような、粗末な建物に物がごちゃごちゃ・・・・という感じから、一変して簡易のアーケードのような造り。そして、置いてある商品は中国商品ばかり。
これは、もうロシアではなく中国市場である。

それでも入り口付近にあったこのブース。
この雑多な感じが面白い。
ルーマニア正教のイコン画に、おみやげ物のようなセーケイの門まである。
「MADE IN  CHINAかもね。」と旦那。この粗末な造り・・・

ICIRIPICIRI8 026


ICIRIPICIRI8 027


このアーケードを通って、どこかで見たようないろいろの商品を見ていると、ブダペストの中国市場を思い出す。あそこは売り手も中国人ばかりだが、こちらはトランシルヴァニアの人である。
ただそれだけの違い。

ICIRIPICIRI8 028


どこもここも派手派手で露出の激しい洋服ばかり。
あえて写真には撮らなかった。

つり道具やさんもある。
海はないが、川や湖で釣りをする人は多い。
ラツィおじさんも魚は一切食べないが、釣るのは好きらしい。
(それも当然、あの骨ばかりの魚しかないのだから・・・)

ICIRIPICIRI8 029


日本では見ることのない馬の蹄鉄。
横にある細長い釘でつけるそう。
痛くないのだろうか・・・
ちなみにこの蹄鉄、ヨーロッパでは幸運を運ぶといわれていて、家の玄関にぶら下がっているのをよく見かける。

ICIRIPICIRI8 032


これは以前、記事に書いた「トランシルヴァニアの不思議なもの」のひとつ。
ひき肉を作る挽き器である。
万歳をしているようでかわいらしい。

ICIRIPICIRI8 034


旦那が「ちょっと・・」と声をかけるので見ると、
あれ!巨大な和バサミのようなもの。
これは、ヒツジの毛を刈るハサミだそうだ。
さすがはヒツジ王国、ルーマニア。

ICIRIPICIRI8 035


ロシア市場の壁の向こうは、屋外プール。
なんともミスマッチである。
あちらは涼しそうだ。

ICIRIPICIRI8 036


このロシア市場の反対側の隣には、VILLAという西欧資本の巨大なスーパーが建っている。
このトランシルヴァニアにも消費社会の流れが、もうすでに押し寄せているのだ。

それでも新しいものと古いものが共存しているところがまた面白い。


その後、こんな風景も。
ゴミをあさっているジプシーの奥さん。
そして、馬車で裸同然で座っている子供たち。
まるでどこか遠くの世界のことのようだ。

ICIRIPICIRI8 039


ICIRIPICIRI8 040


ジプシーなのに、金髪。
不思議である。両親は黒髪なのに・・・
だんなの話によると、差別をされたくない思いからジプシーの夫婦が金髪の男性に子供を産ませてくれるように頼むことがあるという。
なんだか切なくなるような話だ。
それでは、隠し子のある金髪男性も多いということか?
・・・・旦那が金髪でなくてよかった。

ちなみにこの子達は双子ではないらしい。
「可愛い子ですね。」とほめると、奥さんは誇らしげだった。
そしてすかさず「パンを買うものをくれない?」と聞いてくる。
お金をくださいということだ。
「今お金がない。」というと、「ああ、そう。」とさっぱりとしていた。
ジプシーにとって(ガーボル・ジプシーたちは別である)物乞いをすることとは、挨拶代わりである。

以前、息子よりも断然身なりのよい子供が
「お腹がすいているの。パンを買うものをちょうだい。」と聞いてきた。

トランシルヴァニアに残る古いもの、の代表が彼らかもしれない。

ICIRIPICIRI8 011


Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2008-07-02_06:37|page top

町でお買い物

お昼前に用事があるからと、お姑さんたちの車に乗せてもらって町の中心に出る。
私は市場のあるあたりで降りた。

最近作ったばかりのかばんにつけるファスナーを探すためだ。

以前行った手芸やさんは、見事に社会主義体制のつくりで、ちなみに店員さんも旧体制をひきずっていた。お店では、客は勝手に商品を触ったり、近くで見ることすらできない。
客と商品の間にはカウンターがあるので、店員に棚から取ってもらうのだ。

私がちょうどレースを探しに店に入ると、店員はおばあちゃんに洋服を売っている最中であった。
(手芸品のほかに、なぜか洋服やじゅうたん、タオル等が置いてある。)
私がレース置き場の前で眺めた後、「すみません。ちょっと・・・(近くで見たいんですけど)」と言い終わらぬ間に、「すぐ行くから待っていて下さい。」と返事が返る。

しばらくして店員がやってきた。
商品があるからには、全てをじっくり見てから決めたいというのは普通の客の心理である。
それでも、店員はどれを指名するのか待っているばかり。
仕方ないので、「あれを見せてください。」と指を差す。
と即座に「いくら切りましょうか。」と無表情に店員。

私はムッときて、作りかけの洋服を取り出してわざとゆっくりと考える。
ほかにも何種類か出してもらって、ようやく買い物は終わった。
こんな経験は、元社会主義国を旅したものならきっと一度や二度経験するはずだ。

そこで今度は別の手芸店を見に行こうと思った。

市場の真横にある手芸やさんは、前述のものよりもよほどモダンなつくりであった。

手芸マニアからすると、東欧の手芸店はやや物足りない。
生地のバリエーションも少ないし、なぜか化繊素材ばかりである。
コットンは好まれないのだろうか?それとも生産していないのか?

私はファスナーを買いにきたので、まあ布はおいておこう。
ファスナーの色はさまざまだが、20cmファスナーの次は50cmしかなかった。
私のバッグの口の広さは約35cm。
大は小をかねる。仕方がないので、大きいのを買った。

ついでにリボンやコットンテープも買って、店を出た。

市場を見学してから帰ろう。
そう思って立ち寄ってみると、今は杏やサクランボ、黄桃のシーズン。

faluban2 005


色とりどりのフルーツに心を奪われてフラフラと列に並んでみる。
「やっぱり節約をしなければ。」と思い直して、
もっと実用的で安いトマトを1kg買って市場を後に。

門のところでは、ジプシーたちがキノコを並べて売っていた。
例の植物採集で生計を立てている、近郊の村のジプシーたちである。
野いちごや、ハーブティーにするお花なども売っていた。

faluban2 007


ちょっと見慣れない、大きなキノコがあったので聞いてみると
メドベ・ゴンバ(クマのキノコ)」という。

faluban2 006


旦那が以前、珍しくて美味しいキノコだと話していたあれだ。
ちなみに値段を聞いてみると、1kg=10レイ(」約500円)である。
結構な値段。
もちろん私は断って、「もう少し安くする。」との声を聞きながら後にした。

町の中心の公園、カトリック教会の隣に小さなスペースがある。
19世紀の革命の英雄ラーコーツィの銅像の周りでは、ベンチに腰掛ける人たちの姿がある。

faluban2 008


前々から気になっていた、おじいさんの集団がいるのだ。
机を囲んでいつも4,5人でチェスをしたり、トランプをしたりしているのをよくバスから見かける。
今日もいる。
ハンガリートランプという、中世風の絵柄のついたトランプを手におしゃべりをしていた。
私はそばに近づいて、写真をとってもいいかと聞いてみた。
すると「駄目だ。」という返事。
邪魔してごめんなさいというそぶりで、後ろを向くと、
「いや、いいよ。」と一人がつぶやいた。

faluban2 009


そして写真に収めると、「その写真を持ってきてくれるか?」と聞くので、
「喜んで。」と」答える。なんだ、実は喜んでいるのだ。

セーケイ人はあのセーケイの門に代表されるように、あまり他人にオープンなほうではない。
だからもう少し仲良くなってから、あのハンガリートランプを教えてもらおう。

faluban2 010



Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|トランシルヴァニアの町|2008-06-27_05:55|page top