トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジメシュの山に暮らすおばあちゃん

ジメシュの朝は、空気が冷え冷えと張りつめる。
見ると霜がふったようで、地面の芝には朝露が光っていた。まるで季節が春の初めに戻ったかのようだ。
この村の先には集落がないので車の音がなく、鳥の声や馬車の通る音だけが聞こえる。
庭の木は、まだ白いつぼみをつけている。息子がついて早々、咲いたばかりの庭中の花を摘み取ってしまったので、寂しい感じだ。それはカンカリンと呼ばれる、小さなレモン色の花が鈴なりとなったもので、いかにも北国の野花らしいさわやかな色合いである。

食事を済ませると、エーヴァが私たちを使いに出した。
山の上に一人暮らしをしている80歳のおばあちゃんがいるというので、食べ物を届けにいく。本通りをしばらく進み、右の小道に入る。夕べ雨が降った様子で、道路は少しぬかるんでいた。目の前には家畜が通る。

Gyimes 118_convert_20080512082551

村の人はすぐに私たちがよそ者であることが分かるから、挨拶をすると「どこから来たのか。」「どこに泊まっているのか。」は必須の質問事項である。エーヴァの言うとおり、この村の住民は開放的で、よそ者に対してもいたって親切である。
こんなに閉鎖的な環境であるにもかかわらず、きれいなハンガリー語を話すことには旦那も驚いていた。それでも読み書きができる人は少ないらしく、子供の教育にしても文字というものがネックであると話していた。

しばらく行くと、大きな家の前でおじさんが仕事をしていたので、カティおばあちゃんの家を聞いてみる。おばさんは「あそこのおばあちゃんは、よく村に下りていくから留守かもしれない。」と告げた。おじさんが家から出てきて案内してくれると言う。

ジメシュに特徴的なこの木の柵、人の所有地かと思っていたら違うらしい。通りを行く人は自由に柵を下ろして、中に入ってもいいという。

Gyimes 157_convert_20080512082810

Gyimes 156_convert_20080512082849

私たちは泥道を避けて緑の原っぱを進み、やがておじさんが止まって、山の中腹にある赤い屋根の家を指差した。「あそこだよ。」80歳のお年寄りにはきついことが容易に想像できる。地上から100mほどあるだろうか。

Gyimes 158_convert_20080512081019

息子を引っ張り、坂道をひたすら登ってゆく。
また花摘みに夢中なので、なかなか前に進まない。やっとのことで赤い屋根の家に着くと、中はどうやら留守のようだ。仕方がないので、この辺を散策して待つことにした。

Gyimes 108_convert_20080512082949

さらに進むと、また柵が見えてくる。
どうしてこんなに柵が多いのか。旦那が言った。「柵の向こう側とこちら側を見てみて。ほら草の色が違うだろう。」そうだ。そういえば、向こう側は枯れた茶色をしているが、こちら側は輝くような緑である。この狭い牧草地を有効に利用するための知恵なのだ。

Gyimes 160_convert_20080512195336

山の上からの景色は美しかった。
村を足元に一望し、草に横たわってかぼちゃの種を食べる。もうそろそろ昼だろう。雲行きも怪しくなってきた。

Gyimes 172_convert_20080512080904

Gyimes 113_convert_20080512195717

またステキな花を見つけた。
濃い青は、まるでインクをたらしたかのよう。これほど色が鮮やかでなかったら、見逃してしまうほど茎の短い花である。後に名前を聞いてみたら、「やせたチューリップ」だという。やせた土地に咲く、チューリップという意味だ。

Gyimes 164_convert_20080512083220

花を摘んで、家に帰ることにした。
元の道を下って降りて、先ほど道案内をしてくれた家で会ったおばさんに、不在であったとことを告げると、「どうぞ。うちにおいで。少し食べていきなさい。」と声をかけてくれた。突然の招待に面食らったが、有難く礼を言って遠慮した。

途中おばあちゃんが何人か通ったので、声をかけてみたが違った。
そして車がやってきて、エーヴァが下りた。カティおばあちゃんがいなかったと言うと、「さっき行った人がそうよ。」という。あの小柄で、赤い頬をした陽気なおばあちゃんのことだ。どうも耳が遠かったらしい。仕方がないので、また午後会いに行くことにした。

私たちがまた外に出たのは、夕方ごろだった。
村はずれのおばあちゃんの家に着くと、大きな声を張り上げて迎えてくれた。ワインを持ってきて乾杯する。少し酸味のある微炭酸の白ワイン。ブドウが生らないこの寒い土地では、ブドウをよそから買って自家製のワインを造るらしい。だから貴重な飲み物だ。
おばあちゃんは、ジメシュのよその村から嫁いできた。子供はなく、5年前にご主人様が亡くなったと言う。一人はよくないとか、足が痛いとかいう不満も言うが、あの明るい笑顔がすぐに浮かんでくるので、全く暗い感じはない。根っから明るいたちなのだろう。

Gyimes 126_convert_20080512202330

おばあちゃんの家は、かわいらしいエメラルド色の壁面に、お手製の刺しゅうの壁掛けがカラフルである。電気もないので、ランプは石油ランプである。見ると100年ほど前にブダペストで作られたアンティークものだ。ランプには可愛いレースがかかっている。

Gyimes 128_convert_20080512195127

若い頃は、織物もしていたようで、大きなテーブルクロスを見せてくれた。ケンデルと呼ばれるヘンプ製の織物は、素朴でやさしい手触りがする。
「これに刺しゅうをしようと思ったんだけれど、もう手がかなわなくてね。これをあなたにあげる。」と言われてびっくりしてしまった。旦那と顔を見合わせ、丁寧に断った。初めて会った私に、こんなに手の込んだ大切なものを渡すなんて・・・。
すると部屋から今度は、細長いクロスを持ってきて見せてくれた。おばあちゃんが糸から紡いで作ったものだ。細かい織り模様が美しい。柄の部分は、この土地のジメシュの民族衣装にも見られる幾何学模様。端には、レース編みのバラが施されている。

Gyimes 129_convert_20080512194820

おばあちゃんはまたも私に手渡して、「こんな山の上のおばあちゃんを訪ねてくれた記念に。持って行って。」となおも勧める。
私は有難く受け取った。

ワインで軽く酔いが回った後は、おばあちゃんに古いものを見せてもらって写真に撮る。
昔使っていたという糸紡ぎ棒、ちゃんと実演して見せてくれた。

Gyimes 130_convert_20080512195014

洗濯板と洗濯叩き。昔の主婦は仕事が大変だ。今はそれに比べて、ボタン一つである。

Gyimes 143_convert_20080512195829

倉庫に埃かぶっていた、鋭く先の尖ったもの。
これは何だと思いますか?

Gyimes 142_convert_20080512195456

子牛が母親のお乳を吸わないように、子牛の口に取り付けるものらしい。母ウシはもちろん痛いので、子牛に乳を吸わせなくなるという仕組み。昔は、人も胸に唐辛子やわさびを塗ったというが・・・さすがにこれは痛そうだ。これは、旦那がおばあちゃんに頼んでいただいた。

空も暗くなり始めたので、カティおばあちゃんの家を後にした。いつかまた来ると約束をして。
一人でたくましくジメシュの山に暮らすおばあちゃん、いつまでもお元気でいて欲しい。

Gyimes 203_convert_20080512195220







Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|その他の地方の村|2008-05-12_20:02|page top

緑の王国ジメシュへ。

トランシルバニアのはずれ、カルパチア山脈の山間の地方ジメシュに行く。この旅行計画は、振って沸いたようなものだった。先のセントジュルジ祭で偶然出くわせた友人が「いつジメシュに来るの?」と聞いたので、そのままの成り行きで決定した。

私たちの電車が駅を発ったのは、午前11時。
特急なら一時間足らずで着くはずの、北の町まで2時間半の旅である。
大きなパンとハムやらチーズやらをカバンから広げ、ビチカと呼ばれる短刀で切ってその場で即席サンドウィッチを作る。これぞセーケイ風である。そして何よりも、美しい車窓の風景がご馳走。

ふんわりとした緑に包まれて、小川がうねりながらどこまでも続く。堤防もないので小川と思っていたら、旦那が「これは立派な川だ。まだ上流だからこそこんなに小さいが、下流でドナウ川に合流する頃には大淀川よりも大きくなる。」と訂正した。故郷の大淀川を思う。不思議と川には愛着を持っていて、ブダペスト留学時代も本気でドナウ川に対抗するほどの大きさだと思っていた。それにしても、このオルト川は情けないほど小さい。

いつしか電車は、コバスナ県とハルギタ県の境にあるトゥシュナードに差し掛かった。有名な保養地で、ここから山を登ればセントアンナ湖まで行くことができる。セントアンナ湖は火山によってできた透明度の高い湖で、水の中に全く生物がすんでいないという。

電車が山を過ぎてゆくと、先には広いなだらかな盆地が広がる。
これがハルギタ県だ。この辺は少し春が遅いらしく、タンポポが真っ盛り。若草色の畑に黄色がまぶしい。村には、形が整ってどっしりとした民家が並んでいる。伝統的な建造物が多いようだ。

Gyimes 078_convert_20080512083444

ハルギタというと、学生時代に何度か通ったことがあったが、どこまでも山が連なり緑の深い風景は日本のそれを思わせて、いつも懐かしさを感じる。
そのハルギタの中心地がチークセレダである。セントジュルジと同様、ハンガリー系住民が80%ほどを占めるセーケイの二大都市である。

駅に着くと、旦那によるとエーヴァたちが迎えに来てくれるとのことであった。遅れるかもしれないと断りがあったようなので、駅の前で待つ。
こんなこともあろうかと思って、密かにかぼちゃの種を隠し持っていた。このかぼちゃの種、いつかジプシーの親子が食べている姿を見て、いつかは食べ方をマスターしたいと思っていた。種をたてに持って、歯と歯の間で割ると中の実が出てくる。噛むとほのかな塩味に自然の甘みが感じられた。ただし私が不器用な手つきでするのに対し、彼らは口の中でその一切をほんの2秒ほどでしてしまうのである。

一時間ほどでエーヴァとアンドラーシュがやってきた。
チークセレダでいくつか買い物をしてから、町を後にした。村はここよりさらに寒い地方なので、夏野菜などは手に入らないからである。広々とした盆地から山にさしかかり、1300mほどまで高くなった。すると遠くにジメシュの村々が見えてきた。山と山との間にずっと細長い集落が連なっている。ジメシュの村に特徴なのは、タトロシュと呼ばれる(この名前の民俗音楽バンドもある。)小川をはさんで民家が並んでいることである。

そして、もう一つの特徴は木の柵である。裸の山にその柵があちらこちらに張り巡らされている。ここは平地が少ないにもかかわらず放牧をするため、柵をしてわずかな畑を守っているのだ。私たち日本人の目には珍しく美しいこの裸の山も、この放牧のためにできた現象だという。

Gyimes 115_convert_20080512081326

Gyimes 107_convert_20080512081150

そして民家の古く美しいこと。
薄い木の板が積み上げられた屋根は、相当年数がたっていそうだが、木の渋い味が出ていてなんともいえない。ジメシュは作りのよい木造の家が多く、そして安いことでも有名である。コバスナ県でも家を建てるより、ジメシュから運んだほうが安上がりだと聞いたことがある。

ジメシュの村をいくつも過ぎて、やがてハルギタ県からバカウ県に入る。
この辺りは1000年の国境と呼ばれる場所で、いつか私も連れてきてもらったことがある。ハンガリー人としては胸の痛む、第一次大戦前まではハンガリー王国の国境だった場所だそうだ。

その古い国境を横切ると、ルーマニア系チャーンゴーの村が多くなる。そして車がやっと本道から右にそれると、エーヴァが言った。「ここからが長いのよ。15kmのところを約一時間かかっていくんだから。」思わず耳を疑う。15kmを一時間?時速4kmということ?1時間は大げさだそうだが、40分は軽くかかると言う。

そして川に差し掛かって・・・仰天した。
建設中の橋の下を、川が流れている。大人のひざまでの深さはあるだろう。そこを車が通るらしい。車はものすごい水しぶきを上げながらも、どうにか川を渡って向こう岸に到着。どうして木の板を置くとかいう工夫ができないのだろう。

これからは、舗装のない道をひたすらゆっくりと走る。道は曲がりくねっていて、先がどれほどあるかも分からない。初めて、彼らがこの町に来たときはどれほど不安だっただろう。雪のさなかは、途中で車が止まったこともあったという。故郷の宮崎にも僻地はあるが、これほどではないと思う。

エーヴァはジメシュに住んで4年になる。いわゆる僻地のハンガリー語教師として、この地に送られたのには訳がある。
ジメシュに住む人々は通称「チャーンゴー」と呼ばれ、元々セーケイ地方に住んでいたといわれる。環境のせいであろうが、ハンガリーとルーマニア文化の混ざり合った独特の習慣、文化を持っている。ハンガリー語の損失が危ぶまれる地方の一つとして、ハンガリーがその村のハンガリー語教育を援助しているのである。

やがて民家が見え始めた。
午後に傾いた日差しが、木の柵に黒く淡い影を投げかける。薄い若草色がまばらに見える木々に、まだ春が来ていないことがうかがい知れる。この山に囲まれた土地がコーシュテレク(牡羊の土地)である。

Gyimes 154_convert_20080512081835

車が止まると、外には二階建てのメルヘンチックな家がある。
この緑の王国での宿にふさわしい。私たちはこの住んだ空気と疲れのために朝までぐっすりと休んだ。

Gyimes 093_convert_20080512083849










Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(1)|trackback(0)|その他の地方の村|2008-05-12_08:17|page top