トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春の梅雨と「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

ひとつ季節を先取りして、
私たちが再び日本の大地を踏んだのは4月の初めのことだった。
30時間の長い長い旅の終着点は、
夜の滑走路。そして、九州の小さな町だった。

満開の桜は見遅れてしまったが、
惜しげもなく淡いピンク色の花びらを落とす様を
ほのかな太陽の光を通して見つめていた。
3年ぶりの春。

たっぷりと注いだ水が、あたりを湖のように変えてしまう。
昼はどこか神秘的で静かな水田も、
夜にはカエルの大合唱がはじまり、そのコーラスは朝まで続く。
故郷の日常が、あまりにも輝かしくて、
毎日がコマ送りのようにただ流れていった。

イーラーショシュとビーズ (11)

それから、私たちを待っていたのは、
うららかな春の日差しではなく、季節外れの梅雨だった。
毎日、毎日飽きもせず降り注ぐ、
雨、雨、雨。
あふれるほどの水が大地を濡らし、
いつ空っぽになるのだろうとねずみ色の雲を眺める。

イーラーショシュとビーズ (8)

ついに天の水も枯れ尽きたと見え、
大地に太陽の光が舞い戻ってきた。
眠い目をこするようにして野の花が次々とひらいては、
光を体いっぱいに受け止める。
ぷんと甘い春の香りが、あたり一面に立ちこめた。

イーラーショシュとビーズ (10)

シロツメ草があまりに綺麗だったので、
花の冠を作り、娘の頭にそっとのせてやる。
春の王女さまが出来上がった。

イーラーショシュとビーズ (12)

休息の時間は、刻々と終わりが近づいてきて、
出発の時がやってきた。
町のネオンが灯り始めるころ、
船が沖を離れて真っ黒い海へ向けて旅立った。

イーラーショシュとビーズ (14)

大阪に4年ぶりにやってきたのは、展示会をするためだった。
今回もまた、中崎町にある小さな古民家ギャラリーを会場に決めた。
ツタの葉がからむ表口から玄関をひらくと、
小さな空間に白塗りの壁が広がっていた。

イーラーショシュとビーズ (15)

今回のテーマは、「イーラーショシュとビーズ刺繍」。
白壁の空間を、色とりどりにきらめくビーズで飾り立て、
来る夏を思わせる華やかさを表す。

イーラーショシュとビーズ

美しいものを身に纏いたい、誰しも思う欲求を
これほど強く、そして創造性豊かに表す例は珍しい。
カロタセグ、特にナーダシュ地域の人々の持つ、
類稀なる色彩感覚に酔いしれることのできる空間になった。

イーラーショシュとビーズ (5)

狭く長い階段を上にのぼると、
今度は一転して深い茶色をした木の壁が立ちはだかる。
ここには、イーラーショシュのダイナミックさがぴたりと肌にあった。
40年代に製作された古いタペストリーやテーブルクロスが圧巻の存在感で壁面に寄り添う。
そこに現代の作家による、クッションやクロス類がさらに彩りを加えていた。

イーラーショシュとビーズ (1)

年代によって、また地方によって違う図案の多様さを感じることができる。

イーラーショシュとビーズ (6)

今では作ることのない大きなテーブルクロス。
イーラーショシュの本によって、
日本からカロタセグの村へと注文ができるようになった。
こうした橋渡しを今後もしていきたいと思う。

イーラーショシュとビーズ (3)

トランシルヴァニアの空気をいっぱいに、
大阪の一空間に滞在した週末。
遠方からもお越しいただいた方々、
そして一目本物を目にしようと駆けつけて下さった方々に、
心から感謝の気持ちを込めて・・。

イーラーショシュとビーズ (4)

またこの展示は、6月半ばから末まで、
東京のあるギャラリーにてこのまま移動させていただくことになった。
素敵な機会を与えてくださった、
ANNEXの青木さんに感謝申し上げます。


comments(6)|trackback(0)|イベント|2015-05-01_12:06|page top

「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

まるでコードのような太いステッチが、
おおらかな曲線で植物模様を描きだすイーラーショシュ。

IMG_0535.jpg

何世紀もの間、母から娘へと伝えられ、
そして今も村で暮らす女性たちの手で伝統の灯が守られている。

kalotaszeg201110 523

その刺繍は、カロタセグ地方の誇りとして、
これからも人々の生活を彩りつづけてゆくだろう。

gyeromonostor2.jpg

刺繍の代わりに、きらめくビーズをこよなく愛する人々がいる。

kalotaszeg201110 058

頭の上から足の先まで、ずっしりと重い、
色とりどりのガラスの粒を身にまとう。
その輝きは、幼い少女からおばあさんになるまで
女性たちの心を魅了しつづけている。

IMG_4555.jpg

ルーマニア西部、カロタセグ地方。
太いコードのようなステッチがメルヘンの世界を織り成すイーラーショシュと
色とりどりにきらめくビーズで衣装を彩るビーズ刺繍。

その2つの特徴を生かして、今回は茶色い木目の壁面にはイーラーショシュ、
白い壁面にはビーズ刺繍と二部に分けて展示をいたします。

会期中、イーラーショシュとビーズ刺繍のワークショップを開催いたします。
展示会では、イーラーショシュ、ビーズ刺繍の現地の手仕事の販売や
さまざまなキット製品、手芸用品もお求めいただくことができます。

osaka kiallitas


「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

とき: 2015年4月25日(土)、26日(日) 12:00~19:00
ところ: 大阪中崎町 ONE PLUS 1 gallery 
     (昭和時代の古民家の一階と二階の小さな会場となります。)

map.jpg


ワークショップの日程
4月24日(金)、26日(日) 14:00~15:30 イーラーショシュ
キットG.チューリップとバラの花束のロングクロス/バッグを使用した初心者向けレッスン。)
25日(土) 14:00~15:30 ビーズ刺繍
キットA.マーガレットのリースを使用した初心者向けレッスン。)

*おかげさまで、全日程の講座は定員に達しました。ただいま、キャンセル待ちをお受付しています。

*それぞれ定員は6名様まで。
 講習料2500円+材料費がかかります。
 申し込みはこちらからお願いいたします。

*DMをご希望の方には郵送でお送りいたしますので、こちらまで枚数とご住所をお知らせくださいませ。

*会場へお越しになる方々へ
4/24(土)、26(日)の二日間の展示会となりますが、
ワークショップの開催される14:00~15:30だけは、二階の展示室にはご入室できません。
小さな会場ですので、この間は一階でお待ちいただくことになりますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

comments(1)|trackback(0)|イベント|2015-03-20_05:23|page top

カロタセグのきらめくビーズ刺繍展

「5月の雨は黄金に等しい。」とハンガリーのことわざにある。
今年の春から初夏にかけて、
毎日のように黄金の雨が降り注いでいる。

去年より一か月遅れて訪れた、イースター。
つややかな緑色がなだらかな丘を覆っていた。

IMG_4743.jpg

この大地に春をもたらすのは、
極彩色ときらめくビーズで縁取られた祝日の衣装。
その晴れ着はこの時とばかりに、
少女の美しさをさらにみずみずしく引き立てる。

kalotaszeghusvet7.jpg

色とりどりのビーズが輝く帽子飾り「ボクレータ」は、
もともとは少女が想う若者のために贈った花飾りだった。

IMG_4957.jpg

80歳をすぎたおばあさんも、まるで16歳の少女のように
ビーズの輝きに魅せられている。

kalotaszeg201110 084

小さな四角の中に、花が咲き乱れ、鳥がささやく
おとぎ話さながらの世界が紡ぎだされる。
その皺だらけの指先で、ひと針、ひと針丁寧に描かれてゆく。

IMG_4361.jpg

教会で晴れて成人とみなされた若者たち。
その頭には王冠のように、気高く輝くボクレータがある。

IMG_4537.jpg

信仰を受け入れて、祝福を受けた少女たち。
純白のビーズでできた冠「パールタ」が、可憐な姿にふさわしく寄り添う。

kalotaszeg husvet11

むせ返るような色と、柄と輝きと。
ナーダシュ地方の衣装は、力強く、華々しい美しさを投げかけている。

IMG_4610.jpg

「カロタセグのきらめくビーズ刺繍展」
2014/6/14(土)-29(日)
MOORIT(東京丸の内KITTE内)


トランシルヴァニア(ルーマニア)の西の果て、のどかな田園風景が広がるカロタセグ地方。
ここでは、色とりどりの輝くビーズに魅せられた人たちが、きらめく衣装に身を包み、
昔ながらの生活を大切にしています。ビーズの冠に、帽子飾り、エプロンにベスト・・。

花々がかぐわしく咲き乱れ、小鳥たちがさえずる、
おとぎ話さながらのイメージが針とビーズで紡がれてゆく。
女性から男性へ愛の贈り物として捧げられた帽子飾り「ボクレータ」をはじめ、
現代にまで受け継がれるビーズの品々をご覧下さい。
また、カロタセグ地方を代表する刺繍イーラーショシュのクロスや枕カバー、
絵付けのイースターエッグも展示します。


MOORIT tenji

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|イベント|2014-06-09_08:34|page top

2014年の始まり

娘と二人きりの長い長い旅が終わり、
私たちを待っていたのは冬まっさかりの風景だった。

霧はすべてを凍らせて、
あらゆるものを丹精な銀細工に変えてしまった。
白い景色を、まばゆいばかりに太陽が照らし出す。
厚いガラス窓を通して見えるものすべてが目新しかった。

IMG_0640.jpg

小さな氷の粒が結晶となって、葉や枝にはりつく。
雪景色の見事さに、手がかじかむのも忘れてしまう。

IMG_0644.jpg

ふだん見慣れた町の風景も、雪の魔法で光り輝いて見える。

IMG_0645.jpg

今年のクリスマスは、炭酸水通りの家で穏やかに過ごすことに決めていた。
一ヶ月、お留守番をしてくれた息子と旦那は、
家族で過ごす休暇を心待ちにしていた。

IMG_0686.jpg

普段は暗く締め切った家も、
この時ばかりは明かりを灯したかのように生き生きとしている。
モミの木を運び込んで、
毎日薪をくべに旦那が通ったおかげで
血が通ったかのように暖かく、快適になった。

クリスマスの秘密を知ってしまった息子が、
今年は初めて自分でツリーを飾ることを引き受けた。
午後の日差しが差し込む中、
何か大切な儀式のように箱から一つずつ
飾りを取り出してはモミの木に巻きつけ、引っ掛けていく。
こうして出来上がったクリスマスツリーは、
我が家にとって最高の贈り物となった。

IMG_0737.jpg

クリスマスの素晴らしさは、宗教的な記念日でもあるのだが、
それまでもらう側だった者が、
与えることを喜びと感じるようになることにもある。
これからは、兄が小さな妹のために
天使の魔法をかけてあげることができるだろう。

IMG_0706.jpg

クリスマス休暇は穏やかに過ぎていった。
足早に大晦日がやってくると、
友人たちからその年最後のパーティへ誘いがかかる。

まず家族同然のつきあいのブラーガ一家と過ごすためにカールノクへ。
ガチョウのスープやグリルのご馳走を頂いたあと、
午後5時に日本時間の新年を祝うためワイングラスで乾杯。
夜9時頃までゆっくりしてから、
今度はビクファルヴァの友人宅へと車を走らせる。

その日は、他にも同じ村に住む友人一家が来ることになっていた。
すでにパーティが始まっているのかと思っていたら、
まだ手つかずの食卓と優しい家族が待っていた。

IMG_0770.jpg

小さな子供二人が病気をしたようで、急遽来られなくなったという。
午後10時、奥さんの故郷ロシアのウドムルト時間を待って
家族といっしょに新年を祝った。
小さな部屋二つだけの家。
明かりの灯った食卓を囲んで、二つの家族が集う。
それだけで、もう何もいらないほどの満足感でいっぱいになる。

IMG_0772.jpg

それから深夜が迫ると、子供さんが病気の友人宅へ皆で歩いていく。
子供が小さい時の病気の辛さは、私たちも経験済みなのでよくわかる。
ひっそりと静まり返った家に、
今度は私たちが喜びを運んであげよう。

ついに0時を切った。
「明けましておめでとう!」
シャンパンの泡が勢いよく弾むグラスをカチンと鳴らして、
口々に皆がそう言う。

今年一年に起こったさまざまなことをすべて洗い流して、
私たちは再び新しいスタートを切る。
そのまま1時間経ったので、ついでに
ブダペスト出身の友人のためにハンガリー時間の新年も祝った。

道すがら、帰省中の友人の扉をたたいて寄り道をしたあと、
友人宅で眠りについたのは深夜4時だった。
ぐっすりと深い眠りを遮ったのは、
夜が明けて娘が目覚め泣く声だった。
こうして、私たちの一年もまた始まるのだ。


Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|イベント|2014-01-10_05:53|page top

「イーラーショシュとカロタセグのきらめく伝統刺繍」展を終えて

娘と二人きりの里帰りの旅。
その幕開けはパリだった。
「羽田へ向かうお客さま、どうぞご搭乗ください。」

その声にはっとしたのは、
私が思い描いていた到着先と微妙に違ったからだった。
母はその日、すでに成田空港付近のホテルに待機し、
今か今かと私たちの到着を待っている。
どうにも連絡のつきようがなく、
そわそわした気持ちでシートベルトを締めた。

娘の鳴き声に耐えられなくなり、
暗く狭い通路を行ったり来たり・・。
時に歌い、時に全身ゆりかごとなりながら。
12時間のフライトがやっと終わろうとしたとき、
窓の外には群青色の空、
ぼんやりと白くなだらかな山が迎えてくれた。

やがて、東京駅八重洲口で
リムジンバスが止まると娘と母の初めての対面となった。
ボストンバッグを23キロのスーツケースの上に載せ、
背中に大きなリュックを背負って行く。
母はベビーカーに娘を載せて運ぶ。
こんな労働が苦にならなかったのも、
再会の弾んだ空気のせいかもしれない。
15分ほどで新富町の会場についた。

ANNEXとの出会いは、
去年の春のことだった。
大学時代の親友が「ぜひ紹介したい人がいる」というので
映画の試写会に参加することになった。
青木さんはやさしい眼差しの中に、
大きく包み込むような何かを持っている方。
半分お客様、半分お手伝いのスタッフのように
暖かく迎えていただいた。

どこを見ても同じような灰色のビルが立ち並ぶ町の一角に、
ひとつだけ変わった建物がある。
真っ白な壁面に青々と蔦が生い茂る。
そこに足を踏み入れるだけで、
ほっと心が安らぐようである。

annex1.jpg

青木さんと母と三人でお茶をのみ、
一息ついたあと搬入に取り掛かる。
たくさんの方の助力のもとで、
白い壁が一つ、また一つと埋まっていき、
ふと息がかかったようにカロタセグの色に染まった。

うららかに晴れた日は、勝どき橋をわたって、
隅田川の堤防を散歩して会場へと向かう。
この非日常を楽しみながら、
母は「この10日間は神様がくれたもの。」という。

annex2.jpg

会場は3つの部屋に分かれる。
二階は、住まいの空間。
枕カバーにベッドカバー、タペストリーなど。
住空間を彩るための品々が、カロタセグ地方では
今も「清潔の部屋」と呼ばれる一室に収められている。

DSC00255.jpg

美しくしつらえられた「飾りベッド」は、花嫁道具の象徴。
刺繍や織り、レースなどの様々な技術をほどこしてできた中に、
人々の美意識が息づいている。
(本来なら、赤は祝いや若さを、黒は喪や老いを表すのだが、
ここではやむを得ず色が混ざっている。)

DSC00253.jpg

おばあさんのアトリエをイメージして、
イーラーショシュの図案のための型や油紙を置いた。

DSC00260.jpg

一階のガラス張りの部屋は、
トランシルヴァニアを代表する刺繍イーラーショシュ。
おおらかな曲線でふちどられた植物が
赤や黒、青、白の単色で刺繍される。

DSC00267.jpg

手作りキットのための見本と、
文化出版局「イーラーショシュ」のための作品見本が
モダンな白い空間にすっきりと映える。

DSC00270.jpg

そして、エントランスの木目を生かした空間には、
きらびやかなカロタセグの衣装が並べられた。
最も刺繍の美しいブラウスとエプロンをはじめ、
スカーフやボンネット、ベストに手編みの服、リボンなど。
飾り装うことをこの上なく好む、
カロタセグの精神が宿るような品々を選んだ。

全く疲れを感じずに9日間の会期を終えられたのは、
さまざまな出会いがあったから。

新しい世界に触れること、
手仕事の素晴らしさを発見すること、
さまざまな人がいるということ・・。

出発前の慌ただしさで案内状も送ることができず、
気がかりでいながらも、
その人たちがわざわざ会いに来てくれたということ。

DSC00313.jpg

ハンガリー文化を愛する人、
ルーマニアという国を愛する人、
刺繍をすること、見ることが好きな人・・・。

さまざまな縁で結び付けられた人たちが、
再びどこかで集い、会話に花を咲かせ、
何かを感じることができる場。
そういうきっかけになれば幸いだと思う。

DSC00314.jpg

次はあなたの住む町へ
この品々を運んで行くことができるだろうか。

会場に足を運んでくださった方々、
気にかけブログを覗いてくださった方々、
この展示を手伝ってくださった方々に心からの感謝の気持ちを込めて・・。

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(14)|trackback(0)|イベント|2013-12-28_06:15|page top