トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

あるジプシー老人のこと

ある月の明るい晩に、とあるジプシー老人と出会った。
その姿はいつか見かけたことがあったのだが、
ふと好奇心が沸きおこって、話しかけてみようとする勇気が出たのだ。
おじさんは、思ったよりも優しい笑顔で答えた。
差し出したノートに、よたついたような文字で彼の名前が刻まれた。

ジプシーの踊りが得意なおじさんにダンスを見せてもらうように頼むと、
ある日、きれいに正装してやって来てくれた。
孫娘といっしょに踊るおじさんの姿を映像に収めることができた。
私はおじさんにお礼のお金を差し出した。

おじさんは酒呑みだった。
普通の酒では飽き足りず、消毒用アルコールを愛飲していた。
やがて、宿無しの老人である事が分かった。

おじさんの話の半分以上は狂言だった。
分かりやすい嘘はかえって、
彼独特のユーモアとなって映った。
そして、その嘘の中のちょっとした真実には
きらりと光る凶器のような鋭さがあった。

おじさんの住んでいたところは、
かつてのセントラルヒーティング、今は廃墟となっている建物だ。
真冬には、マイナス30度の中をも暖房なしで生き抜いてきた。
行こうと思えば身寄りはあるはずなのに、
何故かそれを拒み続けていた。

その長い冬を果たして彼が越せるだろうか心配だった。
やがて春が来ると、
おじさんは生まれ変わった。
いつの間にか新しい妻を見つけ、
新居の廃屋に小さな家庭を築いていたのだ。
もう、近くの商店の前で物乞いをする姿も、
ゴミ箱をあさっている姿も見なくなった。

奥さんは、ジプシーではなくハンガリー人だった。
宿無しで無職のジプシー老人のところへ来るなんて、よほど風変わりな女性だろう。
そういえば、昔の奥さんもハンガリー人だったと自慢していた。

おじさんは10歳くらい若返ったようだった。
たまに道で出会うと、背中に棒をかついで
いかにも今仕事から帰ったところのような風体でこう言っていた。
「ずっと、ここには居られないからね。
女房は、この寒さを耐えられないさ。
だから、家を建てようと思っているんだ。
書類さえまとまったら、すぐにでも取りかかるつもりだ。」

やがてまた厳しい冬がやってきたが、
その住み家へ向かうことはなかった。
再び、春が来た。
おじさんと出会うたびに、こう言っていた。
「いつ家へ来るんだい。
もう喪は明けたからね。踊りを見せてあげる。」

いつの日か、
夕方ゴミ捨て場に向かうと、
うす暗い中を帽子をかぶった男が立っていた。
おじさんだった。
アルコール臭い匂いを漂わせ、
鋭い目つきでこう言った。
「困っているんだ。金をくれないか。」
嫌とも言わせないような、差し迫ったものを感じた。
財布から一枚取り出して、差し出した。

これまで、私に物乞いをしたことがなかったおじさん。
不幸な影がうかがえて、
その後しばらく後味の悪さが残っていた。

水曜日の晩だった。
ゴミ捨てからもどってくると、
ダンナがこう言った。
「君の友人が死んだよ。」
誰のことかと問いただすと、おじさんの名前を言った。
「今、そこで娘と会ったよ。
こんな時にはお金を渡すものだからって、そこで待ってる。」

しばらく考えた。
娘にではなくて、できればおじさんに渡したかった。
お金をポケットに突っ込んで、ダンナをつれて外へ出た。

ゴミ捨て場の、いつもの場所に娘が立っていた。
「父さんが死んだ。心筋梗塞で・・。」
めったに行かないおじさんの住み家を訪ねてみると、
すでに病気だったらしい。
それから延々と病院へ運ばれていった時のことを話し出した。

「何か胸騒ぎがしたんだ。
きっと神様がそうさせてくれたのだろうね。
私を抱き寄せて、撫でたりキスをしたりして、こう言ったよ。
お前は本当の孤児になってしまうな。母さんにも、父さんにも死なれて・・。」
彼女は涙を流していなかった。

話し終わると、こう言った。
「こんな時には、みんな少しばかりのお金を置いていくものだよ。
私も知っての通りの貧しい身で、葬式の後のもてなしだってしないといけないからね。」
握っていたお金を手渡した。

通りでもう出会うことのない、
帽子と棒を肩にかついだ後姿をぼんやりと想った。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-05-25_04:13|page top

ジプシーのほうき職人

それは冬のはじめのある日のこと、
ジプシーの家の小さな扉をたたいた。

横並びになっている玄関の扉の、
手前が若夫婦の住まいで、奥が老夫妻のものだ。
家族が多いジプシーの家では、
一軒にニ家族が住んでいることも普通だし、
小さな子どもたちがひしめくように身を寄せて暮らしているのもよく見かける。

台所から居間に入れてもらうと、
その部屋の真ん中におじさんの背中があった。

ICIRIPICIRI46 105

そういえば、秋にはまだ
家の軒先でほうき作りにはげんでいた。
もう寒くなったから、
家の中を作業場にしたのだろう。

おばさんはソファーベッドに腰掛けて、
じっとおじさんの仕事を眺めていた。
「さ、ここにお座りなさい。」

刺しゅうのピロカバーのとびきりカラフルな色使い、
自由で屈託のない絵の世界が見るものの目を奪う。

ICIRIPICIRI46 103

ソファーに腰掛けて、
しばらく取りとめのない会話をしていたものの、
気がつくと目の前で労働するおじさんの姿に見入っていた。
勢いよくナイフで削ると、
小さな木の欠片がさっと舞いあがる。

ICIRIPICIRI46 112

静かな部屋に、ただナイフで削る音だけが満ちていた。
おじさんは次々と、木の枝を同じ大きさに並べていく。
労働の気配の何ともいえない心地よさを感じていた。
おじさんは独り遊びに熱中している少年のように、
ときどき笑みをうかべるのだ。

ICIRIPICIRI46 114

赤茶色の細く枝分かれした木の枝を、
床にたたきつける。
部屋の中は、木の葉や枝でいっぱいになるが、
そんなことには頓着しない。
家の中であることさえも忘れさせた。

ICIRIPICIRI46 117

刺しゅうのクロスの上に、
白をむき出しにした枝が束になって重なっていく。

冬には女性が針仕事をし、男性は木を掘ったりする。
むかし親の仕事を身近で目のあたりにしながら、
子どもたちは育っていったのだろう。

ICIRIPICIRI46 118

木の葉がじゅうたんとなり、
木の枝が山となる。
冬の日の労働は、旅人の心にも穏やかな気持ちをもたらした。

ICIRIPICIRI46 120




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-04-21_05:42|page top

忘れられない後姿

その朝は、
ことさら寒さが身にしみた。
辺りは真っ白にかすんで見え、
冷たい湿った空気が一面に滞っている。

木々は、まるで真っ白にお化粧をしたようだった。
やっと顔を出しはじめた太陽の光が、
空気中の細やかな氷の粒をキラキラと照らす。
ダイヤモンドダストだ。
信じられないほどに、青いそら。

氷でカチカチに凍った道を
ソリに引かれていくと、
大通りの向かい側に
まぶしいものが確認できた。

何だろう。
よく目を凝らしてみると、
それは女性の衣装だった。
スパンコールが一面に施されたクリーム色のエプロンと、
ピンクのロングスカート。
そして黒いお下げの髪には
赤いリボンが編みこまれ、地面に届くほどの長さでひらめいていた。

黒ずくめの町をゆく人たちの中で、
その色は際立っていた。
その少女を守るようにして、
ずっと地味な服装の父親と母親が前を歩いていた。
いかにも箱入り娘のようだった。

女性の私でも目が引き付けられる少女のいでたちに、
ふと昔のことを考えた。
嫁入り前の少女のことを、
かつては「売り物の娘」と言っていた。

それは決して、お金で買取するという意味ではない。
女性が成熟して適齢期になったから、
親は見てそれと分かるように美しく飾り立てて、
その自慢の娘をそれとなく殿方たちの前にお勧めしているのだ。

もちろんいつの時代も、
女性は年頃になったら、お洒落をして歩くもの。
けれども、両親によって
しっかり守られた少女のお洒落は、
それとは違う「本気の気品」を放っている。

エプロンにプリーツスカートは、
カロタセグの女性も身に着けていた。
地にとどくほどのお下げの髪とリボンも、
セーケイやセークの女性たちを美しく見せていた。

今は一部のジプシーだけが、
こうした昔の習慣を健気に守っている。
しかし100年前は、
ハンガリー人の少女、ルーマニア人の少女、
ザクセン人の少女・・。
それぞれが美しくふさわしく装い、
さぞ往来は華やかだったことだろう。

その後姿が消えていくまで、
不思議な懐かしさ、憧れのようなものが
胸を渦巻いていた。




トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村











Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2011-02-06_15:17|page top

ジプシーの舞い

うすどんよりとした空。
町のはずれにあるジプシー居住区、
ウルクーへ来ていた。

舗装のされていない道は、
あっちからもこっちからものびてくる。
小さな柵のなかは、外から丸見え。
野良犬と、家畜のブタが歩いている中を、
人が行きかう。

orkoikep 061

その土地のもの以外、あまりよそ者は入ってこないから、
私たち日本人グループを見ると、
すぐに声がかかる。
子どもたちは周りをとりまき、
「 アメちょうだい。」
「 写真とって。」
となかなかそばを離れようとしない。

orkoikep 057

鮮やかな紫色の小さな家から、
顔を知ったおじさんが出てきた。
「 おーい。
 よく来てくれた。さあ、中へ。」
いつか、踊りを見せてくれたご夫婦のお宅。

orkoikep 001

小さな刺しゅうで飾り付けられた、こじんまりとした客間に呼ばれる。
去年手術をしたという奥さんに
体の具合をたずねると、無言で首をふった。
先ほどから口数が少なく、
まだ回復には時間がかかりそうだ。

部屋でひときわ目立つのは、
立派なCDコンポ。
さっそく、スタンバイが始まる。

スピーカーからは、
大音量の音が響きわたる。
ドアも開けっ放しなので、
ご近所はおろか、地区全体にまで聞こえるに違いない。

ボリュームを少し落として、
「 これが、ウルクーの伝統的な音楽さ!」とおじさん。
楽団もいるが、
村から村へ演奏してまわっているそうだ。
「 残念ながら、今日はいないよ。」

そして、ソファーに腰かけていた奥さんが
すっと立ちあがった。

orkoikep 004

ヴァイオリンやビオラの深くしなやかな音が、
情感あふれるメロディーを奏でる。
ゆるやかな身のこなしで
ゆっくりと回り、足は小刻みに確実なステップを踏む。
まるで、儀式かなにかのように。

orkoikep 016

弦楽器の調べにあわせて、
パチパチとはじく指のリズムが
ひとつにとけあう。
若い踊り手のスピード感や躍動感あふれるものとは違い、
熟年の、落ち着いた味のある舞い。

orkoikep 023

ひらひらと蝶のように優雅な舞いは、
動きつづける間は、
彼女を10年も20年も若返らせる。
その美しいしぐさには、確かな女性を感じさせた。

orkoikep 024

やがて音楽が途切れると、
操り人形の糸がふつと切れたかのように動きをとめた。
小さな会場に、拍手がはじけた。
「 素晴らしい!
 動きはゆるやかなのに、美しい身のこなしですね。」
「 まだまだ。これからさ。
 次は、もっと動きが早くなるよ。」とおじさん。

ふいに音楽は、リズムを早め、
急に激しい曲調のものへと変わった。
今度はカップルダンス。

先ほどの踊りから、
息もつかぬ内に・・・それでも、
彼女の身体はいつまでも回りつづける。

orkoikep 032

ご主人さんがしばらくいっしょに踊った後、
息子さんと入れかわる。
男性の踊りは、力強くて激しい。
手の平で、ひざを打ち付けるチャパーシュは
豪快な動き。

女性は、あくまで男性を引き立てながら控えめに、
それでもリズムはしっかりと早く。

orkoikep 043

ウルクーの小さな民家で
行われたショウは、こうして幕を閉じた。

ほとんど身動きをしていないはずなのに、
上着の下は汗ばむくらいだった。
渾身の踊りを見せてくれた
おばさんに心から敬意を示して、
小さな民家を後にした。

orkoikep 056






トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-05-18_00:55|page top

ウルクーの日常

4月の終わり頃。
ふとしたことから、
町はずれのジプシー地区へ行くことになった。
ふらりとやってこられた
旅の方は、日本で音楽をしているという。
インドからヨーロッパまで渡ってこられ、
各地の民俗音楽を吸収していくというのが旅の目的。

ジプシーを音楽から、
興味を持つようになったという人は少なくないと思う。
実のところ、彼らの生活と音楽が
イコールで結ばれるほどではないのだが、
ここウルクーでは
豊かな音楽と舞踊の文化がしっかりと息づいている。

子どもが多いジプシーの地区を訪ねるときには、
いつも小さなお菓子を持ってゆく。
その地域に足を踏み入れたなら、
すぐに好奇心いっぱいの視線が降り注がれ、
「 どこへ行くんだ?」
「 誰を探しているんだ?」と必ず声がかかる。

子どもたちはそれに輪をかけて、興味津々。
私たちはすぐに、わっと取り囲まれてしまった。
「 森の方へ散歩するだけよ。」といっても、
もう7、8人の子どもたちがずっとついてくる。

ウルクーとは、
見張りの岩という意味。
昔は、町を守る砦のようなものがあったらしい。

ここにジプシーの人たちが移住してきたのは、
18世紀の終わり頃のようだ。
昔はそれぞれに、レンガ作りやスプーン作りなど
職を持っていたのが、今では
ほとんどが生活保護で暮らしている。

10.04.2010 16-52-45

袋からお菓子を出して配ると、
その手が次々に伸びてきて、きりがない。
「 おじさん、こっちにも。」
「 まだ、もらっていないよ。」と口々に訴える。
しまいには、子どもたちは
袋を叩きはじめる始末。

いい加減、私も疲れて何もいう気力がなくなった。
音楽家のHさんは耳がいいせいか、
子どもたちの言葉をすぐに真似して、
オウム返しをして遊んでいる。
笑顔を見せながら、まったく気にならない様子。

きっと、このジプシー村の雰囲気を楽しむコツは、
この遠慮のない子どもたちと
どう接することができるかだろう。

10.04.2010 16-55-32

旅行者を見ると、すぐに
自慢の子ども、孫を腕に抱えてやってくる。
写真にとってくれと頼むから、
なかなかいやとは言えない。
子どもは、昔から弱い立場にあった
彼らにとっての強みであり、
大切な宝でもある。

10.04.2010 17-06-42

下水路がないために、
垂れ流された井戸の水が、絶えず
泥だらけの道を作っている。

坂の途中で、見知った顔を見つけた。
エルヌーおじさんの孫の、リベゼラ。
まだ二十歳の彼女の嫁入り先では、
小さな部屋に夫婦と二人の子どもとで
暮らしている。

10.04.2010 17-17-55

つい先日、近所で葬式があった。
夜から朝があけるまで、
弔いの歌を歌いつづけるという。
叔父さんも、のどが枯れるまで歌ったのだが、
少しだけその歌を披露してくれた。

10.04.2010 17-11-46

やがて、夫婦のダンスが始まった。
ほとんど身動きもとれないほどの空間なのに、
それを感じさせない。
スピードあふれるステップや回転の身のこなし、
指ではじくリズムは、
息もつけないほどの激しさ、強さ。
親の踊りを見ながら、
子どもは自然と学んでゆく。

10.04.2010 17-29-10

お姑さんが、帰り際に呼び止めた。
「 うちの亡くなったダンナの写真が、 
 ひとつしかないのよ。
 墓石にそえるのに、もう一枚作ってくれない?」

ジプシーの人たちは写真が好きだ。
数少ない写真を、大切に部屋に飾り、
嬉しそうに人に見せる。

キノコの壁絵と、最後の夫婦の姿。
思い出の詰まった写真を、しっかりとカメラに焼き付けた。

10.04.2010 17-36-00

白い馬を大切に抱いた少年。
彼らの生活に欠かせない馬。
ルーマニアの道路がほとんどコンクリートで塗り固まれても、
まだ彼らの生活の変わらない部分。
ひらりと背中にまたがって
野を駆けるその姿に、
彼ら独特のロマンを感じてしまう。

10.04.2010 19-28-22

めまぐるしく変わりゆく世の中で、
古いものに固執せざるを得ない生活。
その中に、きらりと光る美しさを見出すのは
きっと私たちだけでないだろう。


トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村




Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-05-06_07:26|page top